menu

全てをデータ化! 製造監視システム

IoT

IoTとビッグデータは食品業界にも大きな影響を与えています。特に食品会社のKing’s Hawaiianは生産の効率化を実現し、成功している一例として有名です。今回はその生産の効率化を達成することのできたシステムと成功要因のご紹介をしていこうと思います。

導入したシステムの概要

今回、食品会社King’s Hawaiianが導入したシステムはパン工場の従業員の行動を監視するシステムです。その収集されたデータをもとに製造機械の潜在的なダウンタイムを短縮し、メンテナンス費を削減することができました。ダウンタイムとは機械が故障で製造がストップし、また稼働することができるまでの時間です。そのため監視システムを導入することで何が原因で故障を起こしたのかを判断することが容易になり、修復までの時間があまりかからないのです。

問題点

このシステムは簡単に言えば工場内を隅から隅まで監視し、それをクラウドに送り、分析すると言う感じなのですが、これはプライバシーの面でどうなのかと言う声もあります。しかしこれは勤務中の監視のためその問題はクリアかと思われます。簡単な例としてコンビニエンスストアは監視カメラで無数の方向から監視されていますが、プライバシーの問題になったことはないですよね。

ここからの進化

このいわば製造の監視システムはこれからさらに多くの機能を搭載する予定です。それは温度と湿度の計測です。これはパン作りという特殊な環境だからこそ生きる機能です。それはパンというのは製造過程において温度と湿度の影響を非常に受けやすい食品です。そのため製造過程で触れる温度や湿度をコントロールすることでパンの味が良くなり、更なる付加価値を生み出すことができるようになるのです。

まとめ

今回は製造過程での効率化に関わるIoTをご紹介しました。製造過程の効率化は製品の品質の向上にもつながる上に従業員を正当に評価する指標にもなります。昔は仕事中に監視されるのを嫌う人が多かったですが、現在はもはや自分から情報を発信することもあるくらいオープンな世界になってきています。そのため監視システムというものが自らに害悪なものではないことをしっかりと認識している人々が増えてきたというのはこれからの監視系IoTの伸びを期待させる予兆ではないでしょうか。そして製品の品質が上がり、たくさん売れるようになれば従業員たちも達成感が得られ仕事への前向きな気持ちにもつながると思います。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

今注目を集めるVRの癒し効果。「Guided Meditation VR」ほか

大混雑の待ち合わせスポットを仲間内だけで共有。ARアプリ「Myハチ公」

関連記事

  1. SKULLY AR-1|リアビュー・カメラ搭載で前後360°の視…

    デロリアン・モーター・カンパニー社からリリースされているのが、ヘルメット型のウェアラブルデバイス「S…

  2. IoTで安定した都市生活をサポート。カナダの電力会社BC Hyd…

    少し古い話にはなりますが、2003年8月にアメリカとカナダで発生した大停電を覚えていますか? 発生当…

  3. Cinder Sensing Cooker|「熱」のコントロール…

    フレッシュな素材の活かす低温加熱調理法として注目を集める真空調理機能に加えて、内臓センサーによる精密…

  4. 赤ちゃんの癖を学習して、目覚める時間を予測。 忙しい育児をサポー…

    「Sproutling Baby Monitor」は、赤ちゃんの足首にベルト型のデバイスを巻くことで…

  5. HiSmart|スマホを取り出すことなく、通話やSNSに対応。 …

    バッグを肩にかけたまま内蔵マイクで直接通話したり、SNSに接続したり、カメラで撮影したりできる、ユニ…

  6. Sengled Pulse|スマホで部屋の明かりをコントロール&…

    中国・鎮江市を拠点として活動するSengled社からリリースされているのが、音楽プレーヤーと照明の機…

  7. スマホアプリで朝の一杯を注ぐ。Bluetooth対応のコーヒーマ…

    ホームセキュリティや高齢者介護など、IoTが私たちの身近な生活に根付き始めています。そうしたなか食品…

  8. NinjaLock|ビジネスの利用も可能な考える鍵

    スマートロックという鍵を聞いたことがあるでしょうか?自宅の鍵の上からかぶせるように使う遠隔で…

PICKUP

PAGE TOP