menu

ID、パスワードにおける怖い話

MARKETING

みなさん、パスワード使ってますか?使ってますよね…。すみません、言いなおします。

「同じパスワード、使い回してないですか?」

もしあなたが少しでも心当たりがある場合、その習慣をすぐにやめた方がいい理由をこれから述べます。インターネットサービスにおいて、IDとパスワードは個人を識別する最低限の情報です。多くの場合、IDがメールアドレス、パスワードが任意の英数字というパターンでしょうか。最近はあまり簡単なパスワードを設定しようとするとサイトから「簡単すぎます。もっと複雑なものに変更してください」と警告され、一見、安全性が高いような気がしますよね。

「パスワードは長くすれば安全!」

という知識のもと、自分でほどよく長い、数字や記号の混じったいいパスワードを思いついたとします。せっかく思いついたのだから、いろんなサイトでこれを使い回してもいいのでは?確かに使い回しているけれど、全然関係のないサービスだから、いいでしょう?本当にそうでしょうか?

無料ソフト、無料サービスの危険性
ネット上にはいろいろな便利なサービス、ソフトウェアがあります。その多くが無料で提供されています。なぜそれらのサービスは無料で提供されているのでしょう?もちろん、開発者の多くは善良で、奉仕の精神で素晴らしい機能を提供している場合もあるでしょう。しかし、表向きは善良な顔をして、知らぬ間にウィルスやスパイウェア、迷惑ソフトのインストールを促すものが多いのも事実。そのようなサイトに大切なパスワード情報を預けてしまっていいのでしょうか?もしかすると、それらサービス、ソフトウェアの真の目的はあなたがふだん使い回している「IDとパスワードのセット」を盗み取ることかもしれないのです。このとき、該当のサービス、ソフトウェアそのものは悪さをしないので、わたしたちは気づきません。クラッカー(コンピュータ犯罪者)は、IDとパスワードのセットを使って、別のサイトにログインを試みるかもしれないのです。

もう一つの危険。失効ドメイン
あなたがもし、自分のドメインを持ちサイトを運営している場合、そのドメインが失効しないように注意しなくてはなりません。IDとして電子メールを使うことが多いわけですが、ドメインが失効してしまうと、「バックオーダー」や「スナップ」というサービスによって、あなたがまごまごしているうちに第三者にドメイン名を乗っ取られてしまう可能性があります。この場合、「あなたのドメインを買い戻しませんか?」と、高い料金を請求されたり、そのドメインに届くメールは新しい第三者に全部丸見えになってしまう恐れがあります(catch allという設定ですべてのメールを受信できてしまいます)。こうなってしまうと、「使い回し」どころの問題ではありません。電子メール認証だけでパスワードをリセットできてしまうサービスも多いのです。

防御法
ここは基本にもどって、毎回自分でも忘れるくらいの難しいランダムなパスワードを考えてサービスごとに使い分けましょう。多くのサービスには「パスワードを忘れた場合はコチラ」というリンクがあります。パスワードがわからなくなったら、毎回、この機能を使えばいいのです。「無料でありがたい機能を使わせてもらうためのほんの少しの苦労」が、あなたのインターネットライフをずっと安全にすることができるということをぜひ心に留めておいてください。そして、もう一つの危険性についても是非ご注意を!これを防ぐには、携帯電話ショートメールなどを使った3点認証を心がけるなど、別の対策が必要です。

Webマーケティングに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

SQLiteをつかってみよう

関連記事

  1. BLEBeacon専用アプリケーション外注までの5つのステップ

    モジュールに近づくことでポップアップ通知がパッと表示され、お得な情報やクーポンを配信出来るBLEBe…

  2. アパレル業界に新しい風を起こすAI技術

    今回紹介するのは「choosy」というサービスです。サービスの立ち上げは2018年7月24日を予定し…

  3. カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(後編)

    カスタマージャーニーマップを作成する際は、全体を6つのステップに分けて進めるのが効果的。なかでも大切…

  4. ブロックチェーンの本質とは?

    仮想通貨への注目とともに、耳にすることが多くなったブロックチェーンという言葉ですが、その本質はしばし…

  5. 女性の顔をAIで数値化する「魅力工学」とは?

    今回は、東京大学工学部で行われている興味深い研究を紹介します。その研究とは、AIが女性の顔魅力度を数…

  6. 多すぎる選択肢もユーザー離れの原因に。直帰率に影響する要素(2)…

    直帰率を下げるためには、ファーストビューと表示速度を改善して、ユーザーのニーズに合った情報をよりスピ…

  7. 直帰率を改善する具体的なメリットとは?

    直帰率と離脱率の明確な違いを理解したうえで、Webサイト制作やリニューアルの前にきちんと整理をしてお…

  8. マーケティングの歴史と「マーケティング3.0」(前編)

    近年、ビジネス系メディアなどで取り上げられることが多いのが「マーケティング3.0」という言葉。頻繁に…

PICKUP

PAGE TOP