menu

意外と効果あり!リターゲティング広告

リスティング広告

マーケティングの代表的な手法として、誰でもリスティング広告と応える方が多いと思います。確かに代表的な手法には違いありません。しかしながら、費用対効果といったメリットを考えると、リターゲティング広告の方が断然費用対効果が良いことをご存知でしょうか?なぜ、リターゲティング広告が良いかということを含めて紹介します。

リターゲティング広告が重要な理由

リターゲティング広告は、見込み客への再PRが可能なマーケティング手法ということはご存知だと思います。具体的な数値としては、ホームページに訪問した全体数のうち98%は、製品購入まではされずホームページを離脱しています。また、製品の購入をした顧客2%のうち、40%の顧客はホームページに複数回訪問して購入までに1週間以上検討していることがあります。

このような状況の中では、「ホームページに複数回訪問」をする訪問者を増やすことが重要であり、それらの訪問者をターゲットとして販促することができる唯一の手法になります。

リターゲティング広告のメリット

重要な理由がわかったところで、リターゲティング広告のメリットを紹介いたします。

コンバージョン率が高い

リターゲティング広告は、リスティング広告に比べ、コンバージョン率が非常に高いものになっています。理由は明らかです。リスティング広告は検索連動型広告でターゲットを限定しているとはいえ、興味がないユーザにも広告を出しています。リターゲティング広告は、一度でも興味を示したユーザということで、再訪問率や検討しているユーザ数が多いため、購入率も高くなっています。

ターゲットリストを収集でき、その他に活用ができる

リターゲティング広告は、クッキーなどを利用した広告であるため、再訪問の可能性があるユーザを具体的にターゲットしています。このようなターゲットのリストはマーケティング面で貴重な情報ですが、リスティング広告以外のマーケティングにも活用することができます。

リピート販促でも効果あり

リターゲティング広告は、一度製品・サービスの購入を促すだけではありません。既に一度活用している「顧客」という位置づけで、期待した製品・サービスの価値を持続している理由から、関連製品・関連サービスといった違う商品を勧めたり、追加購入を促すことにも活用ができます。

失敗例と解決策

失敗例と解決策

重要な理由やメリットなど、良い部分を紹介しましたが、失敗などのデメリットもあります。リターゲティング広告のデメリットは、「広告配信が多くてしつこい」場合です。皆さんも経験があるかもしれませんが、毎日毎日同じ広告が表示されると、二度とみたくないと感じるはずです。では、このようなデメリットの解決策はあるのでしょうか。一般的には、以下の解決策を併用して解決しています。

解決策:コンバージョンしたユーザリストと分ける

良くありがちなこととして、コンバージョンしたユーザにも再三広告配信している場合があります。そのような失敗をしないために、コンバージョンしたユーザリストと分けて、広告配信をする必要があります。

解決策:フリークエンシーキャップを利用する

リターゲティング広告では、「フリークエンシーキャップ」という機能があります。広告を出す頻度が調整できる機能です。表示回数の上限を、日・週・月単位で設定できますので、適度な配信設定が必要です。

解決策:ホームページの到達ページにより潜在顧客をリスト化する

「問い合わせフォーム」や「資料請求ページ」まで到達したユーザといった、あと一歩というユーザは意外に多い可能性があります。ある意味では潜在顧客になりますが、このようなユーザもリスト化して、ターゲットを絞った広告配信が必要です。

リターゲティング広告の事例

事例をいくつか紹介します。

リターゲティング広告の購入者リストを検索連動型広告にも活用する

某ゲーム機製造・ソフトウェア販売のオンラインサイトでは、リターゲティング広告の購入者リストを検索連動型広告にも活用しています。通常の検索連動型広告をする場合に比べ、企業や製品に対する価値を持っているユーザであるため、検索キーワードで違った製品・サービスを宣伝することができ、再購入を促し長期的ファンにすることが可能です。

再購入に役立てる

某ファッション系オンラインサイトでは、リターゲティング広告で購入されたユーザのリストを保持しています。購入後からの日数で1~90日の対象を外し、3ヶ月毎の季節商品などをPRして、再購入を促し、売り上げアップを実現しています。

まとめ

リターゲティング広告をする企業が増えてきましたが、まだまだリスティング広告の方が多いままです。広告コストを抑え、的確なターゲットユーザを捕まえるには、一番効率・効果が良いリターゲティング広告です。リスティング広告よりもコストをかけずに広告を出すことができますので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。

リスティング広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Webサービスで攻めるためのマーケティング視点

子どもに迫る危険を家族全員に通知。 世界最小クラスのGPSを搭載したスマートウォッチ「hereO」

関連記事

  1. エリアマーケティングにリスティング広告を活用!キーワード入札の注…

    企業や販売店舗に加えて、税理士や行政書士、歯科医、整骨院、マッサージといった、地域に密着したサービス…

  2. 知っておきたい商材&サービスとの「相性」

    自社の商品やサービスの特徴を突き詰めて考え、Web上に明確な着地点を設けたうえで出稿することがリステ…

  3. キーワード選定のポイントとなる「目的」&「役割」

    実際にリスティング広告を利用するにあたって、最初のポイントとなるのがキーワードの選定です。自社のサー…

  4. リスティング広告の運用担当者が陥りやすい3つの落とし穴(前編)

    3~4年にわたってリスティング広告の運用を続けていると、おのずと必要な作業が見えてきます。経験豊富な…

  5. サービス開始から約14年。変化し続けるリスティング広告の「今」(…

    2002年のサービス開始以来、Webサイトへの重要な集客手段として多くの企業に利用されているリスティ…

  6. より多角的なアプローチを実現するキーワードアドバイスツール

    リスティング広告運用の基本ともいえるキーワードの選定と広告文の改善。そのアプローチの可能性をさらに広…

  7. 相乗効果も期待できるキーワード運用改善

    リスティング広告は「運用型広告」とも呼ばれるように、キーワードの選定や予算設定、広告文・ランディング…

  8. 検索クエリ活用によるコスト削減&マッチング向上

    ユーザーの等身大のニーズとも言える検索クエリを分析することは、広告サービス運用の枠を超えてWebマー…

PICKUP

PAGE TOP