menu

被リンクの種類と効果的な獲得方法

SEO

一部のSEO業者による人口リンクは別として、SEO対策における被リンクの重要性は今も昔も変わりません。ユーザーからの評価にもとづいて貼られたナチュラルリンクは、Googleをはじめとした検索エンジンがページを評価する基準になりますし、解析ツールを使って少しリサーチしてみれば、検索上位を獲得しているページほど良質なナチュラルリンクを多く獲得しているのが分かるでしょう。

Webページが獲得できる被リンクにはどういった種類のものがあり、獲得するためにはどんな方法が効果的なのでしょうか? あらためてご紹介したいと思います。

引用元の紹介など、第三者からのリンク

一般的なWebサイトで最も多くなるのが、参考サイトや引用元の紹介として第三者からリンクが貼られるケースです。リンク元は個人のブログやキュレーションメディアが多く、「初心者向けの○○解説」や特定のテーマに沿ったノウハウ記事にリンクが貼られやすい傾向があります。

また、第三者からのリンクを獲得するために効果的とされているのが、市場調査やアンケートを元にしたいわゆるリサーチ系ページです。リサーチ系ページにはランキング形式やインフォグラフィックなどの手法がありますが、いずれもデータの客観性が肝になります。

SEO対策としてリサーチ系のページを作成する時は、見せ方とあわせてアンケートが実施された期間・対象・調査方法をできるだけ詳しく明記するようにしましょう。

SNSからのリンク

FacebookやInstagramなどの普及にともない、SNSからリンクを獲得するケースも増えています。現状では「はてなブックマーク」以外のSNSからの被リンクに直接的なSEO効果はないとされていますが、言うまでもなくSNSの特徴は拡散力の強さ。Facebookなどからのリンクによってページの認知度が急速に高まり、結果的に人気ポータルサイトからのリンクを得られることもあるでしょう。

SNSでは時事ネタが好まれる傾向があるので、SNSからのリンク獲得を狙うなら、記事の見出しをニュース風にしたり、タイムリーな人物・事象をキービジュアルとして使ったりするのが効果的です。

同じ企業グループからのリンク

意外と見落とされがちなのが、同じ企業内で運営されているWebメディアやコーポレートサイトからのリンクです。直接的なSEO効果こそ薄いものの、関連サイトから被リンクを得ることでユーザーへの窓口が広がり、後々のトラフィックの向上に貢献するケースも多いでしょう。

企業によってはWebメディアごとに運営部署が分かれていて連携が不十分なケースもあります。まずは社内資料などを参考に社内の他メディアを確認してみるのもいいかもしれません。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原因&対策_後編

ブロックチェーンの本質とは?

関連記事

  1. ロングテールSEOにおけるキーワードの選定とコンテンツ制作のコツ…

    ニッチなキーワード(ロングテールキーワード)に沿って質の高いコンテンツを公開し、Googleなどの検…

  2. コンテンツの公開だけでは不十分?拡散に使いたい3つの手法

    コンテンツSEOではコンテンツの質を高めることとあわせて、公開したコンテンツの拡散も大切です。時間と…

  3. Web担当者なら知っておきたいスパムリンクの見つけ方&Googl…

    Googleはパンダアップデートやペンギンアップデートの更新を繰り返し行い、人工リンクをはじめとした…

  4. プレスリリースや「リサーチ系」のメリットを活用したコンテンツ拡散…

    良質なコンテンツによってユーザーからの評価を獲得し、検索上位の獲得を狙うコンテンツSEO。以前の検索…

  5. 動画SEOにおける「字幕」の効果

    スマートフォンや動画チャンネルが普及にともない、多くの企業が取り組み始めている動画SEO。世界中で1…

  6. SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです

    SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです。この状況で競合するサイトに勝ち続けるには計画が最…

  7. 意外と知られていない?検索順位の正しい確認方法

    SEOにおいては、Googleの「キーワードプランナー」などを使って事前に改善効果をシミュレーション…

  8. 世界中のWebサイトを回遊&情報収集する「クローラー」

    自社サイトの改善を通じてオーガニック検索の検索順位を高めることで、コストをかけることなく集客に結び付…

PICKUP

PAGE TOP