menu

よりスピーディに分かりやすく。大手企業2社のインフォグラフィック動画活用事例

制作

グラフ、文字、イラストを組み合わせることで、データを視覚化するインフォグラフィック。ビジュアルと数字で直感的に情報が伝わるため、リサーチ系サイトはもちろん、オウンドメディアや採用サイトなど幅広いWebサイトで取り入れられています。そうしたなか最近増え始めているのが、インフォグラフィックと動画を組み合わせたコンテンツです。大手企業3社の事例をご紹介します。

3分でわかるマクロミルの事業

大手リサーチ企業マクロミルの事業内容を説明する動画です。ソリューションの紹介から事業戦略、実績、クライアントの業界まで幅広いトピックに触れていますが、インフォグラフィックによって情報がコンパクトにまとまり、わずか4分足らずの動画で事業のアウトラインを知ることができます。

サイトの構成が一辺倒になりやすく他社との差が打ち出しにくいコーポレートサイトも、こうしたコンテンツを取り入れることでひと味違ったものになります。リニューアルを行う際は検討してみるのもいいかもしれません。

カロリーメイトWeb Movie|3minutes Calorie Mate

大塚製薬がカロリーメイトのプロモーション用に公開したインフォグラフィック動画です。1日に必要な栄養素や活動に伴う消費量、カロリーメイト1本のカロリー量といった情報がシンプルなインフォグラフィックで表現され、リズミカルに展開されます。

動画全体のトーンが商品パッケージと同系色にまとめられているのもポイントかもしれません。女性の自然体のナレーションと相まって、さりげなくカロリーメイト「らしさ」が演出されています。

デフォルメしたイラストとグラフを使って情報をシンプルに見せるインフォグラフィック動画だからこそ、ブランドや商品を印象づけるためにはこうした工夫も大切になってくるのかもしれません。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原因&対策_前編

Webページの統一感がUP。クリック率改善も期待できるグリッドデザイン

関連記事

  1. フラットデザイン化に使える無料アイコンのダウンロードサイト

    ページの表示速度アップやレスポンシブ対応、アピールしたい要素を強調できることなど、さまざまなメリット…

  2. Webサイトに動画コンテンツを取り入れるメリット&実際の制作費

    Youtubeをはじめとした動画配信プラットフォームが普及し、スマートフォンで場所・時間を問わず動画…

  3. Webページの目的に合わせて意識したい「ジャンプ率」とは?

    スクロールに合わせて時間差でコンテンツが表示されるパララックスデザインなど、常に進化し続けているWe…

  4. フォントひとつでバナーの印象は変わるー。訴求ポイント別のバナーの…

    スマートフォンが普及して時間・場所を問わずWebサイトに接触できるようになったいま、多くのユーザーが…

  5. ランディングページ制作に携わるなら知っておきたい、行動心理学の4…

    訪問したユーザーを納得させ、具体的なアクションに導くことが求められるランディングページ制作。Webデ…

  6. Webサイトのプランニングに活用できる「マインドマップ」(後編)…

    1つの主題から関連するキーワードやイメージを放射状に書き出していくことによって、複雑な概念や情報を分…

  7. Webサイトのコンテンツをどう見せるか。共有・拡散されやすい3つ…

    Webサイトのコンテンツは内容に加えて「どう見せるか」、「どう届けるか」という視点も非常に大切です。…

  8. 購買率が1.68倍UP。ECサイトに取り入れたい「短め」デモンス…

    企業のメッセージやブランドの価値観を伝えるブランディング動画とあわせて、動画マーケティングに取り組む…

PICKUP

PAGE TOP