menu

悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原因&対策_後編

SEO

ページの内容の全てまたは大部分が同じでURLだけが異なる重複コンテンツ。検索エンジンに重複コンテンツと見なされるとページの評価を大きく低下し、いくら内部・外部SEO対策を施しても高い効果は得られません。

コピーや無断引用やもちろんNGですが、サイトのリニューアルにともなって悪意がないにもかかわらず重複コンテンツが生まれてしまう場合もあります。前回ご紹介した意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原因に沿って、それぞれの対策をご紹介します。

URLが混在する場合

URL末尾の「index.html」や「.net」の違いなど、サイトのリニューアルによって内容が同一の複数のURLが混在してしまうと、重複コンテンツと見なされて検索順位が低下します。さらに複数のページが公開されることによって被リンクが分散し、適正な評価を受けられないこともあります。

こうした場合、まず行うべきなのは301リダイレクトです。301リダイレクトの方法は別の記事でも紹介しているので詳細は省きますが、htaccessファイルを作成してリダイレクト先を指定することによって、検索エンジンにページが移転したことを示し、重複コンテンツと見なされるのを避けられます。

どうしても複数のURLを運用したい時など、301リダイレクトが使えないのならcanonicalタグを使いましょう。Canonicalは正規のURLであることを示すタグ。クローラーを回遊させたいページのhead要素に(※○○○はURL)と記述することで、インデックスの対象であることを示せます。

PC用ページとスマホ用ページが混在する場合

前述のcanonicalタグと、alternateタグをあわせて利用します。PC用ページのソースに(※○○○はスマホ用ページのURL)、スマホ用ページのURLに(※○○○はPC用ページのURL)と記述することで、検索エンジンに対してデバイス別に最適化された複数のURLがあることを示せます。

外部サイトにコンテンツを提供する場合

提供先のレギュレーションやポリシーも関係してくるので、全てコントロールできるわけではありませんが、少なくとも「提供元」などの注釈が記載されることを確かめてからコンテンツを提供した方がいいでしょう。また、自社サイトがオリジナルであることを示すために、あえて提供先へのリンクを貼らないのも1つの方法です。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

被リンクの種類と効果的な獲得方法

悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原因&対策_前編

関連記事

  1. 引用タグblockquoteに隠されたヒント

    Googleは2011年から定期的に「パンダアップデート」というアルゴリズムの変更を行っています。こ…

  2. Webサイトは最初が肝心。SEO効果を高める適切なディレクトリ構…

    企業のWebサイトでは、ページを公開した後にあらためてSEO対策に着手するケースが多いのではないでし…

  3. 他社に先行して商品ページを公開→アクセス数約860%UP。pho…

    SEO対策では、人気の高いキーワードほど競合も多くなり、検索上位を獲得するのが難しくなります。また、…

  4. 検索エンジンに評価されるために。SEOライティングの2つのコツ_…

    「良い記事だと思って公開したのに、上位に表示されず、アクセス数も伸びない」、「検索エンジンの評価の基…

  5. ニッチなキーワードで検索上位を狙う。ロングテールSEOの特徴・仕…

    Googleのパンダ・アップデートなどによって検索エンジンのアルゴリズムはより複雑になり、短期間でS…

  6. SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです

    SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです。この状況で競合するサイトに勝ち続けるには計画が最…

  7. 検索エンジンに評価されるために。SEOライティングの2つのコツ_…

    オウンドメディアを運営している企業の担当者が頭を悩ませることも多いブログや記事の作成。検索エンジンに…

  8. 「ユーザーの評価=検索エンジンの評価」という考え方

    Webマーケティングの集客手段としてSEOを活用するには、検索エンジンの仕組みについて正しく理解する…

PICKUP

PAGE TOP