menu

競合分析の基本中の基本。Google AdWords「オークション分析」

リスティング広告

入札金額や品質スコアなど、リスティング広告はライバル他社の動向に大きく左右される広告です。勝つためにはまず土俵を知ること。リスティング広告で狙い通りの成果をあげるには、やはり競合分析は欠かせません。

キーワード検索して表示される広告を見比べたり、ランディングページのレイアウトを研究したり、競合ページのトラフィックや被リンク数が分かる解析ツールを使ったり‥、競合分析にはさまざまなやり方がありますが、より効率よく的確に行ないたいならGoogle AdWordsの「オークション分析」がおすすめです。

オークション分析とは

Google AdWordsのオークション分析は、同じキーワードの入札(オークション)に参加している他のアカウントと自社のアカウントを照らし合わせ、統計的なデータを確認できるツールです。管理画面から「キャンペーン」、「広告グループ」、「キーワード」いずれかのタブを選択し、「詳細」→「オークション分析」とクリックすると確認できます。

とりわけ注目すべきは重複率&インプレッションシェア

オークション分析では競合のドメインをはじめ、平均掲載順位や上位掲載率といったさまざまな指標を確認できますが、とりわけ注目したいポイントは重複率とインプレッションシェアの2つです。

重複率とは、自社の広告が他社の広告と同時にインプレッションを獲得した割合を示すもの。例えば重複率が「33%」なら、自社の広告が表示された3回に1回の割合でその広告も同時に表示されていることになります。

見方はさまざまですが、一定期間をウォッチして平均的な重複率が60%を超えるようならそのアカウントは紛れもない競合です。広告文でどういった違いが出せるか、コールアウトを利用しているか、ランディングページの構成はどうなっているかなど、綿密に分析して施策を検討しましょう。

もう1つのインプレッションシェアは、実際に広告が表示された回数を、表示される可能性のあった回数で割った値です。この数値が高ければ高いほど広告がユーザーの目に止まる機会が多く、クリックを得られる可能性が高いことを示しています。

インプレションシェアはアカウントの状況や品質スコアによって決まり、明確な適正値というのはありませんが、広告文をいくら工夫しても効果が上がらないという場合は、インプレッションシェアに目を向けてみると、アカウントの課題が見えやすくなるはずです。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

クリック率(CTR)がスマホ広告の約30倍?VR広告の可能性

Webサイトにおけるエモーショナル・ブランディング。ユーザーの感情を揺さぶる方法

関連記事

  1. リスティング広告の費用対効果を高めるため、もう一度見直しておきた…

    リスティング広告の運用では、ツール設定や管理方法、効果測定データのミスリードなどによって、思わぬとこ…

  2. 「軸」の発見が新たなビジネスチャンスをもたらす、リスティング広告…

    長年リスティング広告の運用を続けていると、効果の高いキーワードと頭打ちのキーワードの違いが明確になっ…

  3. プレミアムポジション掲載の決め手となる改善アプローチ

    予算との兼ね合いを考慮する必要があるとはいえ、画面占有率の向上や複数のテキストリンクの設置によって、…

  4. 今さら聞けない「ロングテール」とは?正しく理解するポイント

    リスティング広告に運用を続けていると一度は目にする「ロングテール」という言葉。委託している代理店との…

  5. あらためておさらい。除外キーワードの選別と設定方法

    リスティング広告で成果をあげるためには、除外キーワードの登録が欠かせません。除外キーワードを登録する…

  6. 検索クエリ活用によるコスト削減&マッチング向上

    ユーザーの等身大のニーズとも言える検索クエリを分析することは、広告サービス運用の枠を超えてWebマー…

  7. 想定外の予算オーバーを防ぐ、Yahoo! プロモーション広告「媒…

    リスティング広告の予算管理は、まず数万円程度の少額予算からスタートし、広告文やキーワードの効果を見な…

  8. B to Bにおけるリスティング広告活用の3つのポイント

    リスティング広告は、業務用システムの開発・販売や各種コンサルティングといったB to Bの領域でも広…

PICKUP

PAGE TOP