menu

他社の広告にうちのブランド名が‥リスティング広告運用で商標を守る方法

リスティング広告

リスティング広告の運用を続けていると、ライバル他社の広告文に自社のブランドネームが使われていたり、オリジナル商品の商品名が勝手に入札されていたりするケースに遭遇することも多いのではないでしょうか?

「これって商標権の侵害じゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ブランドネームや商品名、商標の取り扱いについてはGoogleやYahoo!のポリシーもあり、すべてのケースで他社の使用をストップさせられる訳ではありません。使用を制限できるケースとその方法、制限できないケースについてご紹介します。

ブランド名や商標の使用を制限できるケース

他社の広告文のなかに自社のブランド名や商標が使われている場合、フリーライド(他社の信用や知名度にただ乗りして利益を得ようとする行為)に当たる可能性もあり、広告サービスを提供しているGoogleやYahoo!に使用の制限を申請できます。

Google AdWordsの場合、専用フォームが用意されておりそこから申請が可能。以下のページに沿って商標名や登録の有無、登録番号を記入して送信すればOKです。

Google AdWords 商標権侵害の申し立てフォーム
https://services.google.com/inquiry/aw_tmcomplaint?hl=ja

この時注意したいのは、フォームに記載されている「商標の使用を許諾する広告主」に自社のアカウント名とメールアドレスを必ず入力すること。これを入力しないと自社のアカウントまで制限の対象になり、自社のブランド名や商品名を使った広告が配信停止されてしまいます。

他社の使用制限については100%保証されている訳ではありませんが、多くの場合、申請から1週間ほどでGoogleから審査完了のメールが届き、商標を無断で使用している他社の広告が配信停止になるようです。

また、Yahoo!プロモーション広告の場合は、専用フォームが用意されておらず、以下のページに案内に沿って申請者の本人確認資料や商標登録証明書を郵送する形になります。

Yahoo!マーケティングソリューション 登録商標について
http://marketing.yahoo.co.jp/guidelines/trademarks.html

ブランド名や商標の使用を制限できないケース

一方、ブランド名や商標のキーワードが入札されている場合は、広告サービス側に制限を申請することができません。どうしても入札を止めたい場合はキーワードを入札している他社に連絡を取り、入札停止や除外キーワード登録を直接依頼する形になります。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

癒し系のBGMは離脱を招く? 動画広告の勝ちパターン(前編)

マーケティングの歴史と「マーケティング3.0」(後編)

関連記事

  1. あらためておさらい。除外キーワードの選別と設定方法

    リスティング広告で成果をあげるためには、除外キーワードの登録が欠かせません。除外キーワードを登録する…

  2. 検索クエリ活用によるコスト削減&マッチング向上

    ユーザーの等身大のニーズとも言える検索クエリを分析することは、広告サービス運用の枠を超えてWebマー…

  3. 競合分析の基本中の基本。Google AdWords「オークショ…

    入札金額や品質スコアなど、リスティング広告はライバル他社の動向に大きく左右される広告です。勝つために…

  4. 無駄なコストを抑制するマッチタイプの活用

    目標を見定めてキーワードを選定・管理し、効果測定レポートの具体的な数値をベースとして予算配分を改善し…

  5. プレミアムポジション掲載の決め手となる改善アプローチ

    予算との兼ね合いを考慮する必要があるとはいえ、画面占有率の向上や複数のテキストリンクの設置によって、…

  6. 解析ツールを利用してライバル他社をリード。SimilarWebを…

    リスティング広告の運用でも、競合分析は非常に大切です。とりわけ競合他社の多いファッション関連や美容・…

  7. 運用パートナーの活用&「3C分析」

    低コストで手軽に利用でき、自由度も高い広告サービスながら、狙い通りの効果をあげていくためには相応の試…

  8. リスティング広告におけるロングテール戦略(後編)

    競合の少ないニッチなキーワードを運用することによって、CPA(獲得1件あたりの費用)を抑えることがで…

PICKUP

PAGE TOP