menu

癒し系のBGMは離脱を招く? 動画広告の勝ちパターン(前編)

広告

2016年時点で日本国内における動画広告市場は約850億円。多くの企業がWebサイトへの誘導やブランド認知度の向上を目的として動画広告を利用しています。

ただ動画広告はリスティング広告などと比べて歴史も浅い分、クリエイティブに関してはまだまだ手探りなのが現状です。ユーザーにスキップされず、ブランドや商品を印象付けるためにはどんな動画広告が効果的なのでしょうか? Googleが実施した動画広告のリサーチ結果を元に探っていきます。

視聴時間・ブランド認知度ともユーモラスなトーンの動画が有利

Googleは2012年~2014年の約2年間でYouTubeのTrueView広告の内容と効果に関するリサーチを行いました。対象は16か国・11業種の数千にわたる動画広告。「有名人を起用しているか」、「動画にブランド名の表示があるか」といった170のチェックポイントを設け、動画広告のクリエイティブが効果に与える影響を検証しています。

その結果、最も効果が高かったのはユーモラスなトーンの動画広告。Googleがそれぞれの動画のトーンを「エモーショナル」、「カーミング」といった10種類に分けて分析したところ、コメディ調の動画やウィットな動画ほど視聴時間が長い傾向があり、ブランド認知度の点でも高い効果を示したといいます。

これには世界中で活躍するYouTuberの影響も大きいでしょう。YouTuberが投稿する作品にはマスメディアではなかなか見られないユーモラスな作品が多く、それらの作品がそのまま「斬新」、「笑える」といったYouTubeのイメージにつながっているのかもしれません。

またYouTubeユーザーの多くはスマートフォンユーザーです。自宅でのリラックスタイムやちょっとした空き時間にスマホで動画を見ていることを踏まえると、深く考えさせられるシリアスな内容の動画より、気軽に笑えてリラックスできるトーンのものの方が受け入れられやすいのでしょう。

BGMの与える影響

この調査では動画広告のBGMに関する調査も行われています。その結果、スキップされにくいBGMの共通パターンこそ見いだせなかったものの、ヒーリングミュージックなど落ち着いたトーンのBGMはスキップされやすい傾向があったそうです。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

都道府県別のECサイトの利用傾向。スマホ利用率第1位は意外にも‥

他社の広告にうちのブランド名が‥リスティング広告運用で商標を守る方法

関連記事

  1. Facebookダイナミック広告を効果的に利用するための3つのス…

    2015年のリリース以来、費用対効果の高さから利用する企業が増え続けているFacebookダイナミッ…

  2. ターゲティング設定と同様の効果が狙えるアフィリエイト広告の活用法…

    アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)と提供する広告配信サービスを利用して、アフィリエイターが…

  3. 企業のポジションとPRの方向性を明確にする「競争地位理論」

    動画やSNSの普及にともない現在では数十種類の広告サービスが展開され、利用する側の使い方次第で成果が…

  4. 動画広告の2つのタイプと使い分け

    アイデアと工夫を活かしたコンテンツ配信で、自社のサービスや商品に関心の薄い低関心ターゲット層を含めた…

  5. 動画広告を始める方は注目。YouTube、Facebook、Tw…

    広告にストーリーの要素を盛り込んでより多くの情報を届けられる動画広告。日本でも動画広告市場は年々拡大…

  6. 事前の情報整理&掲載の優先順位によって効果が変わる「バナー広告」…

    ディスプレイ広告のなかでも業種・規模問わず多くの企業が利用しているのが、画像などのビジュアル要素と文…

  7. もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(前編)

    ICT総研のリサーチによると、2016年年末時点の日本国内におけるSNS利用者は約6872万人。企業…

  8. リターゲティング広告におけるフリークエンシーキャップ活用法

    見込み顧客の囲い込みやリピーター獲得を目的として、GoogleやFacebookのリターゲティング広…

PICKUP

PAGE TOP