menu

ECサイトが参考にしたい、有力企業のバズマーケティング

EC

バズマーケティングとは、FacebookやInstagramといったSNSの口コミを利用してブランドの認知度アップやWebサイトへの集客を図るマーケティング手法。とりわけ身近な食料品はユーザーを巻き込みやすく、国内外問わず多くの食料品メーカーや小売企業がバズマーケティングによって成果をあげています。

実施にあたっては企画、データ収集、特典の準備などが必要になるものの、口コミを広めるだけでなく、商品に対する意外なニーズの発見につながることも。「最近、商品ページの企画がマンネリ‥」という時は、バズマーケティングに目を向けてみるのも面白いかもしれません。大手食料品メーカーのバズマーケティング事例をご紹介します。

ハーゲンダッツ「フレーバー復活総選挙」

ハーゲンダッツジャパンが2013年7月~9月にかけて実施したのが「フレーバー復活総選挙」。過去に人気のあったアイスクリームのフレーバー24種類に対して投票を募り、1位になったフレーバーに投票した1000名に対して抽選で対象製品12カップをプレゼントするというものです。

対象はFacebook、Twitter、mixiの各アカウント。開始から1か月間で約16万2000票を集め、数多くのWebメディアで取り上げられるなど大きなマーケティング効果をあげました。

セブンイレブン「ひげストロー」の自撮りキャンペーン

アメリカのセブンイレブンは2014年、「スラーピー」という人気シャーベット飲料にプラスチックのひげ付きストローを付けて販売。Instagramなどへの自撮り画像の投稿を促すことによって、約150万件の投稿を集めました。

江崎グリコ

「ポッキー」や「プリッツ」といった人気商品を江崎グリコもバズマーケティングで大きな成果をあげている企業です。11月11日を「ポッキー&プリッツの日」と定め、毎年ユニークな企画を実施しています。

2013年には、「ポッキー」をかたどったロケット発射のライブ配信とあわせて「ポッキー」含むツイートを募り、世界記録となる371万以上のツイートを獲得。2016年にはユーザーが自撮り画像をデコレーションしてFacebookに投稿する「SMAIL COUNTER」という企画を実施し、42万件以上の投稿を集めています。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

位置が変われば再生率は2倍以上。Wista社のリサーチに見るWeb動画のヒント

Facebook広告制作の3つの鉄則

関連記事

  1. 文章力ではなく情報整理がキーとなるキャッチコピー作成

    キャッチコピーはECサイトにとって時には商材以上に意味をもつ非常に重要な要素です。サービスや商品に興…

  2. アリババと連携し、1700万の「いいね!」を獲得。「Tokyo …

    越境ECで大きな成功を収めている国内企業の1つが、アニメのキャラクターグッズなど、日本のポップカルチ…

  3. 商品画像に変化を与える、身近なアイテムを利用した撮影テクニック

    ECサイトの商品画像は、商品ページを訪れたユーザーの購買を大きく左右する非常に大切な要素です。商品画…

  4. 売り場からメディアへの転換。有名企業も導入するECサイトのコンテ…

    近年のWebマーケティングにおける大きなトレンドが「コンテンツマーケティング」です。Webサイトのコ…

  5. 販売戦略のヒントとして知っておきたい「フレーミング効果」

    ECサイトで長期的に成果をあげていくためには、商品の適切な価格設定が欠かせません。確実に利益を確保し…

  6. 既存顧客や従来の販売方法に着目することで「越境EC」は進化する。…

    越境ECを活用して既存顧客の囲い込みにつなげるユニークな施策を行っているのが、東京・御徒町に店舗を構…

  7. フロントエンドとバックエンドの役割を明確に。2ステップマーケティ…

    自社サイトを訪れたユーザーといち早く接点を持つことが、収益をあげるECサイトを作るための第一歩です。…

  8. 2021年のマーケットは25兆円超。ビジネスの成功に欠かせないE…

    新商品の紹介やプロモーション、CSR、プレスリリースなど、企業活動のさまざまな局面で利用されるWeb…

PICKUP

PAGE TOP