menu

スマホアプリで朝の一杯を注ぐ。Bluetooth対応のコーヒーマシーン「PRODIGIO」

IoT

ホームセキュリティや高齢者介護など、IoTが私たちの身近な生活に根付き始めています。そうしたなか食品・飲料大手のネスレが2016年4月から販売をスタートしているのが、国内初となるBluetooth対応のコーヒーマシーン「PRODIGIO」です。

コーヒーカプセルの残数や湯垢洗浄のタイミングも自動的に管理

「PRODIGIO」は、Bluetoothのワイヤレスネットワークを用いることによって、室内のどこにいてもスマートフォンからコーヒーを抽出できるコーヒーマシーン。「どんなに慌ただしい朝でもコーヒーだけは欠かせない」という方にはまさにぴったりの製品です。

スマートフォンの専用アプリ(iOS8.1/Android5.0.1以降)をインストールすれば、アプリを介して約25秒間でコーヒーをリモート抽出することが可能。タイマー機能も搭載されており、24時間決まった時間にコーヒーを注げるほか、コーヒーカプセルの残数も自動体に管理。なくなった場合はアプリを通じて注文することもできます。

対応しているカップサイズはリストレット、エスプレッソ、ルンゴの3種類。アプリのインストール時には水の硬度を測定・登録することができ、ただ便利なだけでなくコーヒー好きの消費者を満足させる品質への工夫も施されています。

また、水タンクへの補充や湯垢洗浄のタイミングも自動的に検知&通知するため、メンテナンスを忘れたためにコーヒーの味が変わったりすることもありません。個人としての利用はもちろん、オフィスや飲食店でも充分利用できるのではないでしょうか。

シルバーとチタンの2種類のカラーラインナップが用意されており、希望小売価格は23,000円(ミルク泡立て機とのセットは29,500円)。発売直後の2016年5月にはIoT製品のイベント「ワイヤレスジャパン2016」にも出展され、プレス関係者から注目を集めました。

ネスレでは「PRODIGIO」に続いて、2016年10月には同じくBluetooth連動でコーヒーの濃さや泡立ちを調整できる「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i」を発売しています。スマートフォンで朝のコーヒーを淹れて、ついでにスケジュールや天気予報をチェックするー。そんな朝の過ごし方が一般的になる日も近いのかもしれません。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(後編)

ビッグデータがマッチングサービス成功のカギ

関連記事

  1. 身近なIoT活用事例。ドコモ・ヘルスケア「わたしムーヴ」&「カラ…

    テレビのニュースなどマスメディアでIoTが取り上げられる機会が増えていますが、その一方、IoTという…

  2. Kolibree|歯磨き採点ロボット

    虫歯になると治すのに多額のお金と時間がかかりますよね。それによる機会損失も少なくないはずです。ですが…

  3. ZeRo.agri|農業に革新をもたらす

    農業のIT化、通称ICTと呼ばれるものがIoTの世界でも多いな注目を浴びていますが特に注目を浴びてい…

  4. PIP|ストレス社会の必須アイテム

    現代はストレス社会と言われストレスの解消を効率的に行うことが社会人としての評価につながるような時代に…

  5. Vessyl|注ぐだけで飲み物の成分を解析。 Bluetooth…

    黒を基調にしたスタイリッシュなデザインが目をひく「Vessyl」。一見、デザイン重視の普通のカップの…

  6. TempTraq|赤ちゃんの体温の変化をスマホで確認。 Blue…

    Blue Spark Technologies社からリリースされているのが、Bluetoothに対応…

  7. HELIX|ブレスレット型のデバイスにイヤホンを収納。 デザイン…

    「いつもイヤホンを持ち歩いているけど、バックのなかでコードが絡まって煩わしい。いちいち取り出すのも面…

  8. IoTで安定した都市生活をサポート。カナダの電力会社BC Hyd…

    少し古い話にはなりますが、2003年8月にアメリカとカナダで発生した大停電を覚えていますか? 発生当…

PICKUP

PAGE TOP