menu

時間ごとの食欲まで予測して廃棄率を75%カット。スシロー「回転すし総合管理システム」

IoT

ここ20年近くにわたって市場が縮小傾向にある外食産業。限られたパイを競って生き残っていくためには、これまで以上に接客や店舗オペレーションの効率を高めていくことが欠かせません。そうしたなか注目を集めているのがIoT。全国に400店舗以上を提供する大手回転寿司チェーンあきんどスシローも全店舗に自社で開発した「回転すし総合管理システム」を導入しています。

経験と勘だけに頼らず、ICタグのデータを活かしてメニューを提供

スシローの「回転すし総合管理システム」のベースは、すべてのメニューの皿に取り付けられているICタグ。このICタグによってメニューが注文された店舗や時間、客の位置といった1年あたり10億件以上のビッグデータを取得・管理しています。

例えば複数の客がまぐろを注文すると、過去のデータ傾向と照らし合わせてリアルタイムに需要を予測。これに合わせて調理担当の店員がレーンの上を回るまぐろの数を調整することで、経験や勘だけに頼ることなく調理を効率化しています。

また、来店時に入力された客ごとの属性・人数を元に、テーブルごとにメニューが消費される量=「喫食パワー」も可視化。席についてからの経過時間と過去のデータ傾向にもとづいてそれぞれの客の食欲をシミュレーションし、レーンに出すメニューの種類や量を調整しています。

このシミュレーションは精度を高めるため2段階に分かれており、「1分後予測」では着席からの時間を元に、「15分後予測」では曜日や時間帯ごとの過去の注文傾向を元に、最適なメニューの量・種類がはじき出されるそうです。一般的な傾向としては、着席直後は一気に注文し、一定時間でぱったりと注文がやみ、最後にデザートを頼む割合が多いとか‥。

さらに「回転すし総合管理システム」には、皿ごとのICタグからレーンの上を回っている距離を把握し、一定距離を過ぎたメニューは自動的に廃棄される仕組みも。例えばまぐろなら350m回ると自動廃棄され、客にとって常に新鮮なメニューが提供されると同時に、より売上に結びつきやすいメニューがレーンの上に残るようになっています。

スシローはこの「回転すし総合管理システム」によって、メニューの廃棄率を75%削減。50%という原価率を下げることなく、メニューの質を保ったまま2015年には業界1位となる1350億円の売り上げを計上しました。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

アメリカ・EEDAR社の調査に見るVRマーケットの「今」(前編)

関連記事

  1. MAID oven|世界中のレシピサイトのメニューを手軽に再現。…

    「レシピはネットで調べれば分かるけど、実際に作るとなると…」、「サイトに書いてある通りのはずなのに、…

  2. Vessyl|注ぐだけで飲み物の成分を解析。 Bluetooth…

    黒を基調にしたスタイリッシュなデザインが目をひく「Vessyl」。一見、デザイン重視の普通のカップの…

  3. LiveMap|音声認識でフェイスシールドにナビ情報を表示。 バ…

    自動車のナビゲーションシステムや関連アプリが続々とリリースされるなか、オートバイの分野にIoTの技術…

  4. Zubie|バッテリー残量やタイヤ交換の時期をスマホに表示。 W…

    サウスカロライナ州を拠点に活動するZubie社からリリースされている車用スマートガジェットが「Zub…

  5. 生体情報センサー+内蔵LED+スマホアプリで睡眠を最適化。 最先…

    クラウドファウンディングKickstarterで43万ドル以上の出資金を集め、世界の注目を集めたのが…

  6. 商用車用プローブ・データ・サービス|運送の世界を最適化するIoT…

    現在、特に注目を浴びているIoTの業種が運送です。運送はその国の経済状態に大きく影響を及ぼす…

  7. Navdy|運転中も視線を逸らさずSNSや通話に対応可能。 スマ…

    サンフランシスコのスタートアップ企業Navdyから提供されているのが、Wi-Fi/Bluetooth…

  8. Kolibree|歯磨き採点ロボット

    虫歯になると治すのに多額のお金と時間がかかりますよね。それによる機会損失も少なくないはずです。ですが…

PICKUP

PAGE TOP