menu

時間ごとの食欲まで予測して廃棄率を75%カット。スシロー「回転すし総合管理システム」

IoT

ここ20年近くにわたって市場が縮小傾向にある外食産業。限られたパイを競って生き残っていくためには、これまで以上に接客や店舗オペレーションの効率を高めていくことが欠かせません。そうしたなか注目を集めているのがIoT。全国に400店舗以上を提供する大手回転寿司チェーンあきんどスシローも全店舗に自社で開発した「回転すし総合管理システム」を導入しています。

経験と勘だけに頼らず、ICタグのデータを活かしてメニューを提供

スシローの「回転すし総合管理システム」のベースは、すべてのメニューの皿に取り付けられているICタグ。このICタグによってメニューが注文された店舗や時間、客の位置といった1年あたり10億件以上のビッグデータを取得・管理しています。

例えば複数の客がまぐろを注文すると、過去のデータ傾向と照らし合わせてリアルタイムに需要を予測。これに合わせて調理担当の店員がレーンの上を回るまぐろの数を調整することで、経験や勘だけに頼ることなく調理を効率化しています。

また、来店時に入力された客ごとの属性・人数を元に、テーブルごとにメニューが消費される量=「喫食パワー」も可視化。席についてからの経過時間と過去のデータ傾向にもとづいてそれぞれの客の食欲をシミュレーションし、レーンに出すメニューの種類や量を調整しています。

このシミュレーションは精度を高めるため2段階に分かれており、「1分後予測」では着席からの時間を元に、「15分後予測」では曜日や時間帯ごとの過去の注文傾向を元に、最適なメニューの量・種類がはじき出されるそうです。一般的な傾向としては、着席直後は一気に注文し、一定時間でぱったりと注文がやみ、最後にデザートを頼む割合が多いとか‥。

さらに「回転すし総合管理システム」には、皿ごとのICタグからレーンの上を回っている距離を把握し、一定距離を過ぎたメニューは自動的に廃棄される仕組みも。例えばまぐろなら350m回ると自動廃棄され、客にとって常に新鮮なメニューが提供されると同時に、より売上に結びつきやすいメニューがレーンの上に残るようになっています。

スシローはこの「回転すし総合管理システム」によって、メニューの廃棄率を75%削減。50%という原価率を下げることなく、メニューの質を保ったまま2015年には業界1位となる1350億円の売り上げを計上しました。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

アメリカ・EEDAR社の調査に見るVRマーケットの「今」(前編)

関連記事

  1. 子どもに迫る危険を家族全員に通知。 世界最小クラスのGPSを搭載…

    「hereO」はロンドンに本拠を置くhereO社がリリースしたGPS搭載の子ども向けスマートウォッチ…

  2. HiSmart|スマホを取り出すことなく、通話やSNSに対応。 …

    バッグを肩にかけたまま内蔵マイクで直接通話したり、SNSに接続したり、カメラで撮影したりできる、ユニ…

  3. BitBite|噛む習慣をコントロールできる次世代のIoT

    今回は食生活の改善に役立つIoTをご紹介いたします。この製品の名前はBitBite(ビットバイト)と…

  4. Bepop drone|ドローン界の革命児

    今回は今流行りのドローンについてご紹介しようと思います。その名もBebop Drone。この…

  5. Parrot Flower Power|6000種類の植物のデー…

    Parrot社が提供する「Parrot Flower Power」は、植物の状態をリアルタイムでモニ…

  6. Magic Band|奇跡を起こす!?

    今回はディズニーが本気を出して完成させたIoTについてご紹介していこうと思います。それは『M…

  7. HELIX|ブレスレット型のデバイスにイヤホンを収納。 デザイン…

    「いつもイヤホンを持ち歩いているけど、バックのなかでコードが絡まって煩わしい。いちいち取り出すのも面…

  8. Petcube|外出先からペットと遊べるレーザーポインターも搭載…

    外出先から自宅で留守番中のペットの様子を確認して一緒に遊べるユニークな製品が、Wi-Fi対応型のペッ…

PICKUP

PAGE TOP