menu

大混雑の待ち合わせスポットを仲間内だけで共有。ARアプリ「Myハチ公」

VR/AR

VRはもともと映像作品やゲームのために開発された技術です。現在でもVRコンテンツの制作に取り組んでいる人の多くはゲーム制作者や撮影会社のスタッフですが、VRへの注目が高まるにつれてアーティストやデザイナーといったクリエイターもVRの世界へ参入し、ユニークな作品を発表し始めています。

Holelensを使ってハチ公像をAR化

メディアアーティスト坪倉輝明氏によるARアプリ「Myハチ公」もそうした事例の1つ。2016年の11月20日に渋谷ヒカリエのDeNAオフィスで行われた「dotFes 2016」というイベントのセッションで発表され、その後SNSやWeb上のメディアで大きな話題になりました。

「Myハチ公」のコンセプトは、個人それぞれが自分のハチ公を持つこと。待ち合わせの人で常に混雑している渋谷駅前のハチ公像をARで映像化することによって、特定の人の間だけで見えるようにし、待ち合わせ場所として共有するというユニークなアプリです。

開発に使われたのは、マイクロソフトが開発を手掛けているARゴーグルHololens。日本国内ではまだリリースされていないため、Holelens「Myハチ公」にも開発版が使われています。

YouTube上には「Myハチ公」のデモ画像が紹介されており、ユーザーのジェスチャーで設置された「Myハチ公」はその場に固定されるため、周囲を回りこむこともできるようです。また「dotFes 2016」でのプレゼンでは、GPSを使った待ち合わせ場所へのナビ機能や、「Myハチ公」のアバターを自由にカスタマイズできるサービスのアイデアなども発表されました。

HoloLensアプリ「Myハチ公」

「Myハチ公」はあくまでイベントのプレゼンのネタの1つとして発表されたものなので、アプリストアでの公開はされていません。ただ、VR・ARのような先進的なテクノロジーに対して多くの人が注目するのは「要は、何ができるの?」ということ。「Myハチ公」のような身近でユニークなコンテンツが生まれていくと、VRに対する注目度・期待感もますます高まっていくではないでしょうか。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

全てをデータ化! 製造監視システム

Beaconによって拡がるビジネスチャンス~販売店舗・レストラン~

関連記事

  1. 導入事例 観光分野 その2

    楽天「バーチャルリアリティ観光体験」ネット通販大手の楽天のR&D部門「楽天技術研究所」と長野…

  2. 国民的スポーツを360°映像コンテンツに。NBAのVRストリーミ…

    VRにおける表現手法の1つとして注目を集め始めているのが、VR映像のストリーミング配信です。スポーツ…

  3. 導入事例 住宅・建築分野 その2

    コンピュータシステム研究所「ALTA for VR」東京と仙台市に本拠を置き、建築・土木関連…

  4. ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その5

    Milbox株式会社WHITEから提供されているのが、ダンボール製のヘッドマウントディスプレ…

  5. 導入事例 インテリア・ファッション分野 その1

    IKEA「IKEAカタログ」スマートフォンやタブレットと親和性の高いARの機能をマーケティン…

  6. オーグメンテッドリアリティ(AR)とは?

    オーグメンテッドリアリティ(AR)とは?現実でないものを現実のように認識させるバーチャルリア…

  7. VRコンテンツで鬱を治療?医療分野におけるVR活用

    テレビのニュースやバラエティ番組などで取り上げられる機会も増え、ますます身近なものになりつつあるVR…

  8. ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その3

    Star VR北欧スウェーデンを拠点に活動するゲームスタジオStarbreezeが発表し、世…

PICKUP

PAGE TOP