menu

広告のレポーティングや資料作成に役立つGoogle chromeの拡張機能&無料ツール

広告

リソースが限られる中小規模の企業では、広告担当者1人複数の広告アカウントを運用・管理しているケースが多くあります。効果測定には膨大な時間がかかりますし、入稿が重なれば素材の管理も大変です。広告の上司への報告やミーティング資料作成に頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

広告の運用にはWebで公開されているGoogle chromeの拡張機能やツールを利用してみるのがおすすめです。Web広告のレポーティングや資料作成、競合調査に役立つ4つの機能・ツールをご紹介します。

Awesome Screenshot
「Awesome Screenshot」はGoogle chromeの拡張機能の1つ。縦長レイアウトのWebページを部分的に切り取ることなく、スクリーンショットとして丸ごと保存することができます。リスティング広告のランディングページごとの比較する場合や、ミーティングでWebページのナビゲーションの課題などについて話し合う際には便利なツールです。

Simple = Select + Search
Google chromeの右クリックで表示されるサブメニュー内に複数の検索エンジンを登録できる無料ツールです。特定のテキストやキーワードをコピー&ペーストするだけでGoogleやAmazonの検索結果を表示させることが可能。複数のタブを開く必要がないので、他の作業と並行して競合調査をしたい時にいいかもしれません。

flexible renamar
ワイルドカードによって複数のフォルダの名前を一度で置換できます。画像素材をまとめたフォルダに日付を入れたい場合や、広告サービスごとの名前を付けたい場合など用途はさまざま。全角文字に対応しているのも特徴です。

Scraper
Web上の規則性のあるあらゆる情報をテーブルデータとして取得できる、Google Chromeの拡張機能です。競合サイトのトップページに貼られているリンクとアンカーテキストの一覧を作成したり、SNSの特定アカウントの書き込みを全て取得したり、幅広い目的に使えます。もちろんGoogleスプレッドシートと連動しています。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ECサイトでニッチな商材を売る際の2つのポイント

自動入札ツールの特徴と注意点

関連記事

  1. ユーザー数は全世界4億人。低コストで利用でき、高い効果が期待でき…

    Facebook広告とならんで注目を集めているのが、Instagram広告です。Instagramの…

  2. Web広告の効果に影響を与える3つの外部要因

    リスティング広告やSNS広告をはじめとしたWeb広告の運用を続けていると、天気、経済といった外部要因…

  3. ターゲット獲得を後押し&ブランドイメージをも左右する「EFO」

    コンバージョンへあと1歩という顕在ターゲット層を獲得するためには、広告で訴求するポイントの工夫にあわ…

  4. 企業のポジションとPRの方向性を明確にする「競争地位理論」

    動画やSNSの普及にともない現在では数十種類の広告サービスが展開され、利用する側の使い方次第で成果が…

  5. リード獲得広告とカルーセル広告。Facebook広告の2つの使い…

    Facebookのアカウントを持っていれば誰でも利用できるFacebook。広告の自動生成機能によっ…

  6. 掲載枠の幅を広げ、広告効果を最適化する「DSP」

    ディスプレイ広告を利用するにあたり、選択肢の1つとして知っておきたいのが、広告枠の購入や入札を自動で…

  7. クリック単価9円~利用可能。新しい広告サービス「Yahoo! コ…

    2015年にYahoo!からリリースされた「Yahoo! コンテンツディスカバリー」は、特定の商品・…

  8. 審査落ちを繰り返さないために。「Yahoo! コンテンツディスカ…

    クリック単価9円で利用を開始でき、広告に嫌悪感を抱くユーザーに対しても訴求できる「Yahoo! コン…

PICKUP

PAGE TOP