menu

広告のレポーティングや資料作成に役立つGoogle chromeの拡張機能&無料ツール

広告

リソースが限られる中小規模の企業では、広告担当者1人複数の広告アカウントを運用・管理しているケースが多くあります。効果測定には膨大な時間がかかりますし、入稿が重なれば素材の管理も大変です。広告の上司への報告やミーティング資料作成に頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

広告の運用にはWebで公開されているGoogle chromeの拡張機能やツールを利用してみるのがおすすめです。Web広告のレポーティングや資料作成、競合調査に役立つ4つの機能・ツールをご紹介します。

Awesome Screenshot
「Awesome Screenshot」はGoogle chromeの拡張機能の1つ。縦長レイアウトのWebページを部分的に切り取ることなく、スクリーンショットとして丸ごと保存することができます。リスティング広告のランディングページごとの比較する場合や、ミーティングでWebページのナビゲーションの課題などについて話し合う際には便利なツールです。

Simple = Select + Search
Google chromeの右クリックで表示されるサブメニュー内に複数の検索エンジンを登録できる無料ツールです。特定のテキストやキーワードをコピー&ペーストするだけでGoogleやAmazonの検索結果を表示させることが可能。複数のタブを開く必要がないので、他の作業と並行して競合調査をしたい時にいいかもしれません。

flexible renamar
ワイルドカードによって複数のフォルダの名前を一度で置換できます。画像素材をまとめたフォルダに日付を入れたい場合や、広告サービスごとの名前を付けたい場合など用途はさまざま。全角文字に対応しているのも特徴です。

Scraper
Web上の規則性のあるあらゆる情報をテーブルデータとして取得できる、Google Chromeの拡張機能です。競合サイトのトップページに貼られているリンクとアンカーテキストの一覧を作成したり、SNSの特定アカウントの書き込みを全て取得したり、幅広い目的に使えます。もちろんGoogleスプレッドシートと連動しています。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ECサイトでニッチな商材を売る際の2つのポイント

自動入札ツールの特徴と注意点

関連記事

  1. 審査落ちを繰り返さないために。「Yahoo! コンテンツディスカ…

    クリック単価9円で利用を開始でき、広告に嫌悪感を抱くユーザーに対しても訴求できる「Yahoo! コン…

  2. 事前の情報整理&掲載の優先順位によって効果が変わる「バナー広告」…

    ディスプレイ広告のなかでも業種・規模問わず多くの企業が利用しているのが、画像などのビジュアル要素と文…

  3. 動画広告を始める方は注目。YouTube、Facebook、Tw…

    広告にストーリーの要素を盛り込んでより多くの情報を届けられる動画広告。日本でも動画広告市場は年々拡大…

  4. 4つのターゲット層とそれぞれに向けた広告アプローチ

    Webマーケティングで成果をあげるためには、ターゲット(ユーザー)に対して正しい認識と理解を持つこと…

  5. ニールセンのリサーチ結果に注目。大きく変わりつつある動画広告の受…

    スマートフォンやYouTubeをはじめとした動画プラットフォームの対応に加えて、タテ型動画などフォー…

  6. コンバージョン=売上は間違い。Web広告の運用で見落としがちなポ…

    Web広告を運用していると、「コンバージョン数の目標はクリアしているのに、なぜか売上目標に達しない」…

  7. 癒し系のBGMは離脱を招く? 動画広告の勝ちパターン(後編)

    Googleは2012年1月~2014年2月にかけて16か国・11業種にわたるYouTubeのTru…

  8. ターゲットの行動を理解するヒント「イノベーター理論」

    Webマーケティングで成果を収めるためには事前の情報整理とプランニングがキーポイントになります。とり…

PICKUP

PAGE TOP