menu

コンバージョン=売上は間違い。Web広告の運用で見落としがちなポイント

広告

Web広告を運用していると、「コンバージョン数の目標はクリアしているのに、なぜか売上目標に達しない」というケースが出てくるのではないでしょうか? 

実は、リスティング広告をはじめとした多くのWeb広告では、コンバージョン数と売上件数は必ずしも一致しません。意外と知られていないその理由について解説します。

コンバージョンの重複
Google AdWordsやSNS広告など複数の広告サービスを平行して利用しているとコンバージョンが重複することがあります。

例えば、1人のユーザーが同じデバイスからリスティング広告をクリックし、ランディングページからFacebookに遷移後、タイムライン上の広告をクリックしてコンバージョンに至ったという場合、実際に売上につながっているコンバージョンは1件ですが、管理画面上ではリスティング広告1件+Facebook広告1件の計2件のコンバージョンがカウントされます。

非常に単純な事象ではあるものの、複数の広告をまとめて管理する運用支援ツールなどを使っていると意外と気がつきにくいポイントでもあるので注意が必要です。

コンバージョンタグの設置ミス
コンバージョンを計測するためのコンバージョンタグは、Google AdWordsなら、Facebook広告ならといったように広告によって設置箇所が異なります。特定の広告メディアの効果が極端に悪い場合はもう一度広告のガイドラインを見直し、正しい位置にコンバージョンタグが設置されているか確認してみましょう。

ユーザーアクションによる乖離
前月に広告をクリックしたユーザーが月をまたいで次月に購入した場合、多くの広告サービスではコンバージョンと売上はそれぞれ別の月に計上されます。ブランド品をはじめとした意思決定に時間のかかる高額商品の広告ではとりわけ起こりやすい事象です。

また、ユーザーがコンバージョンページ上でブラウザの更新ボタンを押すと、コンバージョンが複数回計測されることもあります。こうしたユーザーの行動による乖離は運営者サイドからはコントロールできません。乖離を最小限に抑えるためには、まずコンバージョンの重複とタグの設置個所に注意するのがポイントです。

そのうえで「コンバージョンと売上はイコールではない」ということを念頭に置き、広告目標を設定する場合も、ある程度の乖離を見越したうえでコンバージョン数を多めに設定したりするのがいいかもしれません。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Google「商品リスト広告」を利用する際の3つの注意点と活用のヒント

「プレースメントターゲット」における効果的な配信面の選び方

関連記事

  1. 癒し系のBGMは離脱を招く? 動画広告の勝ちパターン(前編)

    2016年時点で日本国内における動画広告市場は約850億円。多くの企業がWebサイトへの誘導やブラン…

  2. もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(前編)

    ICT総研のリサーチによると、2016年年末時点の日本国内におけるSNS利用者は約6872万人。企業…

  3. ターゲットの行動を理解するヒント「イノベーター理論」

    Webマーケティングで成果を収めるためには事前の情報整理とプランニングがキーポイントになります。とり…

  4. ターゲット獲得を後押し&ブランドイメージをも左右する「EFO」

    コンバージョンへあと1歩という顕在ターゲット層を獲得するためには、広告で訴求するポイントの工夫にあわ…

  5. 動画広告を始める方は注目。YouTube、Facebook、Tw…

    広告にストーリーの要素を盛り込んでより多くの情報を届けられる動画広告。日本でも動画広告市場は年々拡大…

  6. リターゲティング広告におけるフリークエンシーキャップ活用法

    見込み顧客の囲い込みやリピーター獲得を目的として、GoogleやFacebookのリターゲティング広…

  7. ユーザー数は全世界4億人。低コストで利用でき、高い効果が期待でき…

    Facebook広告とならんで注目を集めているのが、Instagram広告です。Instagramの…

  8. Web広告の効果に影響を与える3つの外部要因

    リスティング広告やSNS広告をはじめとしたWeb広告の運用を続けていると、天気、経済といった外部要因…

PICKUP

PAGE TOP