menu

Web広告の効果に影響を与える3つの外部要因

広告

リスティング広告やSNS広告をはじめとしたWeb広告の運用を続けていると、天気、経済といった外部要因によって広告の効果が大きく変わってくることがあります。

「広告文やランディングページをまったく変更していないのに突然クリック率が下がった‥」といった時は、そうした外部要因に目を向けて見るのも1つ。外部要因をコントロールすることはできませんが、広告に与える影響をあらかじめ知っておくと、クリエイティブや配信のタイミングを調整することもできるかもしれません。

天候
一般的に雨の日はネットを利用するユーザーが増えると言われています。実際、楽天やAmazonなどの大手ECモールでも雨の日は全体の取扱額が数%~10%ほど増加するようです。せっかくの休日でも雨なら外出を避け、スマートフォンなどでネットショッピングを楽しむ人が多いのでしょう。

とりわけDVDや本といったメディア商品や食品・日用品は、雨の日にCTR(クリック率)やCVR(コンバージョン率)が高まる商材の1つ。こうした商材でリスティング広告を運用しているなら、前日のうちに天気をチェックして、雨予報の場合はあらかじめ入札金額を上げておくのもいいかもしれません。

Yahoo! JAPANも天候が広告に与える影響に注目し、エリアごとの天気や気温によって配信する広告を使い分ける天候連動型広告を2016年6月にリリースしています。

カレンダー
飲食業界に「二八」(2月と8月は売上が下がる)という言葉があるように、Webの世界でも暦は大きく影響します。とりわけ影響が大きいのはやはり正月とお盆でしょう。

スマートフォンの普及によってやや傾向に変化はあるものの、お盆の連休中などは検索エンジン自体の利用率が低下します。そのためキーワード検索が母体となるリスティング広告やディスプレイ広告は高い効果は望めません。

また、運用サイドとしても会社自体が休みとなるので、何かあっても予算調整やランディングページの更新が難しくなります。費用対効果を考えれば連休中は運用を一時的にストップしてしまうのも1つの方法です。

政治・経済
最近ではアメリカ大統領選の直後に株価が大きく下がったというニュースがありましたが、政治・経済の先行きに不安があると、いわゆる「買い控え」が起きます。特に車や不動産といった高額商品の広告には影響が大きく、CPA(獲得1件あたりの費用)を適切に保つには、Web以外の幅広い分野の動向に目を向けることも大切になってきます。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

決済でユーザーの70%が離脱?ECサイトにおける3つの決済方法

Google AdWords「プレースメントターゲット」の使い方と注意点

関連記事

  1. 癒し系のBGMは離脱を招く? 動画広告の勝ちパターン(前編)

    2016年時点で日本国内における動画広告市場は約850億円。多くの企業がWebサイトへの誘導やブラン…

  2. 動画広告以上の滞在時間を記録。Facebookの新しい広告サービ…

    通常のディスプレイ広告や動画広告と比べても費用対効果が高いと言われ、取り入れる企業も増え始めているF…

  3. 4つのターゲット層とそれぞれに向けた広告アプローチ

    Webマーケティングで成果をあげるためには、ターゲット(ユーザー)に対して正しい認識と理解を持つこと…

  4. YAMAHAの動画プロモーションに学ぶ動画活用のヒント

    アノテーションやターゲティング設定といったオプション機能の特性を活かすことによって「True Vie…

  5. 顧客ターゲット層向けのメール広告のメリット&活用法

    自社のサービス・商品に対して購買経験がある顧客ターゲット層へのアプローチも、Webマーケティングの集…

  6. 動画広告を始める方は注目。YouTube、Facebook、Tw…

    広告にストーリーの要素を盛り込んでより多くの情報を届けられる動画広告。日本でも動画広告市場は年々拡大…

  7. もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(前編)

    ICT総研のリサーチによると、2016年年末時点の日本国内におけるSNS利用者は約6872万人。企業…

  8. コンテンツは自由自在&SNSでプラスαの効果も期待できる動画広告…

    「Yahoo!ブランドパネル」をはじめとした純広告と並び、自社のサービス・商品に関心の薄い低関心ター…

PICKUP

PAGE TOP