menu

今さら聞けない、ECサイトのオムニチャネル戦略とは?

EC

オムニチャネル戦略とは

オムニとはラテン語で「すべて」という意味。ECサイトや販売店舗、オウンドメディアといった、企業と消費者の接点となるチャネルを結びつけることによって、トータルに収益を拡大させていくのがオムニチャネル戦略です。

2011年にアメリカの大手百貨店チェーンMacy’sが「オムニチャネル宣言」を発表。その後スマートフォンやSNSの普及によって消費者の購買パターンが多様化するとともに、その重要性が指摘されるようになってきました。日本国内でもセブン&アイホールディングスや高島屋といった小売大手がオムニチャネル戦略に着手しています。

「チャネルを統合」というと非常に大がかりな施策をイメージするかもしれませんが、例えば、スマホアプリでクーポンを配布して店舗への来店を促したり、売り場にIoT端末を設置してセール情報のプッシュ通知を行ったりするのもオムニチャネル戦略の1つ。IoT端末などは1個あたり数百円程度のものもあり、中小規模の企業でもコストをかけず導入することができます。

オムニチャネル戦略に欠かせない2つのポイント

オムニチャネル戦略を成功させるうえで欠かせないポイントは2つあります。1つは全社的な目標を作ること。多くの企業では、ECサイトを運営するWeb部門と店舗展開を担う販売部門が分かれていることが多く、利害関係がバラバラのため、「ECに売上を取られた‥」というやっかみが発生しがちです。

セクショナリズムはオムニチャネル戦略の大敵。できればオムニチャネル戦略専門の部署を作り、ネットと店舗間の双方向の送客率や売上のグロス目標など、誰が見ても納得できる全社的な目標を設定することが欠かせません。

もう1つは、在庫をはじめとしたデータを統合すること。「クーポンを受け取って店に行ってみたら在庫切れ‥」では、消費者を満足させるどころかクレームにつながります。

もちろん、ネットとリアルのデータを連動させるのは相応のシステムが必要でコストもかかるので、最初のうちは販売店舗にオンラインの在庫をチェックできる端末を用意したり、オンラインで購入した商品のアフターサポートを販売店舗で受け付けたりすることから始め、消費者の反応を見ながら徐々に予算を導入していくのがいいでしょう。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Macユーザーは注目。日常業務を効率化できる4つのMac専用アプリ

これからFacebook広告を始める方も必見。Facebook広告の「関連度スコア」について

関連記事

  1. ECサイトにおける独自ドメインのメリット。ドメイン評価1位を獲得…

    URLはWebサイトの完成度を高めるうえで大切な要素です。コンテンツの内容に合った適切なURLは検索…

  2. 販売戦略のヒントとして知っておきたい「フレーミング効果」

    ECサイトで長期的に成果をあげていくためには、商品の適切な価格設定が欠かせません。確実に利益を確保し…

  3. 決済でユーザーの70%が離脱?ECサイトにおける3つの決済方法

    大手リサーチ会社が約2000人のユーザーを対象に行ったアンケートによれば、ECサイトに希望する決済方…

  4. キレイなだけでは売れないどころか逆効果も‥。ECサイトの商品画像…

    あるリサーチ結果によれば、Webサイトの画像は文字より約6万倍速く情報を伝達するとされています。EC…

  5. クーポン訴求がカゴ落ちを招く?決済ステップを完結させるための2つ…

    取り扱う商材やショップの規模を問わず、ECサイトを運営していくうえでは避けて通ることができないのが、…

  6. ユーザーを引きつけクリックを誘導するショップ名&ページタイトルの…

    ECサイトで収益をあげるためにコンテンツや機能が重要なのは言うまでもありませんが、ECサイト自体のネ…

  7. あえて「弱み」を出し、売る側の顔を見せる。納得できる商品ページの…

    ECサイトでは売る側も買う側もお互いの顔が見えません。スマートフォンの普及によって購買に至る時間が短…

  8. 安心して買い物ができるECサイトの条件。必ず押さえておきたい2つ…

    販売側の顔が見えないECサイトでは、商品やサービスの訴求とあわせて、ユーザーに安心して買い物をしても…

PICKUP

PAGE TOP