menu

ECサイトの集客の基本。Google「商品リスト広告」のメリット&使い方

EC

商品名、価格、説明文といったデータフィード(商品の管理情報)を登録することよって、Googleの通常検索結果とGoogleショッピングに広告を表示させることができる商品リスト広告(PLA)。もともとEC向けに開発された広告サービスということもあり、食品・日用品やアパレル関連など幅広い分野のECサイトで利用されています。

「興味はあるけど費用対効果が心配‥」、「始め方が分からないし、今さら聞けない‥」という方に向けて、商品リスト広告のメリットと使い方をご紹介します。

商品リスト広告のメリット
商品リスト広告は他の広告サービスと比べてCPC(クリック単価)が安く、CPA(獲得1件あたりの費用)を抑えやすい広告と言われています。通常の検索結果画面に加えてGoogleショッピングにも画像付きの広告が掲載されるため、購買意欲の高いユーザーに訴求しやすいのかもしれません。

ある企業では、ECサイトへの集客手段をそれまでのリスティング広告から商品リスト広告へ切り替えたところ、CPC(クリック単価)とCPA(獲得1件あたりの費用)を1/5に抑えられたという事例もあります。

商品リスト広告の始め方
商品リスト広告を始めるには3つのステップがあります。1つ目はGoogleマーチャントセンターへのアカウント登録です。Googleマーチャントセンターとは、商品情報をGoogleショップングや各種広告サービスと連動させることができるツール。トップページの「SIGN UP」をクリックし、指示に沿ってショップのURLや連絡先を入力すればアカウント登録は完了です。

Googleマーチャントセンター

次に行うのが商品名や価格といったデータフィード(商品の管理情報)のアップロードです。データフィードをアップロードするにはいくつかの方法がありますが、初めての方はGoogleスプレッドシートを利用するのがいいでしょう。

まず、Googleマーチャントセンターの左メニューから「フィード」を選択し、フィード名や対象国を入力したうえでフィードを登録。登録されたフィードをクリックし、一番上の「スプレッドシートを編集」を選択すると入稿用のフォーマットが表示されるので、Sheet2、Sheet3の入力方法&見本に沿って各データを入力していきます。

アカウント登録とデータフィードのアップロードが完了したら、Google AdWordsから商品リスト広告用のキャンペーンと広告グループを作成します。「設定」からデータフィードの参照範囲を指定すれば、商品リスト広告が利用できるようになります。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(後編)

侵入者のスマートフォンを検知して安全を守る「BE BARRIER」

関連記事

  1. 独自のサービス&ブランディングを展開可能。ファンも醸成しやすい自…

    ネットビジネスを始めるにあたって有効な選択肢となる大手ECモールへの出店。比較的少ない初期費用でEC…

  2. メディカル、ヘルスケア関連の企業は要注意。薬事法に対する認識の大…

    ECサイトで継続的に利益をあげていくためには、コンセプト設計やマーケティング施策に加えて、販売に必要…

  3. 販売戦略のヒントとして知っておきたい「フレーミング効果」

    ECサイトで長期的に成果をあげていくためには、商品の適切な価格設定が欠かせません。確実に利益を確保し…

  4. 集客力プラスアルファのメリットをもたらす大手ECモールへの出店

    B to Cのネットビジネスを始めるにあたって選択肢の1つとなるのが、楽天やAmazonをはじめとし…

  5. ECサイトで差別化を図るなら取り入れたい、海外のWebデザイント…

    ECサイトでは、1枚の写真によってCVR(購買率)などの数字が大きく変わってくることも珍しくありませ…

  6. 文章力ではなく情報整理がキーとなるキャッチコピー作成

    キャッチコピーはECサイトにとって時には商材以上に意味をもつ非常に重要な要素です。サービスや商品に興…

  7. クーポン訴求がカゴ落ちを招く?決済ステップを完結させるための2つ…

    取り扱う商材やショップの規模を問わず、ECサイトを運営していくうえでは避けて通ることができないのが、…

  8. 2021年のマーケットは25兆円超。ビジネスの成功に欠かせないE…

    新商品の紹介やプロモーション、CSR、プレスリリースなど、企業活動のさまざまな局面で利用されるWeb…

PICKUP

PAGE TOP