menu

Web担当者なら知っておきたいスパムリンクの見つけ方&Googleの判定基準

SEO

Googleはパンダアップデートやペンギンアップデートの更新を繰り返し行い、人工リンクをはじめとしたスパムリンクに厳しい態度で臨んでいます。いくらブログや記事を入念に企画し、質の高いコンテンツを公開しても、スパムリンクが貼られていると検索上位を獲得することはできません。

また、たとえ悪意がなくても、前任の担当者が業者から勧められるままに人口リンクを購入し、知らないうちにペナルティを受けていたというケースもあるかもしれません。スパムリンクの見つけ方と現在のGoogleの判定基準についてご紹介します。

スパムリンクの見つけ方
まず、Googleサーチコンソールにログインし、「検索トラフィック」から「サイトのリンク」を選択。画面下部の「詳細」→「最新のリンクをダウンロード」をクリックすることによって、Webページに対して貼られているすべてのリンクをエクスポートすることができます。

スパムリンクを見つけるにあたってまず注意すべきなのは、自社へのリンクが埋め込まれたアンカーテキストです。アンカーテキスト内に自社のWebサイトと全く関係のないキーワードや固有名詞が含まれている場合、スパムリンクの可能性があります。

スパムリンクなら、リンク元ページのテキストの文法・文脈が滅茶苦茶だったり、コンテンツそのものがなかったりするので、URLから確認すればおのずと判断できるでしょう。スパムリンクを見つけたら、Googleのバックリンク否認ツールを使って、リンクがページの評価に影響しないよう依頼できます。

スパムリンクの判定基準
アンカーテキストの文言以外にもスパムリンクと判定される基準はあります。Googleが重視しているのは、リンクがユーザーの意図に合ったものかどうか。これにより、見ただけでは遷移することが分からないウィジェットやバナーに埋め込まれたリンクはスパムと見なされることがあります。

また、大量のWebページとリンクし合っている相互リンク集や、コピーサイトからのリンクもスパムリンクとして判定される可能性が高くなるので注意が必要です。

スパムリンクの排除はSEO対策には欠かせない要素。コンテンツ制作などと比べるとおろそかになってしまいがちな作業ですが、検索エンジンに正当に評価されるためにも、一度時間をとって確認してみるのがおすすめです。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

自動入札ツールの特徴と注意点

消費者動向や商材別マーケット規模が分かる、おすすめリサーチ系サイト4選

関連記事

  1. 最初に整理しておきたいSEOのメリット&デメリット

    リスティング広告をはじめとしたインターネット広告の運用と並んで、Webマーケティングにおける集客に欠…

  2. コンテンツSEOはどのように生まれたか?SEOと検索エンジンの歴…

    現在のSEOはコンテンツSEOが主流です。Webページ内のキーワードの数や被リンク数よりコンテンツそ…

  3. ページに見出しを立てるhタグは、柔軟な運用がポイント

    GoogleやYahoo!は「ユーザーに評価される」(ユーザーにとって有益になる)情報が提供されてい…

  4. ロングテールSEOにおけるキーワードの選定とコンテンツ制作のコツ…

    ニッチなキーワード(ロングテールキーワード)に沿って質の高いコンテンツを公開し、Googleなどの検…

  5. Webマーケティングのキモ!!ロングテールSEOって何だ?

    Webサイト運営者の皆さん、「ロングテールSEO」実践していますか?Googleのパンダアップデ…

  6. 「ホームページに集客したいんです!」

    SEOに関するご相談を受ける方々のほとんどの目的は「ホームページに集客したい」ということです。その思…

  7. 【5分で出来る】SEOの観点から見た魅力的なタイトルの付け方

    何においてもタイトルってかなり重要ですよね。例えば映画や書籍など内容は一切分からないにも関わ…

  8. クローラーの誤認によって検索順位が落ちる?SEO担当者が知ってお…

    Googleは「ユーザーに有益な情報を提供する」ことを理念として、検索エンジンのアルゴリズムのアップ…

PICKUP

PAGE TOP