menu

リスティング広告の運用担当者が陥りやすい3つの落とし穴(前編)

リスティング広告

3~4年にわたってリスティング広告の運用を続けていると、おのずと必要な作業が見えてきます。経験豊富なリスティング広告の運用担当者のなかには、効果測定や広告文の表示変更といった作業を具体的なタイムスケジュールのなかに落とし込み、効率的な運用を行っている方もいらっしゃるかもしれません。

それはそれでまったく問題ないのですが、ただ、何の疑いもなく続けてきたルーティンの運用作業が、品質スコアやCPA(獲得1件あたりのコスト)を悪化させているとしたらどうでしょう? リスティング広告の運用担当者なら知っておきたい、意外と見落としがちな3つの落とし穴についてご紹介します。

検索エンジン上での表示確認

広告を入稿すると、やはり実際の表示のされ方を確かめたくなるものです。「何番目に掲載されているのか」、「実際の見え方はどうか」‥。広告文を変更後などには実際にキーワードで検索して、広告文を確認している方も多いかもしれませんが、このやり方はあまりおすすめできません。

Googleなどの検索結果に広告を何度も表示させると、表示回数に対するクリック数が下がり、品質スコアに影響することがあるからです。とりわけ検索ボリュームの少ないニッチな商材では影響が大きく、運用担当者の確認作業によって品質スコアが大きく落ちることもあります。

また、地域ターゲティングやセグメント配信を設定している場合は、いくらキーワードで検索しても環境・条件が違えば広告表示されません。入稿した広告を確認する場合は、検索エンジンを使うのではなく、必ずGoogle AdWordsやYahoo! リスティング広告の管理画面から行うようにしましょう。

Google AdWordsの場合、管理画面の運用ツールタブから「広告プレビューと診断」をクリックすることによって、テスト環境上で実際の掲載順位や広告文の見え方を確認することができます。また言語、地域、デバイスをそれぞれ選択することによって、複数の環境での表示を確認することも可能です。

リスティング広告の運用で何度となく行う確認作業だからこそ、無駄なマイナス影響は抑え、効率的に行ないたいもの。次回は残り2つの注意点についてご紹介します。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

これからFacebook広告を始める方も必見。Facebook広告の「関連度スコア」について

「ベニスアップデート」によって大きく変わったSEO

関連記事

  1. ユーザーのニーズをさら掘り下げる検索クエリの活用

    「購入」や「予約」といった具体的な行動ニーズや、特定のブランド・商品に対する指名ニーズに目を向けて広…

  2. リスティング広告運用をスモールスタートさせる2つのメリット

    リスティング広告の運用にあたって、大きな悩みどころとなるのが予算の配分です。リスティング広告は費用対…

  3. トレンド把握&意外なキーワード発掘も可能。キーワードアドバイスツ…

    キーワードアドバイスツールは費用をかけることなく検索のトレンドやボリュームの変遷を知ることができる非…

  4. 時間のかかるキーワード調査を効率化。キーワード掛け合わせツール4…

    効果測定や予算調整など、多くのルーティンワークをともなうリスティング広告運用。なかでもキーワード調査…

  5. 無駄なコストを抑制するマッチタイプの活用

    目標を見定めてキーワードを選定・管理し、効果測定レポートの具体的な数値をベースとして予算配分を改善し…

  6. キーワード選定のポイントとなる「目的」&「役割」

    実際にリスティング広告を利用するにあたって、最初のポイントとなるのがキーワードの選定です。自社のサー…

  7. ユーザーの行動ニーズに応えるランディングページ作成

    広告文の工夫と同様にユーザーのニーズに沿ったランディングページを作成することも、Webマーケティング…

  8. ユーザーを引きつけCTRを向上させる広告文の作成

    広告文の改善やランディングページの最適化(LPO)といったいわゆるクリエイティブ領域の改善は、リステ…

PICKUP

PAGE TOP