menu

「プレースメントターゲット」における効果的な配信面の選び方

リスティング広告

検索結果画面以外にリスティング広告を配信できる「プレースメントターゲット」では、配信面の選び方がキーポイントになります。

配信面となるメディアの特性を理解し、そこに集まるターゲットの属性・興味関心に合った配信ができれば高いコンバージョン効果が期待できる反面、むやみに配信先を広げれば思わぬコスト増大を招くこともあるでしょう。Google AdWordsの「プレースメントターゲット」における、効果的な配信面の選び方をご紹介します。

ディスプレイキャンペーンプランナーから選ぶ

Google AdWordsで提供されているディスプレイキャンペーンプランナーは、プレースメントターゲットの配信面選定に最も多く使われているツールかもしれません。リスティング広告のキーワードとランディングページのURLを入力するだけで配信先候補のトラフィックやユーザー属性、推定表示回数を確認することが可能です。

使い方は、メニューの「運用ツール」から「ディスプレイキャンペーンプランナー」を選択。続いて表示される「候補と見積もりを取得」という入力フォームの「ユーザーの興味や関心」にキーワードを、「ランディングページ」にURLを入力するだけ。この状態で「プレースメント候補を取得」をクリックすると、それぞれのインプレッションやCooke数、ユーザーの性別・年齢層とあわせて複数の候補が表示されます。

SNSや専用ツールを利用する

Google AdWordsのディスプレイキャンペーンプランナーは非常に手軽なツールです。ただそれゆえに多くの企業が利用しており、表示された配信候補の競争率が高くなってしまうことがあります。そうした際は、FacebookやTwitterを活用してみるのもおすすめです。

とりわけ若年層をターゲットする場合は効果的。FacebookやTwitterでのシェア数やコメントの傾向をチェックすることによって配信候補のメディアがどのように受け入れられているのか判断することができます。URLを入力するだけで各SNSでのシェア数やコメント数を一覧表示させられる無料ツールなどもあるので、そうしたツールを使ってみるのもいいでしょう。

また、プレースメントターゲット専用のツールもあります。それらの多くは配信先候補のトラフィックやユーザー属性とあわせて、掲載枠の有無、必要な予算などを提示する機能が付いています。リソース・予算との兼ね合いを見て導入してみるのもいいかもしれません。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

コンバージョン=売上は間違い。Web広告の運用で見落としがちなポイント

身近なIoT活用事例。ドコモ・ヘルスケア「わたしムーヴ」&「カラダのキモチ」

関連記事

  1. B to Bにおけるリスティング広告活用の3つのポイント

    リスティング広告は、業務用システムの開発・販売や各種コンサルティングといったB to Bの領域でも広…

  2. 始めてみると意外に簡単?!リスティング広告

    大企業から中小企業、個人に至る幅広くインターネットで商品を販売できる時代になりました。ひと昔では…

  3. 住所&キャッチフレーズの相乗効果でCVRアップ?広告表示オプショ…

    Google AdWordsやYahoo! プロモーション広告では、広告文の下にテキストリンクや店舗…

  4. トレンド把握&意外なキーワード発掘も可能。キーワードアドバイスツ…

    キーワードアドバイスツールは費用をかけることなく検索のトレンドやボリュームの変遷を知ることができる非…

  5. 今さら聞けない「ロングテール」とは?正しく理解するポイント

    リスティング広告に運用を続けていると一度は目にする「ロングテール」という言葉。委託している代理店との…

  6. リスティング広告の運用担当者が陥りやすい3つの落とし穴(前編)

    3~4年にわたってリスティング広告の運用を続けていると、おのずと必要な作業が見えてきます。経験豊富な…

  7. ユーザーの行動ニーズに応えるランディングページ作成

    広告文の工夫と同様にユーザーのニーズに沿ったランディングページを作成することも、Webマーケティング…

  8. ターゲットを選別して効果アップ。広告文のもう1つの役割

    広告文を工夫してクリック率(CTR)を上げ、ユーザーをランディングページに誘導することはリスティング…

PICKUP

PAGE TOP