menu

Google AdWords「プレースメントターゲット」の使い方と注意点

リスティング広告

ポータルサイトや人気ブログなど、検索結果画面以外にリスティング広告を配信できる「プレースメントターゲット」。商品やサービスと関連性の高いメディアに配信することによって、使い方次第ではCPA(獲得1件あたりの費用)を大きく下げる効果も期待できます。Google AdWords「プレースメントターゲット」の使い方と注意点についてご紹介します。

「プレースメントターゲット」の設定方法

まず、Google AdWordsの管理画面から「キャンペーン」タブを開き、プルダウン表示される「ディスプレイネットワークのみ」をクリック。続いて表示されるチェックボックスで、「マーケティング目標なし」と「すべての機能」にチェックをつけます。

次に広告グループの作成画面で「広告ターゲットの選択」から「プレースメント」を選択。予算、広告グループ名の設定とあわせて、「プレースメント候補を検索」の検索フォームに任意のURLを入力すると、ページごとのインプレッション情報とあわせて、配信先となるページが表示されます。

配信先を指定したら、あとは通常の配信と同様に広告文や表示オプション作成してランディングページを指定するだけ。これで「プレースメントターゲット」の設定は完了です。

「プレースメントターゲット」を設定する際の注意点

プレースメント候補を検索する際、ページ下部に「AdWordsの自動ターゲット設定を使用」というチェックボックスが表示されます。ここにチェックを入れると、任意で設定した配信先以外のメディアにもリスティング広告が配信される可能性があるので注意が必要です。

自動ターゲット設定で選定されるのは、トラフィックや広告との関連性を元にGoogle AdWordsが「配信が有効」と判断したメディアですが、場合によっては配信面が広がり過ぎて、予想外の予算消化を招くことも少なくありません。また配信先が多くなる分、広告グループごとの管理や効果測定にも多くのリソースが必要になります。

よほど予算に余裕のある場合や、Webサイトの開設時など極めて広いターゲットに対してリスティング広告を見せたい場合を除いて、「AdWordsの自動ターゲット設定を使用」のチェックボックスは外しておいた方がいいでしょう。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Web広告の効果に影響を与える3つの外部要因

VRコンテンツで鬱を治療?医療分野におけるVR活用

関連記事

  1. 運用パートナーの活用&「3C分析」

    低コストで手軽に利用でき、自由度も高い広告サービスながら、狙い通りの効果をあげていくためには相応の試…

  2. リスティング広告の運用担当者が陥りやすい3つの落とし穴(前編)

    3~4年にわたってリスティング広告の運用を続けていると、おのずと必要な作業が見えてきます。経験豊富な…

  3. エリアマーケティングにリスティング広告を活用!キーワード入札の注…

    企業や販売店舗に加えて、税理士や行政書士、歯科医、整骨院、マッサージといった、地域に密着したサービス…

  4. サービス開始から約14年。変化し続けるリスティング広告の「今」(…

    Overture(現Yahoo! リスティング)とGoogleがリスティング広告のサービスを提供開始…

  5. オーガニック検索で1位を獲得している場合、リスティング広告は出稿…

    リスティング広告の運用はSEO対策やコンテンツの改善と並行して行われることが多く、コンテンツが充実し…

  6. プラスアルファのバリュー&情報が行動を促すランディングページの要…

    リスティング広告のランディングページ作成は、ユーザーの検索キーワードの文脈からニーズを把握し、それに…

  7. プレミアムポジション掲載の決め手となる改善アプローチ

    予算との兼ね合いを考慮する必要があるとはいえ、画面占有率の向上や複数のテキストリンクの設置によって、…

  8. ターゲットを選別して効果アップ。広告文のもう1つの役割

    広告文を工夫してクリック率(CTR)を上げ、ユーザーをランディングページに誘導することはリスティング…

PICKUP

PAGE TOP