menu

競合サイトの調査に活用できるGoogleの3つの機能

ディレクター心得

大手調査会社ニールセンが2015年12月に発表したリサーチ結果によれば、日本におけるインターネット利用者数の過半数をスマホユーザーが占め、うち約4735万人がGoogleを利用しているというデータがあります。日常業務で頻繁にGoogleを使うWebディレクターの方も多いのではないでしょうか。

Googleには精度の高い音声認識やさまざまな検索オプションなど便利な機能が多く、Webサイトの制作・リニューアルやSEO対策に大きく役立つものも多数。そのなかでも、競合サイトのリサーチやコンテンツ制作に活用できる3つの検索オプションをご紹介します。

「allintitle:」‥特定のキーワードがmetaタグに含まれるWebページを検索
Googleの検索窓に「allintitle:○○」と入力すると、metaタグに○○(特定キーワード)が含まれたWebページを検索することができます。通常の検索と同様、検索結果の表示順位はアルゴリズムによって決められています。SEO対策の競合リサーチはもちろん、商材の訴求方法やコンテンツのテーマなど、参考にしたいWebページを探す場合にも便利な機能です。

「related:」‥関連性の高いWebページを検索
「allintitle:」とあわせて使いたい検索オプションです。「related:○○」(○○=URL)と入力すると、関連性の高いトピックやコンテンツが掲載されたWebサイトを絞り込めます。特定のテーマについてリサーチしていて「さらに深く掘り下げたい」という場合などは非常に便利。「allintitle:」で競合サイトを押さえたうえで、「related:」でコンテンツの見せ方や切り口を探るなど、さまざまな使い方ができるでしょう。

「site:」‥特定のドメインのインデックスを表示
「site:○○」(○○=ドメイン)と入力することによって、指定したドメイン内のインデックス一覧が表示されます。ヒットした件数によって競合サイトのボリュームを判断することもできますし、SEO対策にも役立ちます。また、通常の検索と同じく検索結果にGoogleのアルゴリズムが適用されていることを踏まえると、競合サイトの人気コンテンツを洗い出したり、上位表示されるページの構成を参考にしたり、使い方の幅も広がるはずです。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

コンテンツSEOはどのように生まれたか?SEOと検索エンジンの歴史(後編)

Beaconによって拡がるビジネスチャンス~タクシー・公共交通機関~

関連記事

  1. コンテンツの品質管理に役立つ無料の文章チェックツール3選

    ライターや外部の制作会社から納品されてきたコンテンツの品質管理もWebディレクターの大切な仕事の1つ…

  2. Webサイトの文章に+αの効果をもたらすフォントサイズ&位置の工…

    特定の文字や語句を強調する場合、Boldやアンダーラインが使われることが多くなりますが、タイポグラフ…

  3. 業務効率を上げるWebディレクター向けテキストエディタ4選

    Webサイトの記事の確認・作成に限らず、デザイナーをはじめとした制作スタッフとの情報共有や、備忘録・…

  4. チャット機能に特化したWeb接客ツール3選

    閲覧・購買行動にもとづいたポップアップの表示や、Webサイトへの再訪問を促す自動メール配信機能など、…

  5. あらためて整理しておきたい、Webサイトにおける「色」の効果

    ECサイトの制作プラットフォームを提供しているShopifyのリサーチ結果によれば、ユーザーの購買は…

  6. コンテンツ制作に集中できる、SEO対策済みWordPressテン…

    ユーザーの役に立つ情報を発信することによって検索上位獲得を狙うコンテンツSEO対策が主力となった今で…

  7. 意外と簡単?Webフォントの利用方法とメリット&デメリット

    CSSを用いたWebサイトが一般的になり、多くのWebデザイナーに注目されているWebフォント。Go…

  8. CVだけでは分からない課題を浮き彫りにする「マイクロコンバージョ…

    コンバージョンはWebサイトにおける最も重要な指標の1つ。とりわけECサイトなどに関しては「まずコン…

PICKUP

PAGE TOP