menu

カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(中編)

MARKETING

ターゲットが商品やサービスの購買に至るまでの行動や思考、感情をフレームワーク化することによって具体的な施策を引き出し、ユーザー体験をマッピングできるカスタマージャーニーマップ。

カスタマージャーニーマップを作成するためには、アクセス解析やチーム内でのディスカッションが不可欠です。非常に時間のかかる作業にはなりますが、全体を6つのステップに分けて進めると、より効率的に作成することができるでしょう。引き続き、カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップについてご紹介します。

チャネル&タッチポイントの設定
ターゲットがアクションを起こす理由や感情を想定したら、次は具体的な行動フローに落とし込んでいきます。購買行動が多様化するなか、ユーザーの行動を突き詰めて考えていくのは一筋縄ではいきませんが、「チャネル」と「タッチポイント」の2つに分けて考えると整理しやすくなるはずです。

例えば、ターゲットがスマホで情報を探すシーンを想定すれば、Googleなどの検索エンジンやSNSが「チャネル」、検索連動型広告やタイムラインが「タッチポイント」です。これを「発見」「接触」(注目・情報収集)、「意思決定」(購買・利用)といったプロセスごとに分けて想定していくことで、施策のアウトラインが固まります。

また最近では、検索エンジンや大手ポータルサイトによって、カスタマージャーニーマップ作成をサポートするデータが提供されています。

例えばGoogleは、「Think With Google」という公式コンテンツで約3.6億件のユーザーの行動データを元にしたエリア別・業種別のデータを公開。旅行業界だとユーザーは平均的に申し込みの5.1日前にSNSに接触し、2日前に検索エンジンを利用しているといったことが分かります。ユーザーの行動に合ったタッチポイントを考えるうえでは、こうしたデータを参考にしてみるのもいいかもしれません。

1点気をつけたいのは、チャネルやタッチポイントを決める際、自社のサービスにとらわれ過ぎないこと。例えばWebでの施策に力を注いでいる旅行代理店の場合でも、ターゲットがホテルや観光地の情報を探すのは必ずしもWebサイトやSNSとは限りません。他の旅行代理店のビラや情報誌にも目を向けると、情報を求めるターゲットの視点がより明確になるでしょう。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Beaconによって拡がるビジネスチャンス~スポーツ分野~

Webサイトのコンテンツをどう見せるか。共有・拡散されやすい3つの手法

関連記事

  1. 「ヤバい…乗り遅れた…」今更人に聞けないiBeaconについて解…

    近年オフラインからオンラインへとユーザーを誘導する「O2O(Offline to Online)マー…

  2. 顧客満足度の高いWebサイトに欠かせないカスタマーサポート機能

    企業のWebサイトに求められる機能の1つが、問い合わせ対応やFAQといったカスタマーサポートです。こ…

  3. ブロックチェーンの本質とは?

    仮想通貨への注目とともに、耳にすることが多くなったブロックチェーンという言葉ですが、その本質はしばし…

  4. リッツ・カールトンに見る、インナーブランディングの成功事例

    従業員の自社ブランドに対する意識を高め統一することによって、サービスや商品の質を高めることができるイ…

  5. 直帰率を改善する具体的なメリットとは?

    直帰率と離脱率の明確な違いを理解したうえで、Webサイト制作やリニューアルの前にきちんと整理をしてお…

  6. マーケティングの歴史と「マーケティング3.0」(前編)

    近年、ビジネス系メディアなどで取り上げられることが多いのが「マーケティング3.0」という言葉。頻繁に…

  7. ニーズ増加中!!オフラインマーケティングの施策と事例まとめ

    街頭を歩いていたり店舗のチラシを見ていると、Webサイトへ誘導するQRコードが記載されているのをよく…

  8. エリアマーケティングとも相性抜群。行動ターゲティングLPO

    行動履歴や閲覧履歴にあわせておすすめのアイテムを表示するレコメンデーションや、アクションを促す施策を…

PICKUP

PAGE TOP