menu

国民的スポーツを360°映像コンテンツに。NBAのVRストリーミング配信

VR/AR

VRにおける表現手法の1つとして注目を集め始めているのが、VR映像のストリーミング配信です。スポーツやイベント分野ととりわけ相性が良く、アメリカでは既にNextVR社などによってゴルフの全米オープンや大統領選のキャンペーンの模様がVRコンテンツとしてストリーミング配信されています。

VRは360°映像とサウンドによってバーチャル空間を作り上げ、ユーザーに没入感を与えられる反面、多くの場合、ヘッドマウントディスプレイを装着して視聴するため、体験が周囲と共有できないというデメリットもありました。ストリーミング配信はそうしたデメリットを解消し、VRに新たな価値をもたらす手法になるのかもしれません。

毎週の試合を8台のカメラによって配信

そうしたなか、2016年10月にアメリカのプロバスケットボールリーグNBAがNextVR社との提携。2016-2017シーズンの公式戦をヘッドマウントディスプレイGear VR向けアプリ「NextVR」を使ってVRストリーミング配信すると発表しました。

これは、試合会場内の8か所にカメラを設置し、現場のディレクターが状況に応じてカメラの視点を切り替えてVR映像を配信するというもの。視聴者はヘッドマウントディスプレイを装着することによって目の間にバスケットコートの360°映像が広がり、チームのベンチにいるような低い視点から試合を楽しむことができます。

これまでのテレビ中継で使われていた画面上のスコア表示や選手のプロフィール表示は排除され、より生に近い感覚で試合に集中できるよう配慮されています。さらにハーフタイム中にはバックボード裏に設置されたカメラからの視点に切り替わり、休憩している選手や会場全体の様子を見渡すことが可能です。

視点がディレクターの主観によって固定されてしまうという点に関して、NextVRの担当者は過去のユーザー動向の調査結果も踏まえて、「視点の切り替え機能はあまり利用されない。視聴者にとってどこを見れば楽しめるのか考えるのは煩わしいことで、1つの試合全体を見られれば充分満足できる」としています。

NBAは、アメフト(NFL)、野球(MLB)、アイスホッケー(NHL)と並んでアメリカ4大スポーツの1つとして位置づけられ、年齢性別を問わず根強い人気を誇るスポーツ。目の肥えたファンにVRがどう受け入れられるのか大いに注目されています。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

身近なIoT活用事例。ドコモ・ヘルスケア「わたしムーヴ」&「カラダのキモチ」

100万台以上の自社製品のアフターサポートをIoTで効率化。キャノン「NETEYE」

関連記事

  1. ハロウィン商戦にVRコンテンツを活用。アメリカ「Target」の…

    クリスマスやバレンタインデーといった季節ごとのイベントは、多くの企業にとって売上拡大のチャンスです。…

  2. 導入事例 アウトドア・スポーツ分野 その1

    MERELL「Trail Scope」アウトドア製品の使用環境を疑似体験することができるVR…

  3. 生活に密着した情報をロケーションにあわせて提供。シャールジャ政府…

    利用者がいる場所や空間に応じて便利な情報を提供できるARは、国内外問わず行政サービスや自治体の取り組…

  4. 導入事例 インテリア・ファッション分野 その1

    IKEA「IKEAカタログ」スマートフォンやタブレットと親和性の高いARの機能をマーケティン…

  5. 商品の箱を動かしてキャラクターを操作。森永製菓「キョロちゃんの遊…

    AR(オーグメンテッドリアリティ=拡張現実)は、特殊な撮影方法や編集作業が必要になるVRに比べてば制…

  6. アメリカ・EEDAR社の調査に見るVRマーケットの「今」(前編)…

    エンターテインメント分野を中心に多くのコンテンツが制作されているVR。マスメディアで取り上げられる機…

  7. ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その3

    Star VR北欧スウェーデンを拠点に活動するゲームスタジオStarbreezeが発表し、世…

  8. 導入事例 アウトドア・スポーツ分野 その2

    Widerun「Widerun」イタリアのトレンティノ地方を拠点に活動するスタートアップ企業…

PICKUP

PAGE TOP