menu

リード獲得広告とカルーセル広告。Facebook広告の2つの使い分け

広告

Facebookのアカウントを持っていれば誰でも利用できるFacebook。広告の自動生成機能によって制作の手間をかけずに出稿できるうえ、既存顧客と近いユーザーをフィルタリングできる類似オーディエンスやリターゲティング機能もあり、既存の広告サービスと比べてもコストパフォーマンスの高い広告と言われています。

ただ、どんな広告サービスもやみくもに利用するだけでは効果は望めません。Facebook広告を利用するなら押さえておきたい、2つの広告サービスと使い分けについてご紹介します。

リード獲得広告

広告をクリックしたFacebookユーザーに対して、メールアドレスなどの連絡先の入力をリクエストできるのがリード獲得広告です。2015年12月にリリースされたサービスで、名前の通り、会員登録や資料請求・セミナーの申し込みなどを目的とした見込み顧客の獲得に効果を発揮します。

広告の遷移先の入力フォームには、あらかじめ登録してあるユーザー情報が自動的に反映されるため、ユーザーは確認して送信するだけで登録が完了。広告主側も個別の問い合わせ対応などにリソースを割くことなく、効率的に見込み顧客を獲得できます。海外のある不動産会社では、この広告を利用することによってリード獲得コストを約1/4に抑えた事例もあります。

1点注意したいのは、リード以上の見返りを求めないこと。リード獲得広告の入力フォームは広告主側で自由にカスタマイズすることもできますが、ユーザー側から見ると広告をクリックした後に即入力フォームに遷移するという点もあり、込み入ったアンケートなどを設置すると、ストレスや不信感を与える可能性もあるでしょう。

カルーセル広告

Facebookのタイムライン上に複数の画像を配置し、広告文とあわせて複数のリンク先URLを設定するのがカルーセル広告です。リード広告と比べて訴求の幅も広がり、ユーザーのクリックを導きやすいのが特徴で、カルーセル広告を導入した企業の7割が従来の広告よりCTR(クリック率)が高まったという事例もあります。

とりわけファッション・アパレル関係や、飲食分野では人気が高く、複数の写真によるコーディネート例、カラーラインナップ、メニューの紹介などに広く利用されています。B to Bでの事例はそれほど多くないようですが、Facebookが企業アカウント数の多いSNSである点を考えると、サービスの導入事例紹介(例.Before/Afterなど)にも使えるかもしれません。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

人口知能でECサイトを活性化。接客ツール&解析ツールそれぞれの特徴

配信面を工夫して広告効果アップ。Google AdWords「プレースメントターゲット」

関連記事

  1. YAMAHAの動画プロモーションに学ぶ動画活用のヒント

    アノテーションやターゲティング設定といったオプション機能の特性を活かすことによって「True Vie…

  2. もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(前編)

    ICT総研のリサーチによると、2016年年末時点の日本国内におけるSNS利用者は約6872万人。企業…

  3. もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(後編)

    Facebook広告やInstagram広告をはじめとしたSNS広告は費用対効果の高く、限られた予算…

  4. 動画広告以上の滞在時間を記録。Facebookの新しい広告サービ…

    通常のディスプレイ広告や動画広告と比べても費用対効果が高いと言われ、取り入れる企業も増え始めているF…

  5. 広告やコンテンツの貢献度に注目すると思わぬ発見も‥。「アトリビュ…

    Web広告の運用では、効果測定が大切です。リスティング広告やSNS広告などフォーマットに限らず、We…

  6. 掲載枠の幅を広げ、広告効果を最適化する「DSP」

    ディスプレイ広告を利用するにあたり、選択肢の1つとして知っておきたいのが、広告枠の購入や入札を自動で…

  7. CPAが1/2、CVRが20%アップした事例も。Facebook…

    年々利用する人が増えているSNS広告。なかでも高い費用対効果で注目を集めているのが、2015年に日本…

  8. 企業のポジションとPRの方向性を明確にする「競争地位理論」

    動画やSNSの普及にともない現在では数十種類の広告サービスが展開され、利用する側の使い方次第で成果が…

PICKUP

PAGE TOP