menu

リターゲティング広告におけるフリークエンシーキャップ活用法

広告

見込み顧客の囲い込みやリピーター獲得を目的として、GoogleやFacebookのリターゲティング広告を利用している方も多いのではないでしょうか? ユーザー1人ひとりに行動パターンにあわせて広告を表示できるリターゲティング広告は、現在のWebマーケティングでは欠かせない手法の1つです。

ただ、リターゲティング広告ではユーザーが広告と接する機会も多くなるため、配信回数を増やし過ぎると、「しつこい」、「あくどい」といった印象にもつながってしまいます。

それを防ぐためには、GoogleやYahoo!、Facebookなどの広告サービスで提供されているフリークエンシーキャップがおすすめです。フリークエンシーキャップは、広告表示の上限を設けることができる機能。広告主としてのマナーとブランドへの信頼感を損なわずに、リマーケティング広告を運用することができます。フリークエンシーキャップの基本的な使い方と利用するうえでのポイントをご紹介します。

フリークエンシーキャップの使い方
Google AdWordsの場合、まずアカウント画面のメニューから「リマーケティング」を選択。表示されるキャンペーン画面の「設定」をクリックすると表示される「詳細設定」のプルダウンから、「フリークエンシーキャップ」を選びます。次の画面で、広告の表示回数を入力し、「保存」すれば設定完了です。

Yahoo! ディスプレイネットワークの場合も、同様にキャンペーンの設定画面から「詳細設定」→「編集」→「フリークエンシーキャップ」→「オプション設定」と進むことで、表示回数の上限を設定できます。いずれもキャンペーン・広告グループ・広告の各単位で設定可能です。

フリークエンシーキャップを使ううえでのポイント
フリークエンシーキャップを使う場合、一般的には表示回数を多くするほどコンバージョン率が下がり、CPA(獲得1件あたりの費用)が上がる傾向があると言われていますが、商材やユーザーの行動によっても大きく変わってくるので、こまめに効果測定を行いながら使っていくのがポイントです。

Yahoo! ディスプレイネットワークの場合、パフォーマンスレポートから設定したフリークエンシーキャップごとのクリック数やコンバージョン率、CPAを確認できます。ユーザーが受け取る印象にこだわるあまり、表示回数を絞り過ぎて広告効果を落としてしまうのは本末転倒。こうした数値には常に目を向けておきたいものです。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

安心して買い物ができるECサイトの条件。必ず押さえておきたい2つのポイント

B to Bにおけるリスティング広告活用の3つのポイント

関連記事

  1. リード獲得広告とカルーセル広告。Facebook広告の2つの使い…

    Facebookのアカウントを持っていれば誰でも利用できるFacebook。広告の自動生成機能によっ…

  2. ブランドの認知度アップに向けて使いたい「純広告」

    Web広告で狙い通りの成果をあげるためには、自社のサービス・商品が持つブランド力とそれに対するユーザ…

  3. 画像選びには意外な視点も必要? Facebookダイナミック広告…

    ・広告出稿の目的&ターゲットを明確にリスティング広告や動画広告などと同様に、Facebookダイ…

  4. CPAが1/2、CVRが20%アップした事例も。Facebook…

    年々利用する人が増えているSNS広告。なかでも高い費用対効果で注目を集めているのが、2015年に日本…

  5. 広告やコンテンツの貢献度に注目すると思わぬ発見も‥。「アトリビュ…

    Web広告の運用では、効果測定が大切です。リスティング広告やSNS広告などフォーマットに限らず、We…

  6. ターゲット獲得を後押し&ブランドイメージをも左右する「EFO」

    コンバージョンへあと1歩という顕在ターゲット層を獲得するためには、広告で訴求するポイントの工夫にあわ…

  7. 10秒で消えるクーポンの効果とは?海外のSnapchatプロモー…

    現実の会話のようにログが残らないチャット機能とタテ型の動画フォーマットが人気を呼び、10代~20代の…

  8. 癒し系のBGMは離脱を招く? 動画広告の勝ちパターン(前編)

    2016年時点で日本国内における動画広告市場は約850億円。多くの企業がWebサイトへの誘導やブラン…

PICKUP

PAGE TOP