menu

リスティング広告におけるロングテール戦略(前編)

リスティング広告

ニッチな商品を数多く取り揃え、地道な販売を積み重ねていくことによって、結果的に大きな収益に結びつけるロングテール戦略。リスティング広告で成果をあげるためには、欠かせない手法の1つです。リスティング広告におけるロングテール戦略はどんなポイントがあるのでしょうか? ロングテールキーワードのメリットとデメリットについてご紹介します。

ロングテールキーワードのメリット

リスティング広告でロングテールキーワードを運用するメリットは、CPA(獲得1件あたりの費用)を大きく抑えられること。ニッチなキーワードほど競合が少なく、クリック単価が低くなるうえ、そうしたキーワードで検索するユーザーの多くは、商品やサービスに対して明確なニーズを持っています。上手く使えば1桁台のクリック数で多くのコンバージョンを獲得することもできるでしょう。

とりわけファッションや美容・ヘルスケア関連といった大手ECサイトの有名ショップが競合になる分野では、ビッグワードの単価が高騰し、正攻法では予算の規模が勝負の分かれ目になってしまうことも少なくありません。そうした場合もロングテールキーワードに目を向けることによって、無駄なクリックを減らし、購買意欲の高いユーザーを集めることができます。

ある転職系サイトは、ITエンジニアのあらゆる職種をロングテールキーワードで網羅してリスティング広告を出稿し、細かなニーズに応えることで、CVR(コンバージョン率)を大きく改善した事例もありました。

ロングテールキーワードのデメリット

ロングテールキーワードはユーザーのニッチなニーズに応えられる反面、デメリットもあります。GoogleやYahoo! JAPANのリスティング広告の掲載順位決定は、各キーワードのCTR(クリック率)などによる品質スコアが大きく影響しているためです。

運用するロングテールキーワードを増やし過ぎると、検索数が0に近いようなキーワードが多くなり、結果的にアカウント全体に対する品質スコアが下がってしまうことも少なくありません。

また「塵も積もれば‥」というように、ニッチなキーワードの運用を重ねていくということは、裏を返せば相応のコストも積み重なっていくということです。ロングテールキーワードを増やし過ぎると、効果検証も散漫になり、ほとんど効果の見込めないキーワードのオペレーション工数だけが増えてしまうケースもあるので注意が必要です。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

動画と相性のいい分野とは?業界別に見る動画広告のクリック率

読まれるコンテンツとは?オーガニック検索での季節ネタの効果

関連記事

  1. B to Bにおけるリスティング広告活用の3つのポイント

    リスティング広告は、業務用システムの開発・販売や各種コンサルティングといったB to Bの領域でも広…

  2. リスティング広告の費用対効果を高めるため、もう一度見直しておきた…

    一般的にリスティング広告は費用対効果の高い広告サービスと言われています。ただ、どんなに綿密に効果測定…

  3. 自動入札ツールの特徴と注意点

    リスティング広告の運用には効果測定やレポーティング、入札、広告文の改善といった多くの作業がともなうた…

  4. 3つのメリットをもたらす品質スコアの改善

    「Google AdWords」で提供される「品質スコア」と、「Yahoo!プロモーション広告」の「…

  5. ルーティンワークの負担を軽減する、リスティング広告運用支援ツール…

    予算の振り分けやキーワードの入札、効果測定など、さまざまなルーティンワークがともなうリスティング広告…

  6. 他社の広告にうちのブランド名が‥リスティング広告運用で商標を守る…

    リスティング広告の運用を続けていると、ライバル他社の広告文に自社のブランドネームが使われていたり、オ…

  7. 競合分析の基本中の基本。Google AdWords「オークショ…

    入札金額や品質スコアなど、リスティング広告はライバル他社の動向に大きく左右される広告です。勝つために…

  8. まず押さえておきたいリスティング広告のメリット&デメリット

    Webマーケティングの集客における代表的なアプローチの1つが、GoogleやYahoo!の検索結果ペ…

PICKUP

PAGE TOP