menu

YouTube内の検索数が年間70%アップ。How to 動画制作のポイント

リニューアル

近年、Webサイトにおける動画の1つのトレンドになっているのが、商品の使い方や利用シーンを説明するHow to 動画。Googleによれば、YouTube内の検索キーワードでも「How to~」の占める割合が年間約70%増加しているとされ、日本国内でも若い女性をターゲットに料理やメイクアップのHow to動画を配信している「C Channel」が人気を集めています。

Hot to 動画は単なる商品の使い方の説明ではありません。具体的な利用シーンや活用術を紹介することによって購買意欲を刺激し、ブランドの認知度を高めることもできます。スマートフォンで場所を選ばず動画が視聴できるようになった今、オウンドメディアには欠かせないコンテンツの1つと言えるでしょう。How to 動画の作成にあたって必ず押さえておきたいポイントをご紹介します。

動画のテーマは商品ではなく、ピンポイントな使い方

自社商品のHow to 動画を作成する場合についやってしまいがちな失敗が、1つの商品のすべての機能や使い方を1本の動画のなかに盛り込もうとすることです。

潜在的な消費者も含めて、Webサイトや動画チャンネルを訪れた多くのユーザーが知りたいのは、あくまでピンポイントな便利さや活用法です。商品のすべての機能や特徴ではありません。1つの動画にすべてを詰め込もうとすると、おのずと動画の尺も長くなり、途中での離脱も招きやすくなります。

How to 動画のテーマは商品ではなく、利用法や使い方別に設定し、手順やポイントごとに複数の動画に分けた方がいいでしょう。ピンポイントな内容にフォーカスすることによって、ユーザーはストレスを感じることなく短時間で知りたい情報を得られるようになります。

また通常のWebサイトなら、複数の動画に分けて配信することによってユーザーの回遊性が増し、トラフィックの面でもプラス効果が期待できます。

制作はパワポ感覚でテンプレートを活用

利用シーンや使い方別に複数の動画を配信するとなると、それなりに制作コストもかかります。必要以上の時間をかけず、一定以上のクオリティのHow to 動画を作成するにはテンプレートを上手く使うのがコツです。

例えば、スマホアプリの使い方を説明する動画なら、画面右側にアプリのキャプチャを共通のテンプレートとして配置し、使い方や利用シーンによって左側のテロップなどを変えていくのが効率的。動画という点を意識し過ぎず、パワポのスライドを作成するような感覚で進めるのがいいでしょう。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ECにおける世界最大のイベント、数字で見る2016年「独身の日」

マーケティングの歴史と「マーケティング3.0」(前編)

関連記事

  1. ディレクション費、デザイン費‥気になる料金の内訳とは?~Webサ…

    これまでWebサイトのリニューアルを経験したことがある方のなかには、「制作会社の見積もりは今ひとつ分…

  2. 2つ一緒に考えるのは間違い‥?UI/UXそれぞれの違い・注意点に…

    UI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)はWebサイトの制作・リニューアル…

  3. Webサイトにおけるユーザーの視線の動きを知る(2)

    同じ内容の記事や画像でもレイアウトが違えば見る人の印象は大きく変わってきます。Webサイトの制作やリ…

  4. サービス開始から約14年。変化し続けるリスティング広告の「今」(…

    GoogleとOverture(現Yahoo! リスティング広告)のサービス開始から約14年が経った…

  5. メールマーケティングの意外なメリット&効果的な配信のタイミングと…

    Webサイトの制作・リニューアルでは、デザインやレイアウト、コンテンツなどと並んでユーザーへの周知・…

  6. ユーザーの行動をサーモグラフィのように可視化できるヒートマップ

    セッション数やコンバージョン数など、実際のユーザーの行動にもとづいた数値によって自社のWebサイトの…

  7. Webサイトにおけるユーザーの視線の動きを知る(1)

    Webサイトの制作やリニューアルでは、ユーザーの動きを意識することが非常に大切です。どれだけ質の高い…

  8. 誤解されやすい「ユーザビリティ」。正しく理解するためのポイント(…

    Webサイトの制作・リニューアルにおいて、UIやUXと並んで重要なのがユーザビリティです。ユーザビリ…

PICKUP

PAGE TOP