menu

制作メンバーの進捗管理や効果測定をよりスムーズに行える「Googleスプレッドシート」

制作

スケジュールの進捗管理や効果測定はWebディレクターの大切なミッションの1つです。こうした管理業務にはExcelシートなどを利用している方も多いかもしれませんが、Googleから提供されているGoogleスプレッドシートを使うと、さらに作業を効率化できるかもしれません。多くのWeb制作会社やマーケターも利用しているGoogleスプレッドシートについてご紹介します。

・Googleスプレッドシートの特徴
Google ドライブの機能の1つとして提供されているGoogleスプレッドシート。その特徴は何と言っても、ソフトウェアをインストールすることなくオンライン上で利用できること。

Googleアカウントさえ登録しておけば、オンラインに接続するだけで使えるので、外出や出張のたびにノートPCを持ち歩く必要はありません。また、csvやxlsファイルのインポートにも対応しており、共有用のリンクを作成するだけで、他の制作チームのメンバーにシートを共有することができます。

共有・同時編集はExcelも対応していますが、Excelの場合、入力が重なったり上書きされてしまったりする恐れがあるのに対して、Googleスプレッドシートは他メンバーの操作をリアルタイムで把握できるためそういった心配はありません。編集が終わるごとにメール通知を受け取ることも可能です。さらにExcelには付いていない、「翻訳」や「画像挿入」といった独自の関数もあります。

・Web制作に特化したカスタマイズも可能
Googleが提供しているアドオンによって任意にカスタマイズできるのもGoogleスプレッドシートの特徴です。例えば、Google Analyticsのアドオンを使えば、ウィザードへの入力だけでオンライン上で効果測定レポートを作成することが可能。現時点では日本語に対応していないため最初のうちは戸惑うかもしれませんが、慣れてくればレポーティングの工数を大幅に削減することもできるでしょう。

また、Project Sheet project planningというアドオンを使えば、シート上にガントチャートを作成することもできます。制作メンバーそれぞれのタスクとスケジュールが一元的に管理できるだけでなく、共有ボタン1つで進捗を共有することも可能です。共有はURLベースなので、社内外のメンバーが関わるプロジェクトの進捗管理にも向いているかもしれません。

Web制作に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

消費者動向や商材別マーケット規模が分かる、おすすめリサーチ系サイト4選

業界別に見るドローン動画のWebコンテンツ活用事例(1)

関連記事

  1. フラットデザイン化に使える無料アイコンのダウンロードサイト

    ページの表示速度アップやレスポンシブ対応、アピールしたい要素を強調できることなど、さまざまなメリット…

  2. 画像のクオリティにこだわりたい場合の選択肢。意外と知られていない…

    Webサイトやソーシャルメディアで使われる画像の多くは、JPEGやGIF形式です。その一方、自分で写…

  3. Webページは第一印象が大事。レイアウトで最低限注意したい2つの…

    WordPressをはじめとしたCMS(コンテンツマネジメントシステム)の普及によって、Webサイト…

  4. よりスピーディに分かりやすく。大手企業2社のインフォグラフィック…

    グラフ、文字、イラストを組み合わせることで、データを視覚化するインフォグラフィック。ビジュアルと数字…

  5. 再生回数230万回。参考にしたいブランディング動画Android…

    Webサイトの制作・リニューアルに明確な目的に設定が必要になるのと同じように、動画コンテンツを活用す…

  6. 時間による変化やこだわりの制作過程を数十秒で見せる、タイムラプス…

    インフォグラフィックと並んで、よりスピーディーに分かりやすく情報を伝えるWebマーケティングの手法と…

  7. ハイクオリティな動画素材を無料でダウンロードできるWebサイト3…

    従来のリスティング広告やバナーに対して圧倒的に多くの情報量を伝えられ、商品開発の陰に隠れたストーリー…

  8. Webディレクターなら正しく理解しておきたい、HTML5の4つの…

    2014年10月に勧告され、さまざまなWebサイトで使われているHTML5。国内でも無印良品などHT…

PICKUP

PAGE TOP