menu

Webサイトのプランニングに活用できる「マインドマップ」(前編)

制作

ユーザービリティ向上やコンバージョン率改善など、Webサイト制作の目的はさまざまです。目的を実現するためには事前のプランニングと要件の整理が欠かせませんが、複数の案件が同時進行することの多いWebディレクター業務では、プロジェクトが進むうちにそれぞれの目的・要件がぼやけがちになってしまうことも少なくありません。

そうした時に活用したいのが「マインドマップ」です。マインドマップとは、イギリスの著述家トニー・ブザンが提唱しているブレインストーミングの手法の1つ。主題(目的)を中心として、そこから放射状にキーワードやイメージを描くことによって、複雑な情報をコンパクトに整理することができます。

・マインドマップの始め方
まずマインドマップを描くためのボードを用意します。ボードは紙でも構いませんし、Web上で提供されているマインドマップ作成用ツールでも問題ありません。ただ、この時点では主題からどれくらいの数のキーワードやイメージが広がるか分からないので、ある程度スペースに余裕があるものがいいでしょう。

用意したボードの真ん中には、「コンバージョン率改善」、「ユーザービリティ向上」といった主題を書き、その周りに思いつく限りのキーワードやイメージを書き出していきます。例えば、主題が「コンバージョン率改善」なら、「表示速度アップ」、「入力フォーム最適化」といった要素が、そうしたキーワードに該当するかもしれません。

この時大切なのは、とにかく連想できる限りの要素を自由に書き出していくこと。キーワードは必ずしも具体的な数値や目標である必要はありません。思いつく限り書き出していくことによって、アイデア同士がぶつかり、意外な方向性を見出すことができるのもマインドマップの特徴の1つです。

最後に、書き出した要素を連想した順番や自分なりのカテゴリ分類に沿って矢印・線で結んでいきます。カテゴリ分類の際は、矢印の色を変えたり、異なる色で囲み線を付けたりするのもいいでしょう。色分けしながら矢印・線を伸ばしていくことで、アイデアを整理しながら深掘りして、具体的な施策につなげていくことができます。

マインドマップは、Webサイト制作に限らず、事業戦略やキャリアプランニングなどにも広く利用されており、マインドマップを公開しているギャラリーサイトも多数あります。慣れないうちはそうしたギャラリーサイトを参考にしてみるのもいいでしょう。次回はマインドマップの具体的なメリットについて紹介します。

Web制作に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

消費者の行動モデルを視覚化する「カスタマージャーニー」

ユーザーに新鮮な驚きを与え、想像力を掻き立てる「シネマグラフ」とは?

関連記事

  1. 月間ユーザー1億人以上のサービスも。Webディレクターが知ってお…

    世界中で10億人以上の人に利用されているSNS。Webサイトも分野を問わずSNSからの流入が増えてお…

  2. Webページの目的に合わせて意識したい「ジャンプ率」とは?

    スクロールに合わせて時間差でコンテンツが表示されるパララックスデザインなど、常に進化し続けているWe…

  3. Webサイトのコンテンツをどう見せるか。共有・拡散されやすい3つ…

    Webサイトのコンテンツは内容に加えて「どう見せるか」、「どう届けるか」という視点も非常に大切です。…

  4. SNSとも相性抜群。情報をビジュアル化して直感的に伝えるインフォ…

    多くの企業がコンテンツマーケティングに取り入れているのがインフォグラフィックです。インフォグラフィッ…

  5. YouTubeやFacebookは既に導入済み。Yahoo! J…

    Webサイトの制作・運営においてセキュリティは非常に大切です。日ごろのWebディレクター業務では企画…

  6. 上手く使って確認やオペレーションの手間を軽減。Google Ch…

    ソースの修正や検索キーワードのピックアップ・確認など、何かと細かい作業がつきもののWebディレクター…

  7. 有力キュレーションマガジンも導入。スマホの動画視聴にマッチしたタ…

    バーチャルリアリティ(VR)やオーグメンテッドリアリティ(AR)と並び、新しい動画コンテンツのトレン…

  8. 画像のクオリティにこだわりたい場合の選択肢。意外と知られていない…

    Webサイトやソーシャルメディアで使われる画像の多くは、JPEGやGIF形式です。その一方、自分で写…

PICKUP

PAGE TOP