menu

コンテンツの公開だけでは不十分?拡散に使いたい3つの手法

SEO

コンテンツSEOではコンテンツの質を高めることとあわせて、公開したコンテンツの拡散も大切です。時間と予算をかけてどんなにクオリティの高いコンテンツを作っても、ユーザーに気づいてもらえなければ適切な評価は得られず、検索エンジンの検索上位を獲得することはできません。

デバイスの進化に加えて動画やSNSなどさまざまなメディアが広く根付いたいま、従来のSEOの枠組みにとらわれず、より多角的にコンテンツの拡散に取り組むことがSEOで成果をあげるためのポイントです。コンテンツの拡散に効果的な3つの手法についてご紹介します。

・ネイティブアド広告
これまで考えられてきたSEOは、あくまでWebページの検索順位を上げる施策。リスティング広告をはじめとしたSEMとは別枠で捉えられていましたが、広告メディアが多様化し続けるなか、SEO効果を目的として広告を活用することも1つの方法です。

なかでもコンテンツの拡散と相性がいいと言われているのが、ポータルサイトや動画配信プラットフォーム、SNSなどで提供されているネイティブアド。ネイティブアドは通常のコンテンツと並列的に掲載・配信されるためユーザーに抵抗感を与えにくく、スムーズにコンテンツへ誘導することができます。Facebookの場合、自社のアカウントを持っていればすぐに広告を作成して配信することが可能です。

ネイティブアドを利用する場合、必ず意識したいのは、あくまでコンテンツの拡散が目的であるということ。コンバージョンを意識してセール情報など売りっ気の強い内容にすると、ユーザーに違和感を与え、ネイティブアドの強みも相殺されてしまいます。あくまで「こんな記事がありますよ」というトーンでシンプルな広告にすることがポイントです。

・SNS
手軽に更新できる、FacebookやLine、TwitterといったSNSもコンテンツの拡散には効果的です。一般的にB to Bの商材・サービスを扱う企業の場合はFacebook、Twitter、B to Cの場合はInstagram、Lineと相性がいいと言われています。

・プレスリリース
コンテンツを拡散させるためにはプレスリリースも有効な手段。自社のコーポレートサイトはもちろん、現在ではプレスリリースを専門に配信するサービスや、各企業のプレスリリース受付用のメールアドレスなどもあります。それらを利用すればより配信面が広がり、高い拡散効果も期待できるでしょう。

特に、マーケット規模などを取り上げたリサーチ系のコンテンツはプレスリリースと相性が良く、さまざまなメディアに拡散されたうえマスメディアの取材対象になることもあります。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

今さら聞けない「ロングテール」とは?正しく理解するポイント

Webデザインを見極める目を養う、高品質のギャラリーサイト4選

関連記事

  1. ページ評価の分散を防ぐ正規URLの活用

    SEOにおいて、URLはオペレーションにともなう工数との兼ね合いを見て決めるのが無駄なコストを防ぐう…

  2. クリック率をアップさせるmeta description最適化の…

    ページの内容を要約するmeta descriptionは、タイトルタグと並んでSEOに欠かすことので…

  3. 管理コストにも影響するURL作成のポイント

    Webページを制作する際に必ず必要になるのがURLです。SEOにおいてはURLに含まれるテキスト情報…

  4. SEOのルーティンワークを効率化。用途・目的別に活用できる、SE…

    SEO対策には、検索順位の確認やキーワード調査に加えて、競合サイトのチェックや被リンクの確認などさま…

  5. 被リンクの種類と効果的な獲得方法

    一部のSEO業者による人口リンクは別として、SEO対策における被リンクの重要性は今も昔も変わりません…

  6. ページに見出しを立てるhタグは、柔軟な運用がポイント

    GoogleやYahoo!は「ユーザーに評価される」(ユーザーにとって有益になる)情報が提供されてい…

  7. 読まれるコンテンツとは?オーガニック検索での季節ネタの効果

    コンテンツSEOでは、企業が発信したいメッセージだけでなく、トレンドやユーザーに読まれやすいテーマに…

  8. 悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原…

    「対策キーワードもしっかり絞り込んで、タイトルやディスクリプションにも反映させているのに、検索上位が…

PICKUP

PAGE TOP