menu

メルマガ配信システムを導入するなら欠かせない、3つのチェックポイント

リニューアル

Webサイトのリニューアル・公開にともなうユーザーへの周知・共有方法として、今なお高い効果を発揮するEメール。古い情報がどんどん埋もれていってしまうSNSのタイムラインなどとは異なり、メーラーに保存され、好きな時に読み返すことができるのは大きな強みです。

メールマガジンなどを配信する場合、メルマガ配信システムを導入する必要があります。メルマガ配信システムは日本国内の主要なものだけでも20以上あり、機能・特徴はさまざまです。メルマガ配信システムを導入にあたって、どのような点に気をつける必要があるのでしょうか?

・キャリアブロックを回避できるかどうか
キャリアブロックとは、スマートフォンを販売しているキャリアや、Googleなどメールソフトを提供している企業が行なっている、スパムメールを自動的にブロックするための施策です。ブロックの基準は各社によってさまざまですが、一般的には1つのIPアドレスから大量のメールを配信するとスパムメールと判定されやすいとされています。

ユーザー保護の観点からキャリアブロックの基準は年々厳しくなってきており、現在では一斉配信されたメルマガの1/4程度が届かないと言われています。せっかく時間をかけてメルマガを作成しても届かなければ何の意味もありません。メルマガ配信システムを選ぶにあたっては、IPアドレスの分散などキャリアブロック対策が施されているかどうか、チェックするようにしましょう。

・エラーアドレスを抽出できるかどうか
メルマガの配信リストに無効なエラーアドレスが含まれていると、正しい効果測定ができません。また、エラーアドレスを多く含む配信は、スパム判定されやすくなります。一般的にはエラーアドレスの含有率は10%未満に抑えるのが良いとされており、エラーアドレスを解析・抽出できるかどうかもメルマガ配信システムを選ぶうえで大切なポイントです。

・オプトアウト機能があるかどうか
オプトアウトとは、メルマガの読者が自由に配信停止できる仕組みのこと。2008年に施行された「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」でも定められている規則で、メルマガを配信する際には配信停止ボタンや連絡先の提示が必ず必要になります。キャリアブロックの回避、エラーアドレスの抽出とあわせて必ず確認したいポイントです。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

月間ユーザー1億人以上のサービスも。Webディレクターが知っておきたい海外の人気SNS

MARFA CAFE|100%の料理を、サービスで120%の満足に

関連記事

  1. Webサイトにおけるエモーショナル・ブランディング。ユーザーの感…

    Webサイトの完成度を高めるうえでは機能や利便性も大切ですが、その一方でユーザーに与える感情や印象・…

  2. ユーザーの行動をサーモグラフィのように可視化できるヒートマップ

    セッション数やコンバージョン数など、実際のユーザーの行動にもとづいた数値によって自社のWebサイトの…

  3. 定量データでWebサイトの課題を見える化。「Google アナリ…

    Webサイトの現状把握&分析において、最初に取り組んでおきたいのがアクセス解析ツールを用いた定量デー…

  4. 必要な数値だけを必要な切り口で確認。Google Analyti…

    コーポレートサイトやオウンドメディアを運営している企業のWeb担当者のなかには、効果測定ツールとして…

  5. すべてのアクセスデータを見える化できる、Google アナリティ…

    Google アナリティクスの「行動フロー」という機能をご存知でしょうか? 「行動フロー」とは、We…

  6. リニューアルをスムーズに進め、運用にもメリットをもたらすデッドラ…

    Webサイトのリニューアルは社内外問わず多くの人が携わるプロジェクトです。リニューアルの要件を制作会…

  7. 位置が変われば再生率は2倍以上。Wista社のリサーチに見るWe…

    ますます身近なものになりつつある動画コンテンツ。最近では再生回数や視聴時間に加えて、「好感度」や「印…

  8. Webサイトの価値をキープするために、パートナー企業に委託したい…

    Webサイトはリリースしてからが本当の勝負になりますが、常にフレッシュな情報を発信してWebサイトの…

PICKUP

PAGE TOP