menu

2つ一緒に考えるのは間違い‥?UI/UXそれぞれの違い・注意点について

リニューアル

UI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)はWebサイトの制作・リニューアルに欠かせない要素です。オウンドメディアやコーポレートサイトを運営する企業のWeb担当者の方なら、制作会社との打ち合わせなどで1度は耳にしたことがある言葉なのではないでしょうか?

ただ頻繁に耳にする言葉ほど、何となく分かった気になったままで、正しい概念や明確な違いを理解できていないことも少なくありません。UIとUXの違い・注意点についてご紹介します。

UIとは?
UIとは、ユーザーが製品・サービスなどと接触する全ての面のこと。インターネット黎明期からある概念で、Webサイトの場合、レイアウト、デザイン、フォント、バナー、ボタンなどはすべてUIです。ソースやデータベース以外の、「ユーザーの目にふれる部分すべて」と言うと分かりやすいかもしれません。

UXとは?
それに対してUXは、ユーザーが製品・サービスを購入・利用することによって得られる経験を指します。例えば、「ユーザーの使い勝手を考慮したフラットデザインのレイアウト」はUI。実際にWebサイトを訪れたユーザーが「シンプルで使いやすい」、「快適に見られるページ」と感じたら、それはUXです。

UXには「ナビゲーションが分かりやすい」、「デザインが美しい」といった目に見える部分だけでなく、「商品が早く届いて嬉しい」、「アフターサービスが丁寧で安心した」といった体験も含まれます。

UI/UXの注意点
「UI/UXを高めるために」、「UI/UXを最適化させる施策として‥」といったように、制作会社との打ち合わせではUI/UXがセットで語られることが多いのではないでしょうか? これは100%間違いという訳でもないのですが、1点注意が必要です。それは、UIとUXは横並びの要素ではないということ。

現在のWebマーケティグで大切なのは、企業がコンテンツに込めた想いや制作会社の意図ではなく、ユーザーが「どう感じたか」です。Googleをはじめとした検索エンジンのアルゴリズムも、ユーザーからの評価を軸として検索順位を決めています。

そういった意味で、UIは「手段」、UXを「目的」として捉えた方がいいでしょう。レイアウトやボタンの配置といったUIは、あくまでUXを高めるための1つの方法論として考えると、デザインや機能の優先順位も見えやすくなってくるのではないでしょうか。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ファイルをコンパクトにして表示速度をUP。JavaScript/CSSの圧縮ツール4選

ECサイトで差別化を図るなら取り入れたい、海外のWebデザイントレンド3選

関連記事

  1. 定量データでWebサイトの課題を見える化。「Google アナリ…

    Webサイトの現状把握&分析において、最初に取り組んでおきたいのがアクセス解析ツールを用いた定量デー…

  2. Webサイトにおけるエモーショナル・ブランディング。ユーザーの感…

    Webサイトの完成度を高めるうえでは機能や利便性も大切ですが、その一方でユーザーに与える感情や印象・…

  3. 絞り過ぎず、仮説を立てる。具体的な施策を決める「CSF設定」

    Webサイトをリニューアルする目的を具体的な数値に落とし込んでKGIを設定したら、次に取り組んでおき…

  4. Webサイトのリニューアルのメリット&デメリット

    Webサイトは企業と消費者を結ぶビジネスには欠かすことのできない要素です。コンテンツの品質を向上させ…

  5. すべてのアクセスデータを見える化できる、Google アナリティ…

    Google アナリティクスの「行動フロー」という機能をご存知でしょうか? 「行動フロー」とは、We…

  6. メルマガ配信システムを導入するなら欠かせない、3つのチェックポイ…

    Webサイトのリニューアル・公開にともなうユーザーへの周知・共有方法として、今なお高い効果を発揮する…

  7. 業界別に見るWebサイトのシネマグラフ活用事例

    GIFアニメーションや動画と静止画の組み合わせによって、被写体の一部だけに動きを与えるシネマグラフ。…

  8. ヒントは制作会社自身のWebサイトにあり。制作会社選びを成功させ…

    明確なKGIが設定され、定量・定性データの分析から課題と仮説が導き出されていれば、リニューアルの制作…

PICKUP

PAGE TOP