menu

行動心理学でCVRを向上させる。Web担当者が知っておきたい3つの効果

リニューアル

日々Webサイトの改善に取り組むなか、「狙い通りのCVRになかなか到達しない」、「商品の魅力が本当にユーザーに届いているのか分からない‥」といった課題を抱えている方も多いのではないでしょうか? そうした時に有効なヒントの1つになるのが行動心理学です。

「心理学」というと、何となくハードルが高そうで敬遠しがちかもしれませんが、マーケティングや広告分野で広く取り入れられている行動心理学のメソッドはいずれもシンプルなもの。最低限の知識として持っておけば、Webページのちょっとした見せ方の改善や、コンテンツ作成、ブログの更新などにも応用できます。Web担当者が知っておきたい、行動心理学のメソッドをご紹介します。

・プレグナンツの法則
人は視野のなかに入ってきたモノの形を、無意識的に理解しやすい秩序のある形としてまとめようとする傾向があると言われ、行動心理学では「プレグナンツの法則」と呼ばれています。

例えば、「WordPress」、「WordPrrss」、「WordPrees」という3つの語句が並んだ場合、2番目と3番目のスペルミスに気がつきにくいのも、プレグナンツの法則の一例です。

Webサイトでは、これを利用して、問い合わせフォームの入力窓の横並びに配置したり、商品ページのキャッチコピーの語順や商品情報の並び順をある程度標準化したりすることによって、よりスムーズにユーザーに情報を届けることができるようになります。

・カクテルパーティー効果
騒がしいパーティ会場や雑踏のなかでも名指しされるとつい振り向いてしまうように、その人だけに向けられた呼びかけに反応しやすい特性を、「カクテルパーティー効果」と呼びます。

ECサイトのページタイトルや見出しなどによく見られる、「今日○○を実感したあなたへ」、「つい○○してしまった人限定」といった文言もカクテルパーティー効果を利用した表現の1つ。価格や機能で差別化が難しい日用品なども、ターゲティングと呼びかけの仕方を工夫することで訴求効果を高められます。

・シズル効果
シズル(Sizzle)とは、もともと肉の焼ける音を語源とするもの。新鮮な野菜のみずみずしさや、料理から立ちのぼる湯気、ビールジョッキの水滴などを演出して購買意欲を高めることができます。

飲食分野を得意とするフォトグラファーには定石の手法で、例えば、水滴はスプレー型の霧吹きなどを使って演出します。食品を販売するECサイトなどではぜひ試してみたい手法の1つです。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ARAIYA NEST | 肉汁じゅわっと溢れ出る国産黒毛和牛

キレイなだけでは売れないどころか逆効果も‥。ECサイトの商品画像でありがちな失敗とは

関連記事

  1. ペルソナ作成してますか?Webサイトリニューアル前の必須知識

    これからWebサイトリニューアルを控えている企画担当者の皆さん、「Webサイトのペルソナ作成していま…

  2. リニューアルの意味・目的を数字に落とし込む「KGI設定」

    Webサイトをリニューアルするにあたってデッドラインの設定とあわせて必須となるのが、KGI(Key …

  3. すべてのアクセスデータを見える化できる、Google アナリティ…

    Google アナリティクスの「行動フロー」という機能をご存知でしょうか? 「行動フロー」とは、We…

  4. 画像編集ソフトが苦手な方も安心。手軽なシネマグラフ作成ツール3選…

    画像の一部にピンポイントな動きを加えることによってアクセントをつけ、アイキャッチ効果を高めることがで…

  5. 誤解されやすい「ユーザビリティ」。正しく理解するためのポイント(…

    Webサイトの制作・リニューアルにおいて、UIやUXと並んで重要なのがユーザビリティです。ユーザビリ…

  6. メールマーケティングの意外なメリット&効果的な配信のタイミングと…

    Webサイトの制作・リニューアルでは、デザインやレイアウト、コンテンツなどと並んでユーザーへの周知・…

  7. モックアップ作成も自分でできる、便利なWeb制作ツール3選

    WordPressやオンライン上の画像編集ソフトなどさまざまなツールが普及し、Webサイトの制作・リ…

  8. より効果的な定性データを得るためのユーザビリティテストの実施ポイ…

    クリックや離脱など、Webサイトを訪問したユーザーの行動の理由・背景(定性データ)を把握するために効…

PICKUP

PAGE TOP