menu

Photoshopの編集作業をより快適にする、ショートカットキー&アクション活用法

制作

メインの画像編集ソフトとしてPhotoshopを使っている場合、初期設定のカスタマイズとあわせて使いこなしたいのが、ショートカットキーとアクションです。日ごろ何気なく行っている編集作業もショートカットとアクションを使ってちょっとした工夫をすることによって、より快適かつ効率よく行うことができます。

Photoshopのショートカットキーは、「編集」から「キーボードショートカット」を選び、「アプリケーションコマンド」に任意のコマンドを入力することで設定することが可能。

また、ツールバーの「ウィンドウ」から「アクション」を選ぶと、複数の作業を組み合わせた一連の画像処理を1つのアクションとして設定できます。Photoshopの画像編集でショートカット登録しておくと便利な操作と、アクションの活用方法についてご紹介します。

・特定のレイヤースタイルを他のレイヤーにも適用する
同じ階層のページに掲載する画像を編集している場合など、1つのレイヤーに適用したレイヤースタイルを他のレイヤーにも反映させたいケースが多くあります。そうした場合、「キーボードショートカット」に表示されている「レイヤースタイルをコピー」、「レイヤースタイルをペースト」にチェックを入れ、任意のコマンドを設定しておくと、ワンタッチでレイヤーを適用させることができます。

・スライス作成をワンタッチで行う
1つの画像から必要な要素だけを抽出したり、分割して編集したりしたい場合などに使うことの多いスライス。その都度ツールボックスのスライスツールを選択して、ドラッグ操作している方も多いかもしれませんが、より効率よく作業するためには、やはりショートカットを利用するのがおすすめです。

レイヤースタイルの適用と同様に、「キーボードショートカット」の「レイヤーに基づく新規スライス」を選択して任意のショートカットキー設定をすることで、コマンド操作だけでレイヤーのサイズにあわせて自動的にスライスを作成できます。

・アクションの設定によってファイルを同時に書き出す
「アクション」から「新規設定」を選択して任意の名前を入力後、以下2つの処理をアクションとして設定すれば、ワンタッチで対象をjpgファイルとして書き出すことができます。

・「レイヤー」→「スマートオブジェクト」→「変更されたすべてのコンテンツを更新」
・「ファイル」→「書き出し」→「Web用に保存」

また、ツールバーから「ファイル」→「自動処理」→「バッチ」を選び、「実行」覧に設定したアクションを登録したうえでソース:「開いたファイル」を選択すれば、すべてのファイルにアクションが適用され、一律にjpgで書き出すことが可能です。

Web制作に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

あなたの会社のWebサイトは大丈夫? Webサイト改ざんのリスク&対策

既存顧客や従来の販売方法に着目することで「越境EC」は進化する。多慶屋の事例ほか

関連記事

  1. 再生回数230万回。参考にしたいブランディング動画Android…

    Webサイトの制作・リニューアルに明確な目的に設定が必要になるのと同じように、動画コンテンツを活用す…

  2. Webサイトに動画コンテンツを取り入れるメリット&実際の制作費

    Youtubeをはじめとした動画配信プラットフォームが普及し、スマートフォンで場所・時間を問わず動画…

  3. 「アイコン化」が進むユーザーコミュニケーションとWebサイト

    MMD研究所が2015年に行ったリサーチによれば、日本国内のスマートフォーンユーザーの半数以上が1日…

  4. 上手く使って確認やオペレーションの手間を軽減。Google Ch…

    ソースの修正や検索キーワードのピックアップ・確認など、何かと細かい作業がつきもののWebディレクター…

  5. Webページは第一印象が大事。レイアウトで最低限注意したい2つの…

    WordPressをはじめとしたCMS(コンテンツマネジメントシステム)の普及によって、Webサイト…

  6. フラットデザイン化に使える無料アイコンのダウンロードサイト

    ページの表示速度アップやレスポンシブ対応、アピールしたい要素を強調できることなど、さまざまなメリット…

  7. コントラストやトーン&マナーを工夫してさらに効果を高める、バナー…

    動画などさまざまなメディアが発達した今でも、Webサイトにおけるバナーの重要性に変わりはありません。…

  8. キービジュアル・広告制作に役立てたい、絵画・アート作品のコレクシ…

    Webサイトのキービジュアルや広告のクリエイティブを制作する際は、歴史的な名画やアート作品に目を向け…

PICKUP

PAGE TOP