menu

直帰率に「基準」はない?直帰率を正確に見極めるためのポイント

MARKETING

CPAの抑制をはじめ、Webサイトに大きなメリットをもたらす直帰率の改善。ECサイトに限らずブログメディアでも欠かせないアプローチですが、実は、直帰率はWebサイトの指標のなかでも、とりわけミスリードを起こしやすい指標の1つ。正確に把握するためにはポイントを押さえておく必要があります。

「Google アナリティクス」などの効果測定ツールを使って直帰率をチェックしていると、「このページの直帰率○○%は高すぎなのではないだろうか‥?」、「競合他社と比べてうちのサイトは直帰率が高いのではないだろうか‥?」といった疑問が生じることがあります。ただ、直帰率はその性質上、他のWebページや競合サイトと比べてもほとんど意味はありません。

・ページの機能や特徴によって大きく変わる直帰率
最初の1ページだけを見てサイト外部へ移動する割合を示した直帰率は、Webページの機能・特徴に非常に大きな影響を受けます。現実的にはほとんどないケースですが、リンクボタンやテキストリンクが一切設けられていないWebページの場合、訪問したユーザーには直帰する以外の選択肢がないので直帰率は必ず100%になります。反対にリンクが多いページほど直帰率は低めになります。

直帰率を分析する場合は、必ずそれぞれのページの特徴と照らし合わせて考えるのがポイントです。例えば、検索機能が設けられたトップページや、複数の商品ページへリンクが貼られたカテゴリページの直帰率が極端に高い場合は、レイアウトやナビゲーション、コンテンツの見せ方に問題がある可能性もあるので、それらを見直すのも1つの方法です。

・ユーザーの流入方法の影響も大
さらに直帰率はユーザーの流入方法にも大きく左右されます。例えば、特定の企業名や商品・サービスの名称といった指名キーワードによって自然流入してきたユーザーなら、ページへの期待感もある程度高いため、直帰率は低くなる傾向があります。

逆にディスプレイ広告などから流入してきたユーザーならそれより期待値も低いことが多く、直帰率は上がる傾向があります。前者のユーザーの直帰率が極端に高い場合は、やはりキーワードとのコンテンツの関連性などを見直す必要があるでしょう。直帰率を分析する際はパーセンテージだけにとらわれて一喜一憂せず、ページの特徴やユーザーの流入経路とあわせて冷静に見極める必要があります。

Webマーケティングに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

金融業界に先駆けてBeaconで銀行の接客サービスを改善。「Barclays Access」

動画プラットフォームならではの注意点も。YouTubeを利用した動画SEOのポイントとは?

関連記事

  1. エリアマーケティングとも相性抜群。行動ターゲティングLPO

    行動履歴や閲覧履歴にあわせておすすめのアイテムを表示するレコメンデーションや、アクションを促す施策を…

  2. Webサイトリニューアルに重要なRFP作成6つのポイント

    「提案依頼書」という意味があるRFP( Request For Proposal )は、今やWebサ…

  3. どっちが大きい?マーケターなら知っておきたいBeaconのメリッ…

    2014年から本格的に普及され始めたBLEBeacon。2014年のAplleのiBeaconを皮切…

  4. ブロックチェーンの本質とは?

    仮想通貨への注目とともに、耳にすることが多くなったブロックチェーンという言葉ですが、その本質はしばし…

  5. カスタマーサポートの改善事例「みずほ銀行」お問い合わせ・FAQ

    ユーザーの疑問や不安を解消するだけでなく、近年その重要性が指摘されているカスタマーエクスペリエンスの…

  6. アパレル業界に新しい風を起こすAI技術

    今回紹介するのは「choosy」というサービスです。サービスの立ち上げは2018年7月24日を予定し…

  7. カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(後編)

    カスタマージャーニーマップを作成する際は、全体を6つのステップに分けて進めるのが効果的。なかでも大切…

  8. WebにおけるOne to Oneマーケティングの特徴&メリット…

    次々と新しい概念が生まれてくるWebマーケティングにおいて、近年注目を集めているのが「One to …

PICKUP

PAGE TOP