menu

ベテランのWeb担当者でも混同しがち?「直帰率」と「離脱率」の違い

MARKETING

Webサイト制作やリニューアルにおける重要な指標の1つが「直帰率」です。リスティング広告をはじめとしたSEMやSEO、効果測定を含めたWebサイト運営に携わっている方は目にすることの多いキーワードかもしれません。

ただ、直帰率はWebサイト全般における非常に重要な指標であるにもかかわらず、正しく理解されていないことが多いのも事実。とりわけ多いのが直帰率と離脱率を混同してしまうケースで、長年Webサイト運営に関わってきた企業のWeb担当者でも明確に区別できていないことがあります。直帰率とはどんな指標で、離脱率とは具体的にどう違うのでしょうか?

・直帰率とは?
直帰率とは、Webサイトのなかの1ページだけを見て外部に離脱する行動の割合を示すパーセンテージです。例えば、リスティング広告をクリックしてWebサイトのトップページを訪れたユーザーが、トップページから他のページに遷移することなく、そのままサイト外部に移動した場合、「直帰した」と言うことができます。

Webサイト全体の訪問数(セッション数)が1000に対して、1ページしか見なかったセッション数が100なら直帰率=10%になります。

・離脱率とは?直帰率と明確に分けるためのポイントとは?
それに対して、Webサイト内の特定のページを最後に見て、サイト外部に移動したセッションの割合を示すのが離脱率です。例えば、Webサイト全体のセッション数1000に対して、ページAを最後に見てサイト外部へ移動したセッションが200なら、ページAの離脱率=20%となります。

この場合、直帰率との違いを明確に理解するうえでポイントとなるのが、ページAを訪れたユーザーは、その前にページBやページCを見ている可能性があるということ。

離脱率は、あくまでWebサイト全体のセッション数に対して、最後に特定ページを見て外部へ移動した行動の割合を示す割合なので、特定ページの前の行動は加味されません。1ページだけを見て外部へ移動したセッションの割合を示す直帰率と、この点で大きく違います。

別の言い方をすれば「直帰」は「離脱」の一部です。それぞれ混同されやすい指標ですが、あらかじめきちんと分けて考えられるようにしておくとWebサイトをリニューアルする際も改善ポイントが絞りやすくなるでしょう。

Webマーケティングに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Beaconを災害対策やインバウンド対応に活用。JR中野駅北口「サンロード」ほか

意外と知られていない?業務効率アップに役立つGoogle Chromeの4つの便利な機能

関連記事

  1. カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(後編)

    カスタマージャーニーマップを作成する際は、全体を6つのステップに分けて進めるのが効果的。なかでも大切…

  2. ユーザー獲得率が120%UPの事例も。ネイティブアドのメリット&…

    One to Oneマーケティングとあわせて注目されているがネイティブアド(ネイティブ広告)です。ア…

  3. なぜ、BLEBeaconはオムニチャンネル実現に必要とされている…

    インターネットやスマートフォンの普及からしばらく、カスタマーの購買行動は実に多様化・複雑化しています…

  4. Beaconで訪日外国人対策!!2020年東京オリンピックに向け…

    2015年の訪日外国人数は1,973万7300人と過去最高をマークし、前年比47.1%増の結果となり…

  5. ターゲットに合わせて使い分けたい、ネイティブアドの掲載メディア&…

    通常の広告と同じ形式で配信されることで、直接商材に興味がないユーザーにも情報を届けられるのがネイティ…

  6. One to Oneマーケティングの成功事例。「リンナイのある暮…

    One to Oneマーケティングは既存の企業資産とあわせて活用することで、その効果を高めることがで…

  7. WebにおけるOne to Oneマーケティングの特徴&メリット…

    次々と新しい概念が生まれてくるWebマーケティングにおいて、近年注目を集めているのが「One to …

  8. Amazonでもおなじみのレコメンデーション。4つのタイプと導入…

    費用対効果の面で大きなメリットをもたらすうえ、ユーザーに嫌悪感を抱かれにくく、よりスムーズにアクショ…

PICKUP

PAGE TOP