menu

ベテランのWeb担当者でも混同しがち?「直帰率」と「離脱率」の違い

MARKETING

Webサイト制作やリニューアルにおける重要な指標の1つが「直帰率」です。リスティング広告をはじめとしたSEMやSEO、効果測定を含めたWebサイト運営に携わっている方は目にすることの多いキーワードかもしれません。

ただ、直帰率はWebサイト全般における非常に重要な指標であるにもかかわらず、正しく理解されていないことが多いのも事実。とりわけ多いのが直帰率と離脱率を混同してしまうケースで、長年Webサイト運営に関わってきた企業のWeb担当者でも明確に区別できていないことがあります。直帰率とはどんな指標で、離脱率とは具体的にどう違うのでしょうか?

・直帰率とは?
直帰率とは、Webサイトのなかの1ページだけを見て外部に離脱する行動の割合を示すパーセンテージです。例えば、リスティング広告をクリックしてWebサイトのトップページを訪れたユーザーが、トップページから他のページに遷移することなく、そのままサイト外部に移動した場合、「直帰した」と言うことができます。

Webサイト全体の訪問数(セッション数)が1000に対して、1ページしか見なかったセッション数が100なら直帰率=10%になります。

・離脱率とは?直帰率と明確に分けるためのポイントとは?
それに対して、Webサイト内の特定のページを最後に見て、サイト外部に移動したセッションの割合を示すのが離脱率です。例えば、Webサイト全体のセッション数1000に対して、ページAを最後に見てサイト外部へ移動したセッションが200なら、ページAの離脱率=20%となります。

この場合、直帰率との違いを明確に理解するうえでポイントとなるのが、ページAを訪れたユーザーは、その前にページBやページCを見ている可能性があるということ。

離脱率は、あくまでWebサイト全体のセッション数に対して、最後に特定ページを見て外部へ移動した行動の割合を示す割合なので、特定ページの前の行動は加味されません。1ページだけを見て外部へ移動したセッションの割合を示す直帰率と、この点で大きく違います。

別の言い方をすれば「直帰」は「離脱」の一部です。それぞれ混同されやすい指標ですが、あらかじめきちんと分けて考えられるようにしておくとWebサイトをリニューアルする際も改善ポイントが絞りやすくなるでしょう。

Webマーケティングに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Beaconを災害対策やインバウンド対応に活用。JR中野駅北口「サンロード」ほか

意外と知られていない?業務効率アップに役立つGoogle Chromeの4つの便利な機能

関連記事

  1. One to Oneマーケティングの成功事例。「ガスト」公式アプ…

    ターゲットの嗜好や行動・閲覧履歴にもとづいたアプローチで行動を喚起するOne to Oneマーケティ…

  2. 【海外版】AppleのMFi認証をクリアしたiBeacon対応製…

    2013年9月のリリースから普及が進むApple社のiBeaconですが、実はBLEBeaconなら…

  3. 導入前に考えて欲しいBLEBeacon運用に必要な6つのコト

    最近各メディアでの露出が増えてきたBLEBeaconですが、オフラインマーケティングの切り札やオムニ…

  4. ネイティブアドに向いている商材と、掲載にあたって気をつけること

    通常のコンテンツの同じフォーマットで配信することにより、ターゲットの興味・関心を自然に喚起できるネイ…

  5. BLEBeacon専用アプリケーション外注までの5つのステップ

    モジュールに近づくことでポップアップ通知がパッと表示され、お得な情報やクーポンを配信出来るBLEBe…

  6. 顧客満足度の高いWebサイトに欠かせないカスタマーサポート機能

    企業のWebサイトに求められる機能の1つが、問い合わせ対応やFAQといったカスタマーサポートです。こ…

  7. プラスαの使い方&効果がある、「オンラインチャット」と「FAQ」…

    Webサイトの顧客満足度・信頼性を高めるだけでなく、効率的に運用するためにも欠かせないのがカスタマー…

  8. 気になる疑問、解消します!!iBeaconにまつわる11のQ&#…

    マーケター&プログラマーの方はもちろん、最近では一般の方でも「iBeacon」というワードを見聞きし…

PICKUP

PAGE TOP