menu

SEOのルーティンワークを効率化。用途・目的別に活用できる、SEO対策サポ―トツール6選

SEO

SEO対策には、検索順位の確認やキーワード調査に加えて、競合サイトのチェックや被リンクの確認などさまざまな作業がともないます。自社でSEO対策を行う場合、こうしたルーティンワークはできるだけ効率化して、目標計画や戦略立案といったより本質的な業務に時間を割きたいものです。用途・目的別に利用できるSEO対策のサポートツールをご紹介します。

キーワード調査

Googleトレンド
Googleの検索エンジンを利用しているユーザーの間で人気のキーワードや、注目度の高いトピックを表示します。キーワードの人気の推移は時系列のグラフで確認することができ、過去のデータに加えて未来の予測もできるため、施策のプランニングにも使えます。コンテンツSEOに注力している企業はGoogle キーワードプランナーとあわせてぜひ活用したいツールです。

goodkeyword
任意のキーワードを入力するだけで、Google、Yahoo!、bingの関連キーワードを一括表示させることができます。無料で簡単に利用でき、対策キーワードを選ぶ際はおすすめのツールです。

検索順位の確認

SEOチェキ!
多くの企業が利用している検索順位確認ツールです。UIも非常にシンプルで、URLを入力するだけで手軽に使うことができます。検索順位の確認に加えて、Webページの内部構造診断もできます。

順位チェックツール
1つのURLに対して3つのキーワードでの検索順位を計測できるのが特徴です。デバイス別の検索順位とあわせて、検索結果件数、評価、おすすめの対策とアドバイスも表示されます。

バーサス
キーワードごとの検索順位1位のWebページとSEO対策を比較することができるツールです。無料で利用でき、インデックス数や被リンク数、Googleページランク、総合評価を1つのページ上で確認することができます。

SimilarWeb
競合ページのユーザーの流入経路やアクセス情報といった詳細な情報を取得することができます。利用は有料(要資料請求)になりますが、SEO対策上、目標とする明確なWebページがある場合などは、大きな効果を発揮するでしょう。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

外界と遮断されるVRならではの恐怖‥。TSUTAYA「360°ホラームービー」

なぜ今「Web接客」なのか?さまざまなツールが普及する2つの理由

関連記事

  1. 運用後の軌道修正にも役立つ事前の効果シミュレーション

    SEOは対策キーワードの選定からサイト構造を含めたWebサイトの改善にいたるまで、リスティング広告な…

  2. Web担当者なら知っておきたいスパムリンクの見つけ方&Googl…

    Googleはパンダアップデートやペンギンアップデートの更新を繰り返し行い、人工リンクをはじめとした…

  3. 検索結果1ページ目に表示される確率が約53倍に。今こそ知っておき…

    YouTubeをはじめとした動画プラットフォームやSNSの普及によって、非常に身近になった動画コンテ…

  4. 最初に整理しておきたいSEOのメリット&デメリット

    リスティング広告をはじめとしたインターネット広告の運用と並んで、Webマーケティングにおける集客に欠…

  5. 「ユーザーの評価=検索エンジンの評価」という考え方

    Webマーケティングの集客手段としてSEOを活用するには、検索エンジンの仕組みについて正しく理解する…

  6. 悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原…

    ページの内容の全てまたは大部分が同じでURLだけが異なる重複コンテンツ。検索エンジンに重複コンテンツ…

  7. 被リンクの種類と効果的な獲得方法

    一部のSEO業者による人口リンクは別として、SEO対策における被リンクの重要性は今も昔も変わりません…

  8. 海外向けWebサイトのSEO対策で知っておきたい4つのポイント

    2020年のオリンピックイヤーを控え、海外向けWebサイトを開設した方やこれから開設しようとしている…

PICKUP

PAGE TOP