menu

ルーティンワークの負担を軽減する、リスティング広告運用支援ツール3選

リスティング広告

予算の振り分けやキーワードの入札、効果測定など、さまざまなルーティンワークがともなうリスティング広告運用。「毎日入稿作業に追われてうんざり‥」、「月初めはレポーティングだけで1日が終わってしまう」、「CPAが大切なのは分かっているけど、入札や社内調整でそこまで手が回らない‥」という方も多いのではないでしょうか?

とりわけリスティング広告の運用で大きな時間を費やすのは、キーワードの入札とレポーティングです。広告代理店をはじめとしたパートナー企業への委託や、社内のリソース確保が難しい場合、これらの作業を支援するツールを導入してみるのも1つの方法かもしれません。リスティング広告の運用を効率化する、広告運用支援ツールについてご紹介します。

THREe
キーワードごとの自動入札を行うことができる広告運用支援ツールです。独自に開発された「ヒト型ポートフェリオ」によって、KPIと予算を設定するだけで最適な予算運用を行います。「クリック最大化」、「CV最大化」、「CPA/ROAS最適化」など、複数のロジックが用意されていて、商況や自社の在庫状況などと照らし合わせて運用方針を決めることができます。

また、予算消化や進捗状況をHTMLメールでレポートする機能も付いており、Google AdwordsやYahoo! ディスプレイネットワークにログインしなくても運用状況を一元的に把握できます。

glu
Excelの手作業でリスティング広告のレポートを作成するのは膨大な時間がかかります。そんな時便利なのが、運用型広告レポート作成支援システム「glu」です。カスタマイズ性に優れているのが特徴で、自動的にレポートを抽出できるだけでなく、既存のExcelフォーマットを取り込んで、数値を反映させることができます。

レポーティングに加えて、連携データをデバイス別など多角的な視点で分析する機能や、予算消化率や着地予想といったCRM機能も付いており、APIを取り込むことも可能です。

ATOM
CTR(クリック率)やCVR(購買率)といった指標を各広告サービスの管理画面にログインすることがなく確認することができます。Excel形式のレポートを自動生成する機能も付いており、APIでデータ連携するため、その都度CSVをアップロードする手間も省けます。

リスティング広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

サブ要素&導線に盛り込むべき情報は?ファーストビューの効果的な改善その3

金融業界に先駆けてBeaconで銀行の接客サービスを改善。「Barclays Access」

関連記事

  1. リスティング広告運用をスモールスタートさせる2つのメリット

    リスティング広告の運用にあたって、大きな悩みどころとなるのが予算の配分です。リスティング広告は費用対…

  2. 配信面を工夫して広告効果アップ。Google AdWords「プ…

    予算管理や広告文の改善など、リスティング広告の運用には地道な作業がともないます。ただ、長年にわたって…

  3. 「軸」の発見が新たなビジネスチャンスをもたらす、リスティング広告…

    長年リスティング広告の運用を続けていると、効果の高いキーワードと頭打ちのキーワードの違いが明確になっ…

  4. 運用パートナーの活用&「3C分析」

    低コストで手軽に利用でき、自由度も高い広告サービスながら、狙い通りの効果をあげていくためには相応の試…

  5. リスティング広告におけるロングテール戦略(後編)

    競合の少ないニッチなキーワードを運用することによって、CPA(獲得1件あたりの費用)を抑えることがで…

  6. 意外と効果あり!リターゲティング広告

    マーケティングの代表的な手法として、誰でもリスティング広告と応える方が多いと思います。確かに代表的な…

  7. ユーザーを引きつけCTRを向上させる広告文の作成

    広告文の改善やランディングページの最適化(LPO)といったいわゆるクリエイティブ領域の改善は、リステ…

  8. B to Bにおけるリスティング広告活用の3つのポイント

    リスティング広告は、業務用システムの開発・販売や各種コンサルティングといったB to Bの領域でも広…

PICKUP

PAGE TOP