menu

自動販売機を情報発信ツールとして活用。札幌・円山動物園のBeaconスタンプラリー

Beacon

日ごろ私たちが何気なく利用している自動販売機。あまりに身近な存在のため注意を向けることは少ないかもしれませんが、日本全国に設置されている自動販売機の数は、約500万台。その売上は年間約4兆9000万円に達すると言われています。

設置台数は一時期のピーク時より減少しつつあるものの、東日本大震災の際には、自動販売機の飲料が被災者に無料で提供されるなど、自動販売機は災害時のライフラインや地域コミュニティ活性化のための情報伝達ツールとして、あらためて注目を集めています。

そんな自動販売機とBeacon端末を組み合わせたのが、2015年の第66回「さっぽろ雪まつり」の協賛イベント内で行われた札幌・円山動物園のBeacon導入事例です。

「さっぽろ雪まつり」は国内外から240万人の観顧客を集める恒例の人気行事で、円山動物園はその協賛イベントとして、「円山動物園ノースフェスティバル」を開催。道産子馬によるソリ体験やダイオウイカの標本展示などとあわせて、大日本印刷と北海道コカ・コーラボトリングと共同で園内の自動販売機にBeacon端末を設置し、来場者向けのスタンプラリーを実施しました。

実施にあたってはiPhone/iPad向けの専用アプリが無料配布され、アプリをインストールした来場者が園内3か所のBeacon端末が設置された自動販売機に近づくと、付近に展示されている動物の詳細情報や、「さっぽろ雪まつり」開催期間中のイベント・グルメ情報とともにスタンプが配布されます。

3か所すべてのスタンプを集めた来場者は、北海道コカ・コーラボトリングが運営している「ネイチャー・カフェ・アース」で「さっぽろ雪まつり」限定のアイテムや、円山動物園オリジナルグッズを手に入れることが可能。大日本印刷と北海道コカ・コーラボトリングでは、スタンプラリー参加者に向けて自動販売機による情報発信に関するアンケート調査も実施しました。

北海道コカ・コーラボトリングはこのイベントに先駆けて、道内の約1300台の自動販売機に災害や地域に関する情報を表示する電光掲示板を設置しており、このイベントでアプリを提供した企業の担当者は、「今後はBeaconを組み込むことで、自販機に近づいた人に地域情報などをプッシュ通知する次世代型自販機の開発に向けた検討が進んでいく予定」としています。

Beaconに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ランディングページの成功事例その2「TECH:CAMP」

WebにおけるOne to Oneマーケティングの特徴&メリット

関連記事

  1. マーチャンダイジングにBeaconを利用した「伊勢丹」。プッシュ…

    アメリカの大手百貨店チェーンMacy’sの事例を皮切りに、取り扱う商品や規模を問わず多くの販売店舗で…

  2. 電子書籍のPRにBeaconを導入。集英社「わたしのマーガレット…

    観光分野をはじめとした地域コミュニティの活性化や販売店舗の利便性向上、企業のオペレーション改善など、…

  3. Beaconが販売店舗での体験を変える「HMV&BOOKS TO…

    Bluetooth信号を発信することによって、受信範囲内のスマートフォンの位置情報を把握することがで…

  4. 世界に先駆けてBeaconを導入した「Macy’s」&日本の大手…

    Bluetooth Low Energy(BLE)が登場し、2013年のiBeacon規格化によって…

  5. Beacon&音声認識技術で知的好奇心を喚起する。国立民族学博物…

    位置情報ベースにして興味・関心を喚起する情報を届けられるBeaconは、アカデミックな分野にも取り入…

  6. Beaconによって拡がるビジネスチャンス~観光・地域分野~

    その場に近寄るだけで手持ちのスマートフォンで情報を受け取れるBeaconは、地域活性化や観光客向けの…

  7. Beaconによって拡がるビジネスチャンス~メディカル分野~

    音声案内によって視覚障害者の自立を支援するサービスや、子ども・高齢者の位置情報をベースにした見守りサ…

  8. 音楽配信アプリの音量をコントロールして交差点での事故を防ぐ「Sa…

    最近、いわゆる「歩きスマホ」や、運転中・歩行中のスマートフォンアプリ利用による交通事故のニュースをた…

PICKUP

PAGE TOP