menu

WordPressの初期設定で最低限押さえておきたい2つのポイント

ディレクター心得

レンタルサーバーとドメイン、FTPクライアントを準備し、インストールするだけで手軽に利用できるWordPress。現在提供されているWordPressは操作性も向上しているため、インストールが終わるとすぐにテーマ選びやプラグインによる機能拡張を始めてしまいがちですが、その前に1つだけ注意しておきたいポイントがあります。それがWordPressの初期設定です。

WordPressの初期設定は利便性をさらに高めるだけでなく、SEO効果を得るためにも非常に大切なステップです。初期設定で最低限押さえておきたい2つのポイントをご紹介します。

・サイトタイトルは分かりやすく、キャッチフレーズは空白に
最初に設定しておきたいのが、WordPressの「設定」→「一般」で選択できる一般設定です。ここではサイトタイトルやURL、メールアドレスなど基本的な設定を行うことができます。

とりわけ重要なのはサイトタイトルとキャッチフレーズです。サイトタイトルはHTMLのタイトルタグを作成する場合と同様に、ユーザーの検索キーワードとWebサイトの目的を照らし合わせて決めることが大切です。Webサイトの「顔」となる要素なので、長く複雑なタイトルは避け、覚えやすいタイトルにするのもポイントです。

キャッチフレーズは空白にしておくのが得策です。通常はメタディスクリプションに該当する部分ですが、使用するデザインテンプレート(テーマ)によっては、キャッチフレーズに入力した内容がタイトルタグに反映されたり、h2タグ(見出しタグ)の内容として使われたりすることがあります。メタディスクリプションとの重複があるとSEO上マイナスになるので初期設定の段階では空白にしておきましょう。

・パーマリンク設定でURLを適切に管理
一般設定と同様に「設定画面」から選択できるのがパーマリンクの設定です。パーマリンクは運用の手間を減らすためにデフォルトで適用される乱数をそのまま使うのも1つの方法ですが、コンテンツや記事の内容に合った記述にすると、ユーザーにより分かりやすくページの内容を示すことができます。

URL作成には一定のルールを設け、一度決めたURLはむやみに変更しないのも大切です。URLを変更するとそれまで蓄積された外部リンクが消え、SNSの「いいね!」のカウントもリセットされます。また、乱数と具体的なコンテンツ名が混在したURLはユーザーに混乱を与え、ユーザービリティの低下を招きます。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

注意点は4つ!!Webサイトリニューアルで考えたいSEOについて

“食べて知る”クーポン配布にBeaconを活用。「JA農協 公式アプリ」

関連記事

  1. スマートフォンを意識したWebライティングのコツ

    ソーシャルメディアと相性が良いスマートフォンでは、質の高い記事がFacebookやTwitterで拡…

  2. キービジュアルはイメージより具体性。ファーストビューの効果的な改…

    多くの場合、Webサイトのファーストビューは、「メインコピー」、「キービジュアル」、「サブ要素」、「…

  3. Webデザインの初稿チェックで押さえておきたいポイント

    Webページの制作・修正のやりとりのなかでもとりわけ重要なのが、デザイナーから最初に提出されてきた初…

  4. SNSの拡散(バズ)を視覚化。今すぐ役立てたい効果測定ツール3選…

    オウンドメディアとならんで、Webマーケティングの重要な要素の1つがSNSの活用です。「SNSを使っ…

  5. なぜ今「Web接客」なのか?さまざまなツールが普及する2つの理由…

    「毎日の業務に忙殺されて、提案力が身につかない」、「Webディレクターとしての価値を磨きたいけど、具…

  6. Webデザイナーへの発注で最初に伝えたい、デザインの「背景&スト…

    「思い描いたイメージと全然違う」、「あれだけ強調したのに全く伝わっていなかった」…。Webディレクタ…

  7. アイコンもセットで、レスポンシブデザインにも対応。CSSフレーム…

    WordPressと同じくWebサイト制作の生産性アップに役立てたいのが、CSSフレームワークです。…

  8. コンテンツ制作に集中できる、SEO対策済みWordPressテン…

    ユーザーの役に立つ情報を発信することによって検索上位獲得を狙うコンテンツSEO対策が主力となった今で…

PICKUP

PAGE TOP