menu

WordPressの初期設定で最低限押さえておきたい2つのポイント

ディレクター心得

レンタルサーバーとドメイン、FTPクライアントを準備し、インストールするだけで手軽に利用できるWordPress。現在提供されているWordPressは操作性も向上しているため、インストールが終わるとすぐにテーマ選びやプラグインによる機能拡張を始めてしまいがちですが、その前に1つだけ注意しておきたいポイントがあります。それがWordPressの初期設定です。

WordPressの初期設定は利便性をさらに高めるだけでなく、SEO効果を得るためにも非常に大切なステップです。初期設定で最低限押さえておきたい2つのポイントをご紹介します。

・サイトタイトルは分かりやすく、キャッチフレーズは空白に
最初に設定しておきたいのが、WordPressの「設定」→「一般」で選択できる一般設定です。ここではサイトタイトルやURL、メールアドレスなど基本的な設定を行うことができます。

とりわけ重要なのはサイトタイトルとキャッチフレーズです。サイトタイトルはHTMLのタイトルタグを作成する場合と同様に、ユーザーの検索キーワードとWebサイトの目的を照らし合わせて決めることが大切です。Webサイトの「顔」となる要素なので、長く複雑なタイトルは避け、覚えやすいタイトルにするのもポイントです。

キャッチフレーズは空白にしておくのが得策です。通常はメタディスクリプションに該当する部分ですが、使用するデザインテンプレート(テーマ)によっては、キャッチフレーズに入力した内容がタイトルタグに反映されたり、h2タグ(見出しタグ)の内容として使われたりすることがあります。メタディスクリプションとの重複があるとSEO上マイナスになるので初期設定の段階では空白にしておきましょう。

・パーマリンク設定でURLを適切に管理
一般設定と同様に「設定画面」から選択できるのがパーマリンクの設定です。パーマリンクは運用の手間を減らすためにデフォルトで適用される乱数をそのまま使うのも1つの方法ですが、コンテンツや記事の内容に合った記述にすると、ユーザーにより分かりやすくページの内容を示すことができます。

URL作成には一定のルールを設け、一度決めたURLはむやみに変更しないのも大切です。URLを変更するとそれまで蓄積された外部リンクが消え、SNSの「いいね!」のカウントもリセットされます。また、乱数と具体的なコンテンツ名が混在したURLはユーザーに混乱を与え、ユーザービリティの低下を招きます。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

注意点は4つ!!Webサイトリニューアルで考えたいSEOについて

“食べて知る”クーポン配布にBeaconを活用。「JA農協 公式アプリ」

関連記事

  1. プレゼンや打ち合わせに活用したい、無料モックアップ作成ツール3選…

    ワイヤーフレームと同様に情報共有やプレゼンテーションの精度を高めてくれるのがモックアップです。クライ…

  2. WordPressのメリットを活かす、アクセス解析プラグイン5選…

    Webサイトの運営に必須となるアクセス解析。ページ作成やコンテンツ更新が手軽にできるWordPres…

  3. 画像編集をクラウド化して業務効率UP。無料オンライン画像編集ツー…

    コンテンツマーケティングがWebマーケティングの主流となり、Webサイトのあらゆる面に高いクオリティ…

  4. SNSの拡散(バズ)を視覚化。今すぐ役立てたい効果測定ツール3選…

    オウンドメディアとならんで、Webマーケティングの重要な要素の1つがSNSの活用です。「SNSを使っ…

  5. Webサイトの文章に+αの効果をもたらすフォントサイズ&位置の工…

    特定の文字や語句を強調する場合、Boldやアンダーラインが使われることが多くなりますが、タイポグラフ…

  6. ツールを使って接客をシステム化。総合力に優れたWeb接客ツール3…

    シニア層のネットショッピングの利用拡大やECマーケットそのものの成長にあわせて、急速にニーズが高まり…

  7. 即戦力のコーディングチェックツール3選

    デザイナーへの発注やクライアントとの連絡・調整に加えて、Webページのコーディングをチェックするのも…

  8. 外注やデザイナーに頼らずサクッとロゴを制作。ロゴジェネレーター3…

    LineやInstagramといったSNSの台頭にともない、コミュニケーションツールとしてあっという…

PICKUP

PAGE TOP