menu

WordPressの効果を最大化する、レンタルサーバー選びのポイント

ディレクター心得

WordPressを利用するうえで最低限必要となるのが、「Apache」と「MYSQL」の両方に対応したレンタルサーバーと、ドメインおよびFTPクライアントです。とりわけレンタルサーバーの選択はその後のWebサイト制作や運用を大きく左右するポイントで、WordPressのメリットを最大限引き出すためにも中長期的な視点で冷静に選びたいものです。

実際にレンタルサーバーを選ぶ場合、費用の制限があるケースも多く、つい価格が選ぶ基準になりがちですが、安さだけで安易に選んでしまうと後々問題が発生し、結果的に大きなコストが発生することになります。レンタルサーバーを選ぶ際はどんな点に気をつければいいのでしょうか?

・メモリ容量は最低でも12GB以上を基準に
現在はさまざまな企業からレンタルサーバーが提供され、なかには月額500円ほどの料金で利用できるものもあります。ただ、そうした廉価なレンタルサーバーは容量が限られていることも多く、リリース後の運用やページの表示速度などの面でデメリットが生じることも少なくありません。

レンタルサーバーを選ぶ際には、メモリ容量が最低でも12GB以上、できれば16GB以上のものを選ぶのが有効です。例えば、容量3MB程度のWordPressの記事でも有名メディアに引用されたり、SNSで拡散されたりしてリアルタイムで1000アクセスが集中すれば、それだけで容量は3GBに達します。

サーバーにはシステムで常時使用している領域や、データベース処理に必要なメモリ容量もあり、いざという時にメモリ容量が足りずページの表示速度が落ちたり、サーバーがダウンしたりしてしまえば大きな機会損失になります。費用との兼ね合いもありますが、12GB以上を基準にできるだけメモリに余裕のあるサーバーを選ぶのがポイントです。

・PHPの処理速度にも注目
WordPressはPHPで構築されているため、Webサイトをスムーズに表示させるためには、レンタルサーバーのPHPの処理速度も大切になります。PHPの処理速度はレンタルサーバーの種類によって大きな開きがあり、利用料金とメモリ容量だけに注目してしまうと意外と見落とされがちなポイントかもしれません。

一般的にPHPの処理速度が速く、WordPressと相性が良いとされているのは、エックスサーバー社が提供している「X2」や「X10」です。データ転送量も充分に確保されているため、最初にレンタルサーバーを選ぶ際は有効な選択肢と言えるかもしれません。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

2020年に向けたインバウンド獲得にBeaconを活用「Frame Cafe デックス東京ビーチ」

注意点は4つ!!Webサイトリニューアルで考えたいSEOについて

関連記事

  1. Webデザイナーへの発注で最初に伝えたい、デザインの「背景&スト…

    「思い描いたイメージと全然違う」、「あれだけ強調したのに全く伝わっていなかった」…。Webディレクタ…

  2. Webサイトの文章に+αの効果をもたらすフォントサイズ&位置の工…

    特定の文字や語句を強調する場合、Boldやアンダーラインが使われることが多くなりますが、タイポグラフ…

  3. サブ要素&導線に盛り込むべき情報は?ファーストビューの効果的な改…

    Webサイトの「顔」ともいえるファーストビュー。「メインコピー」と「キービジュアル」に加えて、「サブ…

  4. Webコンテンツの印象を大きく変えるタイポグラフィの4原則

    フォントを効果的に使うにはタイポグラフィ(書体の配置や構成といった表現)も大切です。デザインやレイア…

  5. 無料&レスポンシブ対応済みのWordPressテンプレート3選

    Webディレクターの業務のなかでも意外と頭を悩ませることが多いのがレスポンシブ対応ではないでしょうか…

  6. フラットデザインにも相性抜群。スタイリッシュなWordPress…

    用途や目的にあわせて幅広く利用できるデザインテンプレート(テーマ)はWordPressの大きな魅力の…

  7. ランディングページに特化したギャラリーサイト4選

    Webデザインを見る目を養い、日々変化するトレンドへの理解を深めるのに非常に役立つギャラリーサイト。…

  8. フォント選びの基本中の基本。和文&欧文の4系統

    フォントはレイアウトや配色と並んでWebデザインにおいて大きなウェイトを占める要素です。同じテキスト…

PICKUP

PAGE TOP