menu

Webディレクターなら知っておきたいWordPressのデメリット

ディレクター心得

ソフトウェア使用料が0円で、デザインのテンプレートやプラグインも豊富に提供されているWordPress。ページ更新やコンテンツの追加もWordPressを使えばよりスピーディに行うことができ、SEO対策やWebサイト運用の効率アップにもつながります。

ただ、WordPressは少なからずデメリットもあります。一見良いことずくめのツールにも見えるWordPressですが、その特徴をきちんと理解しないまま使ってしまうと思わぬトラブルにつながることもあるかもしれません。Webディレクターなら知っておきたいWordPressのデメリットをご紹介します。

・「野良テーマ」が引き起こすWebサイトの不具合
WordPressのデザインテンプレート(テーマ)は無料で利用できるものも多く、自分が作成したテーマをWeb上で公開できるため、業種・目的などを問わず多くのWebサイトに取り入れられています。

ただ、WordPressの運営者のチェック・承認が完了している「公式テーマ」に対して、未承認のテーマは「野良テーマ」と呼ばれ、なかにはWebサイトに不具合をもたらす可能性があるものも少なくありません。

テーマを選ぶ際はできるだけ公式テーマのなかから選ぶようにし、デザインだけにとらわれて安易に使わないよう注意する必要があります。

・汎用ツールゆえのハッキングにも注意
世界中のWebサイトに取り入れられているWordPressは、たびたびハッキングの対象になります。とりわけ多いのが管理画面のURLにアクセスし、あらゆる文字・記号の組み合わせを試してパスワードを解読する「ブルートフォースアタック」というハッキングです。

一度ハッキングされたWebサイトはページが消去されたりコンテンツが改ざんされたりしてブランドイメージを傷つけるだけでなく、管理画面からコントロールすることもできなくなるため復旧させるのに膨大な手間と時間がかかります。

対策としては、ブルートフォースアタックに対応しているプラグインを導入するのが有効です。こうしたプラグインを取り入れるとログイン時の画像認証や連続失敗の際のロック、ログインURLの変更などが行えるようになり、Webサイトのセキュリティレベルが高まります。

代表的なセキュリティプラグインとしては、ジェイピー・セキュアが提供している「SiteGuard WP Plugin」などがあります。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Beaconが販売店舗での体験を変える「HMV&BOOKS TOKYO」

Web運用を委託した方がいい企業5つの特徴!!と、1つの注意点

関連記事

  1. 「オウンドメディアって何?」意外と知られていないトリプルメディア…

    「オウンドメディアって最近よく聞くけど、どんなもの?」。この質問に正確に答えられるWebディレクター…

  2. Webデザインの初稿チェックで押さえておきたいポイント

    Webページの制作・修正のやりとりのなかでもとりわけ重要なのが、デザイナーから最初に提出されてきた初…

  3. 競合サイトの調査に活用できるGoogleの3つの機能

    大手調査会社ニールセンが2015年12月に発表したリサーチ結果によれば、日本におけるインターネット利…

  4. SNSの拡散(バズ)を視覚化。今すぐ役立てたい効果測定ツール3選…

    オウンドメディアとならんで、Webマーケティングの重要な要素の1つがSNSの活用です。「SNSを使っ…

  5. 1000円以下でハイクオリティな素材を入手可能。優良ストックフォ…

    Webサイトの制作でイメージ・目的に合った画像を手に入れるのはなかなか難しいものです。プロのフォトグ…

  6. Webサイトの制作スケジュールを見える化&一元管理。無料ガントチ…

    Webディレクターのメイン業務の1つであるスケジュール管理。クライアントに加えてプロデューサーや外部…

  7. 意外と簡単?Webフォントの利用方法とメリット&デメリット

    CSSを用いたWebサイトが一般的になり、多くのWebデザイナーに注目されているWebフォント。Go…

  8. ツールを使って効率的に配色。カラーパレットのWebサービス4選

    ベテランのWebデザイナーでも頭を悩ますことの多いWebサイトの配色。256種類のカラーコードによる…

PICKUP

PAGE TOP