menu

キービジュアルはイメージより具体性。ファーストビューの効果的な改善その2

ディレクター心得

多くの場合、Webサイトのファーストビューは、「メインコピー」、「キービジュアル」、「サブ要素」、「導線」の4つの要素で構成されます。ネットユーザーの2人に1人がスマートフォンでWebサイトを閲覧している今、一目瞭然にユーザーメリットが伝わる効果的なファーストビューを制作するにはどんな点に気をつければいいのでしょうか? 引き続きファーストビュー改善のポイントについてご紹介します。

・キービジュアル
ファーストビューの印象を大きく左右するのがキービジュアル(メイン画像)です。ある婚活情報サイトではキービジュアルを変更しただけで購買率(CVR)が約140%アップした事例もあります。

キービジュアルに用いる画像を選ぶうえでよくやってしまいがちな失敗が、見た目を重視するあまり、ユーザーニーズから離れてしまうこと。特にWebサイトの印象を良くしようとして、廉価なストックフォトサイトや無料ダウンロードサイトのイメージ素材を使った結果、メッセージ性の薄いファーストビューになってしまう失敗ケースが少なくありません。

こうしたサイトで手に入れることができる画像は一見クオリティも高く、スタイリッシュに仕上がっていて使い勝手もいいのですが、その反面具体性には乏しく、ユーザーに与える印象は希薄になりがちです。
ユーザーの離脱を防ぎ、コンテンツへ誘導するのがプライオリティとなるファーストビューのメイン画像には、やはりユーザーの願望に直結した素材を使いたいもの。

具体的に、ファーストビューのキービジュアルにはユーザーの利用シーンやライフスタイルを表す画像を使うのが効果的です。例えば、20代~30代向けの化粧品やヘルスケア関連商材を販売するWebサイトの場合、きれいな女性モデルのイメージ画像を使うのも1つの方法ですが、やはりより身近な一般人の洗顔シーンの画像などを配置した方が直帰率も改善され、CVRも高くなる傾向があります。

またスマホユーザーが主力になった現在では、キービジュアルに盛り込む情報量をコンパクトにまとめるのも大切です。スマートフォンの小さいディスプレイでは複雑な画像は見づらいうえ、表示速度の低下を招くこともあります。また、画像に文字情報を加え過ぎると、デバイスによって正しく表示されない可能性もあるので、訴求ポイントと情報量のバランスに気を配って最適な画像を選ぶ必要があります。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

iBeaconを活用してよりスムーズなタクシー決済を実現。「Pay with Hailo」

画像選びには意外な視点も必要? Facebookダイナミック広告の効果を高める3つのコツ

関連記事

  1. オウンドメディアを成功させるために、Webディレクターがやってお…

    ブログなどの情報発信を続けることによって見込客を獲得し、ブランディングに成果をもたらすオウンドメディ…

  2. WordPressの表示速度をアップさせるプラグイン5選

    アクセス解析やセキュリティなど豊富な機能が提供されているWordPressのプラグイン。使い方によっ…

  3. Web運用を委託した方がいい企業5つの特徴!!と、1つの注意点

    Webサイト運用って何かと手間がかかるので、出来れば制作会社に委託したいと考えている企画担当の方が多…

  4. ランディングページの成功事例その2「TECH:CAMP」

    ベテランのWebディレクターでも頭を悩ませることの多いランディングページ制作。用途・目的に沿ったペー…

  5. Appleのロゴにも活かされているデザインの「黄金比」とは?

    WordPressや各種フレームワークが普及し、ぐっと身近になったWebサイト制作。WordPres…

  6. 読まれるコンテンツに欠かせない、分かりやすい文章の3つのポイント…

    良質なコンテンツを配信することによってユーザーの行動を喚起するコンテンツマーケティングが主流となった…

  7. スマートフォンを意識したWebライティングのコツ

    ソーシャルメディアと相性が良いスマートフォンでは、質の高い記事がFacebookやTwitterで拡…

  8. フラットデザインにも相性抜群。スタイリッシュなWordPress…

    用途や目的にあわせて幅広く利用できるデザインテンプレート(テーマ)はWordPressの大きな魅力の…

PICKUP

PAGE TOP