menu

男性トイレ専用ディスプレイ|ShowTime

株式会社アイティネットは、公共施設等のトイレの男性用便器上部スペースに、ディスプレイを設置し、利用者が動画閲覧することで清掃管理費用を生み出す、“利用者が動画を見ることでキレイになるトイレ”を目指した広告媒体「SHOW TIME」をリリースします。

トイレでの短い時間を有効活用

男性トイレ専用ディスプレイ|ShowTime
このシステムは、公共施設等のトイレ男性用便器上部スペースに、ディスプレイを設置。

人感センサーで利用を感知することで、

・男性トイレという、場所や性別がセグメントされている利用者に対して、特定の広告や情報を届ける

・広告視聴率ほぼ“100%”

・広告の再生回数、再生時間、時間帯、エリアの解析を行うことで、トイレ利用実態の把握

・人感センサーを利用し、利用者に対して“一歩前へ”と促し、トイレの美化に貢献

を可能にしました。

空き時間は情報を見る時代

スマートフォンの普及に伴い、ちょっとしたスキマ時間や、ふと“暇だな”と感じたとき、ウェブから情報を見る時代になりました。しかし、衛生的な問題もあり、トイレを利用している時間にはスマートフォンは使えない・・

トイレの時間は短いようで長いもの。このトイレの利用時間を有意義に使えないものかと付加価値を創造したのが、男性トイレ専用広告媒体「Show Time」です。

男性トイレ専用ディスプレイ|ShowTime

利用者が動画を見ることでキレイになるトイレ!?

男性トイレ専用ディスプレイ|ShowTime
海外では公共トイレが有料で、清掃管理費用として活用されていますが、日本では無料なのが一般的です。海外からも綺麗であると賞賛を受けている“無料のトイレ”を、より綺麗に保つために、男性(小)のトイレ利用時間を、広告配信に有効に活用することで、利用者の動画閲覧が、広告費の一部として清掃管理費用を生み出します。

男性トイレ専用ディスプレイ|ShowTime

今まで活用されていなかったスペースから付加価値が生まれ、トイレがより清潔に保たれる!男性トイレ専用広告媒体「Show Time」は、そんなソリューションです。

また、今まで分かりそうで分からなかった利用者数の把握をすることで、トイレの利用状況が分かり、清掃の回数や、電気の自動点灯の検討など、環境にも配慮していくことが可能であると考えています。

ShowTime

■男性(小)トイレ利用実態調査結果 ※アイティネット調べ
・1日あたり、5~8回を占める割合が7割
・排尿中は「何もしない」「考えごと」「貼ってある掲示物を読む」が97%を占める
今回のアンケート結果から、標準的な15秒広告を1日あたり5回程度、1か月あたり100回程度のプロモーションが可能となります。

・Project Producer / 株式会社アイティネット 大原
・Designer & Composite photograph / 株式会社アイティネット 矢口

この事業に興味がある企業様、お気軽にお問い合せ下さい

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

【Webサイト運営者必見】よく分からないKGI/KPIを優しく解説してみました

Niwa|ほぼ全自動で野菜やフルーツを栽培して収穫。 スマホアプリ対応の室内型ガーデニングデバイス

関連記事

  1. お金を使わず“スキル”の物々交換アプリ「デキルトレード」

    自分の強み(スキル)を最大限に活かす!思い出すのは物々交換、自分の強みを交換し合うシクミのスマホ…

  2. ペットとの思い出を近くに感じる【メモリアルツリー】

    喜びを共にし、辛いときも側にいて、癒しを提供してくれるペット達。家族とも言える存在だと思います。“こ…

PICKUP

PAGE TOP