menu

DietSensor|60万種類以上の食品の栄養素を解析。 「CES 2016」アワード受賞の健康管理ガジェット

IoT

今年2016年1月にラスベガスで開催されたテクノロジーカンファレンス「Consumer Electronics Show」(CES)で、CESイノベーション・アワードを獲得したのが、フランスに本拠を置くスタートアップ企業SCiO社が開発した健康管理サポートガジェット「DietSensor」です。

長さ4cmほどの小型デバイス本体には、社名と同名の専用センサー「SCiO」が搭載され、食べ物や飲み物にかざすことでその化学組成を測定します。取得したデータは、Bluetooth経由でユーザーのスマートフォンの専用アプリ(iOS/Android対応予定)に転送され、カロリーやたんぱく質といった栄養素の量や含有率を示すデータとして表示。ユーザーは、それをもとにエクササイズの計画を立てたり、食習慣の改善を図ったりしていくことができます。

「DietSensor」の開発にあたっては、医師や栄養管理士などの専門家の協力を得ているため、クラウド上に蓄積される栄養素のデータを活用して、食生活の改善に向けてユーザーそれぞれにカスタマイズされた専門的なアドバイスを受けることも可能です。

こうした、食事内容の分析を通じて健康管理をサポートするスマートガジェットは他社からも多数リリースされており、それほど珍しいものではありません。そうしたなかでも「DietSensor」がとりわけ大きな注目を集める理由の1つは、食品の化学組成の測定という先進的な技術に加えて、デバイス自体のきわめて高い利便性にあります。

軽量・コンパクトなデバイス本体は、日常生活における外出から海外旅行まで、どこにでも携帯することが可能なうえ、計測対象となる飲食物は60万種類以上。専用アプリの対応言語も英語、フランス語をはじめ19カ国語をカバーする予定です。開発元であるSCiO社のCEOが「ユーザーは何も考える必要はありません」という通り、デバイスの操作も非常にシンプルで、ただ食べ物にかざすだけで、ボタン操作もパネル上のタッチコントロールも必要ありません。

「健康」という誰もが関心のあるニーズにフォーカスして、リテラシーを問わない機能・利便性を提供する「DietSensor」は、今年2016年の中頃にアメリカで一般ユーザー向けの販売がスタートする予定です。既存の健康管理サポートガジェットを抑えて大きく普及する可能性のあるIoTとして、世界がその動向に注目しています。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

L’Assiette du Primeure|こだわり抜いた”はしりの一皿”

ネイティブアドに向いている商材と、掲載にあたって気をつけること

関連記事

  1. 「眠りの質」をスコア表示&アドバイスも提供。 スマートフォンアプ…

    「Sense」は、米サンフランシスコに本拠を置くベンチャー企業 Hello Inc.が開発した最先端…

  2. Smart Mat|高感度センサーでユーザーの個性にあわせたアド…

    「Smart Mat」は、スマートフォンアプリ連動型のヨガ専用スマートガジェットです。マット型のデバ…

  3. Oura Ring|ユーザーの心拍数や体温を24時間モニタリング…

    アクセサリーとして指にはめているだけでユーザーのバイタルサインを測定し、健康管理のアドバイスを提供し…

  4. Anicall|ペットの気持ちになれるIoT

    ペットを飼っている人なら誰しも自分のペットとコミュニケーションをとりたいと思ったことがあるのではない…

  5. Enevo One|センサーでゴミの堆積量を検知し、スマホやPC…

    「Enevo One」は、フィンランドのスタートアップ企業Enevo社が開発した、ワイヤレスのセンサ…

  6. Skybuds|iPhoneケースに充電器&ワイヤレスイヤホンを…

    「毎日音楽を楽しみたいけど、コードが絡むのが面倒くさい」、「動画や音楽を再生しているとバッテリー消費…

  7. Bitponics|植物の成長過程がひと目でわかるクラウドサービ…

    2011年に設立されたBitponics社はニューヨーク州ブルックリンを拠点に活動するアメリカのスタ…

  8. 生活が一新!スマートカー

    日々の生活の中でやはり怖いのが自動車事故ですよね。特に朝の出勤の時間帯などは全体的にドライバーの注意…

PICKUP

PAGE TOP