menu

Samsung Gear VR|Galaxyをセットして手軽にバーチャルリアリティを体感。 ヘッドマウントディスプレイ

IoT

誰でも手軽にバーチャルリアリティ(以下、VR)の世界を楽しめるデバイスが、Oculus社との共同開発を経てSamsungからリリースされているヘッドマウントディスプレイ「Samsung Gear VR」。発表当初から多くのメディアに取り上げられ、2015年の発売以降、WEB販売サイトを中心に日本でも多くの消費者から人気を呼んでいます。

ユーザーは「Samsung Gear VR」本体にスマートフォンをセットするだけで、高額な専用機器やPCに接続することなく、3Dのゲームや映像作品をはじめとしたVRの世界を手軽に体験すること可能。視聴できるコンテンツはOculus社が提供する「Oculus Store」からアプリとしてダウンロードし、音量調整や停止などの実際の操作は、本体の上部に設置されたタッチパッドや調整ボタンによって行います。また、本体には加速度センサー、ジャイロセンサーなどの各種センサーも搭載されており、使用環境に左右されない高精度のVR体験を可能にしています。

「Samsung Gear VR」には、VRの間口を広げるデバイスとして、ユーザーの利便性を考えた工夫も施されており、デバイス本体の上部には映像のピント調節するためのダイヤルを搭載。これにより、視力が0.1に満たないユーザーでも裸眼のままVRの世界を楽しむことができます。

また、ユーザーの疲労などを考慮して人間工学に基づいた設計がされており、デバイス本体は271gの軽量設計。ストラップ部分は独自のデザインによって額や後頭部にかかる重量を分散させることで使用中の負担を軽減し、額に当たる部分にはソフトな素材が採用されています。充電はUSBポートを利用することで、使用しながらチャージすることが可能です。

加えてソフト面も充実しており、デバイス本体の販売開始時点で、「Oculus Store」上に150本のコンテンツを展開。加えて、日本版で15000円前後という、他のヘッドマウントディスプレイと比較すると大幅に安価に設定された販売価格も話題を呼びました。

多くのメディアで「2016年はVR元年になる」と指摘されており、ゲームなどのエンタテインメント分野に加えて、広告やマーケティングの領域でもVRが注目を集めています。そうしたなか、ユーザーの利便性・低価格に強みを持つ「Samsung Gear VR」がどんな展開を見せるのか、大いに注目されています。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

誤解されやすい「ユーザビリティ」。正しく理解するためのポイント(1)

Skybuds|iPhoneケースに充電器&ワイヤレスイヤホンを一体化。 Bluetooth対応のスマートデバイス

関連記事

  1. Zubie|バッテリー残量やタイヤ交換の時期をスマホに表示。 W…

    サウスカロライナ州を拠点に活動するZubie社からリリースされている車用スマートガジェットが「Zub…

  2. Navdy|運転中も視線を逸らさずSNSや通話に対応可能。 スマ…

    サンフランシスコのスタートアップ企業Navdyから提供されているのが、Wi-Fi/Bluetooth…

  3. Bebop2|遠距離コントロールを可能にするWi-Fiオプション…

    高機能カメラを搭載した一般ユーザー向けドローンとして注目を集めた「Bebop」の後継機種として、Pa…

  4. SKULLY AR-1|リアビュー・カメラ搭載で前後360°の視…

    デロリアン・モーター・カンパニー社からリリースされているのが、ヘルメット型のウェアラブルデバイス「S…

  5. IoTで安定した都市生活をサポート。カナダの電力会社BC Hyd…

    少し古い話にはなりますが、2003年8月にアメリカとカナダで発生した大停電を覚えていますか? 発生当…

  6. Cuff|f秀逸なデザインとユーザーを守る安全機能を両立した 次…

    「Cuff」はアメリカの新興企業Cuffがリリースしたジュエリー型のユニークなウェアラブルデバイスで…

  7. IoTとビッグデータ活用して経常利益を10%改善。がんこフードサ…

    レストラン、居酒屋といった日本国内の外食産業のマーケットは、1997年の約29.1兆円をピークにここ…

  8. 侵入者のスマートフォンを検知して安全を守る「BE BARRIER…

    小型の落とし物防止タグやスマートフォンが家の鍵がわりになるスマートロックなど、IoTの技術は私たちの…

PICKUP

PAGE TOP