menu

Bebop2|遠距離コントロールを可能にするWi-Fiオプションもリリース。 世界が注目する新型ドローン

IoT

高機能カメラを搭載した一般ユーザー向けドローンとして注目を集めた「Bebop」の後継機種として、Parrot社がリリースしたのが「Bebop2」。2016年3月1日には日本国内向けのプレスカンファレンスが開催され、多くのメディアが駆けつけました。

ドローン本体の操縦は、Wi-Fi連携の専用アプリ「Free Fligtht3」(iOS/Android)に対応しており、ユーザーはスマートフォンやタブレットのディスプレイ上でのタッチコントロールにより、実際飛んでいる臨場感を味わいながらドローン本体を制御することができます。

本体には、ドローン撮影の特徴ともいえる魚眼レンズを備えた1400万画素・1080pxの高解像度カメラを搭載されており、ドローン本体の操縦と同様に手元のデバイス上の指先の操作だけで、180°の視野をコントロールすることができます。また、3軸のデジタル画像安定システムが取り入れられているので、本体の振動に関係なくブレのない撮影が可能です。

加えて、空中だけでなく地上撮影もできるようアングルの修正が施され、高画質をキープしたまま、空中から90°方向にカメラを展開させることが可能。撮影した映像や写真は、8GBの大容量ストレージに保存され、ユーザーはAdobe Photoshop Lightroomを使って編集作業を行うことができます。

操作性とカメラ以外にもユーザーの利便性を向上させるさまざまな改良が加えられており、ドローン本体後部には、遠距離からも本体を確認できるLEDリアライトが追加。また2700mAhのバッテリーを採用することで、前作の約2倍となる最大25分の長時間の継続飛行を実現し、飛行速度も時速39kmから時速60kmに大幅にアップしました。

安全面では、あらゆる飛行環境に対応できるよう本体のシングルアームが強化されたほか、飛行の軸となるプロペラ部分には、不意の着陸などによる衝撃時に自動ロックがかかることで破損のダメージを抑える、フレキシブルプロペラが採用されています。

加えて、今回のリリースで特徴的なのは、「Sky controller Black edition」という有料の追加オプションが提供されること。これはWi-Fiの通信距離を最大2kmまで延長させるもので、ドローンの弱点といわれてきた遠距離でのコントロールを大きく改善させる機能として、ユーザーからも注目を集めています。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Parrot Flower Power|6000種類の植物のデータベースから栽培アドバイスを提供。 Appleの公式サイトでも人気のガーデニングデバイス

Beacon&音声認識技術で知的好奇心を喚起する。国立民族学博物館「次世代電子ガイド」

関連記事

  1. 簡単セッティング&クラウド環境で録画データを閲覧。 ホームセキュ…

    今年ネットギアジャパンから日本での発売が予定されているWi-Fiネットワークカメラ「Arlo Q」は…

  2. Vessyl|注ぐだけで飲み物の成分を解析。 Bluetooth…

    黒を基調にしたスタイリッシュなデザインが目をひく「Vessyl」。一見、デザイン重視の普通のカップの…

  3. DietSensor|60万種類以上の食品の栄養素を解析。 「C…

    今年2016年1月にラスベガスで開催されたテクノロジーカンファレンス「Consumer Electr…

  4. Whistle|ペットの健康を管理できる最新IoT

    愛犬家の方たちは、飼い犬の健康状態が常に気になりますよね。僕のその一人です。そんな要望に応え…

  5. クラウド連携で世界にひとつのIoTを作成可能。 IFTTT対応の…

    「LittleBits」は、磁石でパーツや電子回路をつなげて遊べるオープンソースの電子工作キットです…

  6. Streetline|スマートフォンで駐車場の空き状況や料金を確…

    サンフランシスコを拠点に活動するStreetline社が開発したのが、駐車場に設置する埋め込み式セン…

  7. 100万台以上の自社製品のアフターサポートをIoTで効率化。キャ…

    IoTは私たちの生活を大きく変える先進的なガジェットを生み出す一方で、さまざまなビジネスシーンにおけ…

  8. 電力コストを平均70%削減。オフィス空間の最適利用を 可能にする…

    IoTの先駆け的存在として、 B to Bに特化したビジネスを展開する「Enlighted」。同社が…

PICKUP

PAGE TOP