menu

クリック率19倍UPの事例も。Facebookも活用しているパーソナライズド動画

制作

閲覧履歴や購入履歴をベースとして、1人1人のユーザーにあわせたコンテンツを配信するパーソナライズは動画の世界でも大きな注目を集めています。パーソナライズド動画を仕組みは主に2つのタイプがあり、1つは顧客情報に基づいて動画の各カットの順序や組み合わせを変更し、全体の構成をパーソナライズするもの。

もう1つは、基本となる動画コンテンツのうえに文字情報やナレーションなどのパーツを加え、そのパーツの表示パターンを変えることによって、顧客それぞれの行動にあわせた動画コンテンツを配信するというものです。

パーソナライズド動画はこれまでNIKEなど海外の企業を中心に広く活用されてきましたが、日本国内でも取り入れる企業が増えてきており、クリエ・ジャパンの「PRISM」など、独自の技術を活用したパーソナライズド動画の配信サービスも登場しています。

パーソナライズド動画の大きなメリットは、ユーザーそれぞれの興味・嗜好に合ったコンテンツを配信することでプレミア感を与え、クリック率(CTR)や完全視聴率の大幅な改善が見込めること。

PCメーカーのLenovoはキャンペーンの一環としてパーソナライズド動画をメールで配信したところ、6ヶ月間以上にわたって購買やサービス利用がなかったユーザーのメール開封率が従来の5倍になり、既存のキャンペーンと比較しても4倍以上のクリック率を記録したといいます。

また、動画配信プラットフォームを運営するVidyard社が行った動画メールのABテストでは、メールのサムネイルと動画の最後に表示される名前部分を「You」からユーザーのファーストネームに変更しただけで、従来の19倍ものクリック率を記録したという事例もあります。

今年2016年2月にFacebookが世界中の数百万人に向けて配信したパーソナライズド動画「フレンズデー動画」が大きな話題を呼んだように、既存の動画コンテンツと比べても非常に大きな効果を発揮するパーソナライズド動画ですが、制作・配信にあたっては顧客情報の正確性に注意が必要です。

パーソナライズド動画は受け取る側のインパクトも強い分、誤った購入履歴や顧客情報を元に動画を配信してしまえば、ユーザーの信頼感は大きく低下します。動画メールのアプローチの場合は誤配信してしまうとその後の開封率が急激に落ちることになるので、とりわけ注意が必要です。

Web制作に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Pawtrack|気まぐれな猫の行動をGPSで追跡。 猫専用のWi-Fi対応・首輪型トラッカー

Webサイトの制作スケジュールを見える化&一元管理。無料ガントチャート3選

関連記事

  1. 日常的に使うPhotoshopだからこそ知っておきたい、初期設定…

    画像のレタッチやリサイズなど、Webディレクター業務でも何かと使う機会の多いPhotoshop。Ph…

  2. ユーザーに声をヒントにWebサイトを改善。手軽に利用できるアンケ…

    Webサイトの効果を示すデータは大きく2つに分けられます。1つはアクセス数やクリック率(CTR)、コ…

  3. SNSとも相性抜群。心理テスト系コンテンツの3つの特徴・効果とは…

    会員登録や資料請求を目的とする各種ポータルサイトや結婚情報サイト、占いサイトなどでは、ユーザーが手軽…

  4. YouTubeやFacebookは既に導入済み。Yahoo! J…

    Webサイトの制作・運営においてセキュリティは非常に大切です。日ごろのWebディレクター業務では企画…

  5. よりスピーディに分かりやすく。大手企業2社のインフォグラフィック…

    グラフ、文字、イラストを組み合わせることで、データを視覚化するインフォグラフィック。ビジュアルと数字…

  6. Webサイトのコンテンツをどう見せるか。共有・拡散されやすい3つ…

    Webサイトのコンテンツは内容に加えて「どう見せるか」、「どう届けるか」という視点も非常に大切です。…

  7. Webページの目的に合わせて意識したい「ジャンプ率」とは?

    スクロールに合わせて時間差でコンテンツが表示されるパララックスデザインなど、常に進化し続けているWe…

  8. 購買率が1.68倍UP。ECサイトに取り入れたい「短め」デモンス…

    企業のメッセージやブランドの価値観を伝えるブランディング動画とあわせて、動画マーケティングに取り組む…

PICKUP

PAGE TOP